スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【ダムを、見る、知る、飲む、語る】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)


ダムを見たことがありますか?
ダムを作る前の地域を見たことがありますか?
ダムを作ったすぐ後の地域を見たことがありますか?


おそらく多くの人が無関心だと思う。だいたい世の中の教育が
見せるべきところを見せない、くさいものにはふたをし続けて
きたからそれが大いに間違っているのだが、私も1999年ま
ではまったくもってして無関心だった。しかし2000年から
変わったのである。


・受益と負担
・公共と個人(公共の福祉と土地所有権)
・総論賛成と各論反対


この問題は、ずっとずっと追っていきたいテーマ。もちろん専
門家でもなく、ちょっとかじっているだけ。ただし、私はダム
を通して、その時々の人たちに出会い、色々な経験を今させて
戴いている。



政治、経済、自治、そして「ひと」
  

今日、ダム建設費膨張9兆円という記事が日経新聞の一面にあ
った。「工期延長設計変更 一段の肥大化も 国交省建設中 
149基 調査 当初計画比1.4倍」という内容があった。


まぁ簡単に言うと、いま国交省が作っているダムは149基あ
り、その総額の建設費用は9兆円となっており、それが建設予
定当初の1.4倍にも膨らんでいるという調査が日経新聞の調
べで分かったとのこと。特に、奈良県の大滝ダム(新聞記事に、
吉野郡川上村とは出ていない)が、もっとも倍率が高かった。



大滝ダムは、何倍(当初計画に対して実際費用)だと思いますか?




実は
「15.8倍」


       230億円で作る!といい、実際3600億円かかっている。
       裏の話ではもっと金はかかっているともいう。また、
       策定時期も古く1972年となっていた。



          当初   実際
         見積もり 建設費(倍率)  計画策定時期
八ツ場ダム(群馬) 2,110   4,600(2.1)    1986年
大滝ダム (奈良)  230   3,640(15.8)    1972年
徳山ダム (岐阜)  330   3,500(10.6)    1976年
川辺川ダム(熊本)  350   2,650(7.5)    1976年
滝沢ダム (埼玉)  610   2,320(3.8)    1976年
湯西川ダム(栃木)  880   1,840(2.0)    1986年
志津見ダム(島根)  660   1,450(2.1)    1988年

  


「大滝ダムは当初計画を1972年に策定し、77年に完成する予定
であったが、三十五年たったいまでも出来上がっていない」と
記事にもある。

アメリカではダムの取り壊しが始まっているというのに、まだ
スムーズに作れないという話題が日本ではでているということ。


ダムとは、国民のほとんどがその恩恵を享受しているのにも関
わらず、今まず税金の無駄遣いと批判の矢面に立ち、自然破壊
の張本人だといわれる。実際に自分の地域、自分の自宅を壊さ
されてまで道路やゴミ処理施設がたつという経験をしたことが
ない限り、「気持ち」なんてわからない。

東京の奥多摩湖にいったって、ドライブがてらいったって、水の
こと真剣に考えたり、その愛着ある土地を移転していった人の
ことなんて・・・。

元長野県知事の田中知事が脱ダムといっても結局は「人間力」
と「政治力」でまた脱・脱ダムとなっている。必要あるダムと
必要なきダムの差も難しい。



大滝ダム。

「人口2000人の村に3200億円のダムが必要ですかね」


と、とあるコメンテーターがテレビで5年前に発言していた。
おかしいだろうに。村民は負担者、下流域の住民が受益者とな
るのだが、しかし、見方を変えると、逆にもなるから、恐ろし
い。自然が大事か、お金が大事か。


一夜城
ごね得


金なのか自然なのか わからない。あなたの本音はどこ?と。

ダムの底に沈むところに住んでいる住民は移転しなければなら
ない。しかし、ダム反対!といい、立ち退かなければ、補償金
を上げてくれる。お金を高くするか退きなさいと。だからお金
を多くもらいたければ「ゴネ」たほうがいい。それが「ゴネ得」
だ。そしてあまりにその交渉が露骨だったり、金額が跳ね上が
れば、最初に素直に立ち退いた人も気分が悪い。裏で行う、色
々な駆け引き、あいつの家はいくらで、こいつの家はいくらと
なる。


また「本当にココロからダムに反対!」と精一杯、国や行政に
戦ってもである。「ごね得」狙ってる?と思われることもある。
悔しい。

自然かお金か裏切りか。繋がっていた人間を引き裂く事もある。
怖いものだ。


六本木ヒルズも然り。退去すべく周辺住民との格闘劇は「ある
人」たちの強い「肝臓」によって成立した。飲み明かして住民
の心を説いてきた。今の六本木ヒルズの裏劇場。これも、その
ひとに出会って昔を想起してくださった。酒の場だった。


一夜城というのも、いままでなかったところに一日で家を建て
てこれも補償しろという戦法である。そして、その一夜城の移
転にまで補償金が上がってしまう。「おい!この家も補償しろ」
ということだ。だから、当初予算の何倍ものお金がかかってい
る。もちろん、大滝ダムの場合は、地形学的にも崩れやすい地
に強引に国交省が作ったといいうことで、後から後から予想外
の集落全戸移転、壁面補強工事が行われ、今はまだできていな
い。あと5年かかるか。


金と自然を通した戦い。人の「本音」がわからなくなる。そん
な怖いことはない。でも多くのことは国民に知られていない。


方や、北京オリンピック。こちらももうスグ始まる表面は美し
き理念あるイベントであるが、その経済効果にも目がくらみ、
中国の横暴さが報告される。道路、競技場など建築していくに
当たり、北京周辺で小さな住民たちが大いに苦しめられた。非
合法的収用を推進して、暴力的に立ち退きさせている。

もと共産圏のパワーか、反対する個別の居住地を強引に破壊し
た。実は、国の強引さに反対するがために、焼身自殺や飛び降
り自殺というパフォーマンスを取ったヒトも出ている。ある東
京で開かれた不動産・都市計画のセミナーで、有名な教授が、
日本も中国ほど強制土地収用をやらねば都市開発はできぬとい
ったが、そのプロセスで無駄な時間と税金が掛かるのならば、
そうかもしれないと思ってしまった。しかし、日本で、六本木
ヒルズが建つから、原発が建つから、ダムができるからと、焼
身自殺や飛び降り自殺をしていたとしたら、と思うとそれも恐
ろしい。国家権力とはすごいものだ。良識ある国は北京オリン
ピックをボイコットしようともいうが声は小さい。


あるダムでは、とある大反対していた富豪の地主さんに、博打
をさせてはめさせ、破産状態にして、退去せざる得ない状況を
作り上げて、移転せざるを得ない状況にしたという。高度成長
期の裏側である。その当時の有名な研究者(教授)も、自民党
から殺されたといわれているほど、早くして亡くなった。


しかし。


ダムがなければ多くの自然災害でもっと死者が増えていただろ
うし、水も安定して供給されていないのである。大型商店も、
巨大マンションも、六本木ヒルズも、オリンピックもない。そ
こにおける問題は、そのプロセスと合意形成のスピードと行動
力がポイントになるのだが、「利益」がうごめく中で、当事者
でない限りわからない「気持ち」が多い。


だから、国のためとか公共のためとか、自然のためとか、個人
のためとか、何が正しいかなんてよくわからない。かつて、上
司のYさんと討議をしたこともあるが、ダムの是非なんてのも
ナンセンスかもしれない。


ただ、重要なのは「一つ」だけある。


それは、新聞に書いてある、ニュースに出ていることを鵜呑み
にするのではなく、そんな地域に暮らす人たちと、酒を飲み、
語らい、客観的ではない多くの「主観」に出会うことである。

だらだらと40分も書いてしまったが、ボクは「主観」と「本
音」に出会う回数が多いのかもしれない。だから「正義」って
何?ってわかんなくなっているのかもしれない。


2000年なつ。川上村にいって、まさに建築中のダムに出会
った。色々な方からダムについての話を聞いてきて見てきた。
当時は、ダムの提体もまだ完成しておらず、川に入れた。もぐ
っては飛び込んではと楽しんだ。目前に多くの川魚が横切った。
気持ちよかった。最後の清流といわれた四万十川より私はキレ
イだと思った。もしかしたら「かわうそ」もまだいるかもと思
ったが、それでも「昔はもっとキレイだったよ」と人生の先輩
が言った。今、川は死んだ。しかし、ダムの必要性も目の当た
りにした。源流の村としての使命を果たそうと新たな展開で動
いている。だから、問題とは別のところにあるとも知る。


つねに答えは
     「まさにそこにいるひとのココロに中にしかない」


地域づくり、まちづくり、そこの歴史と変遷とそのココロの中
とは村レベル、集落レベルでも大いに違う、そこに入るか入ら
ぬか、でも「見て」「知り」「飲み」「語る」のか、逃げるの
かどちらかしかない。自分らしく攻めていきて生きたい。
スポンサーサイト
編集 / 2007.08.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【美味しいと書かないで美味しいと言う】
カテゴリ: マーケティング/営業

農産物の売りカタについて


「美味しいという単語を使わないで、
       美味しいということを伝えよ」     ということがある。


私は中学1年生のとき147cmでとても背が小さく、毎日牛
乳を飲んで、煮干を食べて、背が伸びた。中学校を卒業した
ころは170cmを超えていたが、飲み過ぎて次の日がつらい
ときもあったにもかかわらず、基本的には牛乳が大好きである。

今日は「島そだち」という牛乳を飲んだ。そのパッケージの裏
面がとても「美味しく」思わせる物語性(ストーリー)があっ
たのでご紹介。


~~~~
気候と風土に恵まれ、
古来より御食国として全国に知られました。
この地で乳牛が変われ初めて数百十年がたちました。

牛を愛し、土を愛し、そしてあなたを想い
丹精を込めて育てられた島そだちの牛から絞った牛乳を
殺菌しパックにつめています。

自分のために「もう一杯」を心がけましょう。

淡路島酪農家一同
~~~~


なんだか最後に「もう一杯」というのが楽しいが、ここに至る
手前に健康訴求が少々あるとなおよいかなと思うが、非常にそ
そる分かりやすいストーリーだ。


「思う」「思う」と書かないようにと国語の論文で勉強したよ
う、「美味しい」「美味しい」と書かずに美味しいという、そ
の練習をしてみよう。それには必要性、欲求性、物語性の3つ
を忘れずに。婉曲比喩表現に文才がちょっといると思うなかれ、
よいチラシ、よいPOPをみて、まねすることから始めるべし。
編集 / 2007.08.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【ぶっちゃけの裏側】
カテゴリ: マネジメント/自己成長


「正直言いますと・・・」
「ぶっちゃけていうと・・・」


じゃぁ、普段は正直じゃないんかい!普段はぶっちゃけてない
んかい!そりゃそうさ、それが戦略、押して引いてが楽しい。
それも理であるが、しかし疲れる。

ご支援先のホテルの課長がこのたび転職されることとなった。
12年勤続の後、新しい夢にチャレンジする。29歳。まった
く違う畑に飛び込む。なんだか、惚れ惚れする。

非常にカッコイイ男。ここ最近は支援中にお互いに激論も交わ
すも、常に本音で付き合ってきた。だから気持ちが良かった。
先月はややきつい討論になったシーンもあったが、すべてお互
い本音でぶつかれた、それもまた彼のキャラクターのお陰だっ
たのだろう。

ありがとう。

いつもさわやかで、お客様からも人気であったし、いつかの日
報でも書いたが「お客様がお客様がを呼ぶ、新たな顧客層の獲
得とリピーターの強化」を、実践されてきた。今日は、彼への
歓送会として食事会をした。プロジェクト当初から支援を共に
行い、いま船井総研を退職され実家(商売)に戻ったTさんも
参加して、お互いの未来を鼓舞し合った。

そんな彼が支援中の「あの言葉」が非常に記憶に残っていて、
今の肥やしになっているとおっしゃっていただいた。Tさんが
伝えた以上に伝わっていた「応援メッセージ」であった。一言
一句そのワンフレーズを記憶されていたが、そう思っていただ
けたこと、それが僕らにとってすごく嬉しいことである。


逆に私だって彼から戴いた大切なワンメッセージがある。


「自分いつだって、本音ですが、ソレが何か?」


というニュアンスのことをかっこよく私に伝えてくれたのだ。
そうボクが大好きな、その彼のいつものスタンスである。「ぶ
っちゃけ」という言葉が木村拓哉のおかげか?流行ってはいる
、いや常用言となったが「ぶっちゃけ」という言葉がある以上、
それはすべてその背景に、ぶっちゃけていない、すなわち、ウ
ソや遠慮やタブーが世の中、多いということである。

彼はぶっちゃけと言わなくても、ぶっちゃけな人間なのである。
それが筋を通されていて、付き合いやすかった。

そんな枕詞がなくても、常に自分の想いを語ってきた。正直も
のがバカを見ることに対しての憤り、それが世の中をおかしく
しているとわかっていても僕らは常に本音で話してきたと思う。

お互いによきメッセージを送りあえる関係であったことは事実
だった。ボクへの指摘点も伝えてくれていた。今後とも、人生
を通して、お互いを鼓舞しあい頑張りたい。よろしくお願いい
たします。

感謝。
編集 / 2007.08.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【最高のおもてなしを目指して。】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
070827a
■奥吉野の空間と静寂をあなたに

070827b
■フロントにて

070827c
■鹿肉


最高のおもてなしだった!!!


1)超高級ホテル
2)田舎のおかぁちゃん


この二つの共通性と差異性は何か。それを考えさせられる。

ホテル業特に地域地方の温泉街を意識されたい。接客とは、一
言でいうと、どれだけお客様を喜ばせられるか。どれだけ満足
を与えられるか。そこに集約される。そのお客様の満足度とは
基本的に、



■満足度=価値/価格


とよくいわれるが、価格と価値の感覚的な比率にある。ホテル
Sでは、最近のアンケートにこうかかれていた。


「貴館の場所と料金(15,000円)から多くを期待していなかった
ので(失礼)イメージ以上で喜んでおります。また、大変水がお
いしく、何回と何杯もいただきました。」


これもまた嬉しいものである。しかし、では次回は?となると、
リピートされたときの満足度の提供は、何か異なる価値を提供し
なければ満足度は高まらない。たとえば、2万円ならこのくらい
の接客(料理・施設)、3万円ならコレくらいの接客(料理・施
設)といった、一つ一つレベルが上がるものだけではないからだ。


それが、ひとつ、コンセプト重視の接客にある。


価格と価値の比率で接客の度合いを見るのではなく、コンセプト
がもっとも大切であり、それに沿っているかどうか。何をお客様
は求めて来ているのか。ニーズ(ウォンツ)が何か。大学受験で
いえば偏差値だけではない、基準があるわけだ。


当然に、施設力+料理力+接客力というホテル業の主力商品全体
でその価値を伝えるものであるが、最後の最後は「ひと」であり、
接客力とは独自固有の価値を出しやすく、安心感と親近感そして
情報を伝える、そこに「価値」ありだ。


それがリピート化につながる。

それからもうひとつ。

夏におこし戴いたときは、「秋はまた別格ですよ~」という違い
を伝えることで新たな価値を演出できるし、「え?これはビック
リ玉手箱」とサプライズ型のぷちプレゼントも忘れてはならない。

1)季節感
2)隠し球(サプライズ)


何も、地域・地方のホテルに一泊ウン万円もする高級ホテルの
ようなおもてなしは必要ない。あくまでも「その地を愛する暖
かで、頼もしいというコンセプト」に合わせた接客があればよ
い。それが田舎のおかぁちゃん的「愛」。


美容室の接客においても、全国一律右へ習え的な接客ではな
く、友達感覚というコンセプト、高級感コンセプト、洗練イメ
ージ型コンセプト、などコンセプトによって接客の対応、言葉
が異なり、そこに似合うお客様がよってくる、ターゲットを絞
ることで顧客満足度を高めている例である。

地方・地域の接客については、もっと方言を使ってみたり、田
舎独自の暖かさがあったりしたほうが良い。


しかし!!


そこで若干の勘違いが起こる。


そんなら私たちは私たちのやり方で~♪となるのだが、やはり
違う。そこで足りないのが、高級ホテルのおもてなしの基本と
なるべき点は取り入れることである。「笑顔」「気遣い」「気
配り」「予想外!の提供」などは、一流だからこその快適性と
清潔感と審美性とは別に、その基本が徹底されている。徹底さ
せられるのである新人は。


であれば、それにはまず、
「体験する」ことである。


都市のよさ、田舎のよさ、どちらも知って初めて良さがわかる。
最高のおもてなしだった!といわしめるために。そしてひとつ
でも「実践」することから始めたい。
編集 / 2007.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【2つの競合】
カテゴリ: マーケティング/営業


ライバルって何ですか?

ビジネスでの競合は意識レベルで2通りある。


1)尊敬
2)軽蔑


「競合」という言葉でマーケティングでは伝えられるが、3C
の中のひとつであるとか、競合との差別化がどうこうとか言わ
れるが、当の本人たちは、自分も含めてあまり、競合を意識し
ていない場合が多い。

「明らかにA社が敵です!」

と血なまこになって喧嘩に挑むがごとく戦っているところもあ
るが、稀である。意識しないよりは、意識をして、自社の強み
をしっかりだし、共存共栄というのが理想だが、本日、山陰
地域にて、ある社のヒアリングで、大いに素晴らしい経営者
の競合認識を知る。


かなり規模のおおきい会社だが、材木屋?流通屋?建材屋?住
宅屋?新たなカテゴリーでもあり、前衛的で積極的な経営と、
業界内外からみても顧客志向を貫き、既存流通を常に、脅かし
て成長してきたB社にヒアリングにいった。

事前調査済みなので、競合として出てくる会社がある程度予想
していたが、ヒアリングで競合に関することを聞くと明らかに、
脅威となっているX社と、いい力関係でお互いに刺激しあって
いるY社と2つがあるのだが、そのときの2社の考え方が社長
の口からこうスラっと出てきた。



「X社は確かに我々を脅かしています。しかし、X社は非常に
尊敬している会社です。尊敬してますよ。資本力、営業力が強
いのですが、経営理念もしっかりしているし、事業スピードも
速く素晴らしいんです」


最近、何軒も仕事を採られたにもかかわらず、そうおっしゃる。
方や、絶対に負けたくないY社。


「Y社は、見た目にはいいライバル関係なんですが、理念もな
く、ほんとうにエゲツない低俗的な経営をしているんです。す
べて我が社の物まねでね、商品力も納得できない。あぁいうと
ころにお客様は取られたくないんです」


そうおっしゃった。競合他社には、負けてもすっきり気持ちよ
く尊敬できる会社と、同じ業界の風上にも置けない絶対に負け
たくない会社とがあると。

追うライバルと
追われるライバル

まねるライバルと
まねられるライバル


というようにも見られるが、「理念」にもとずいた経営力とい
う視点でライバルを見るとまた面白い。ただ、最後に。このK
社の経営者は、こうおっしゃった。


「いろんなライバル社があって我が社があるんですけどね、で
も僕らもどう見られてるか分かりませんから、しっかりと独自
の価値を出していくだけです」
編集 / 2007.08.24 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【メモの2つの効果】
カテゴリ: マネジメント/自己成長



メモって気づく
メモられて気づく


私たちの入社したころ、会長の船井幸雄が「メモ魔になりなさ
い」とおっしゃっていただいた。入社した後から会長の記憶力
がダントツすごいことを知り、その「メモ」の大切さを徐々に
知っていく。

メモの効果その1  自分の記憶サポートのため。

もうひと

メモの効果その2  相手が喜ぶため すなわち・・・・。


実は本日、8人のお客様のなかで1人すごく熱心にメモを取ら
れていたのを目の前でみて、私はすごく嬉しくなり、また、
自分の話が役に立っているんだなと確認にもなった。上気分
にちょっとなったので、情報もドンドンと増えていったので
ある。

そう、二つ目の効果とは話し手が非常に喜ぶのである。いや、
話し手はみている、メモを取る姿とは見られているのである。
もちろん聞き手にとっては、話し手が喜んだから何?というこ
とだが、結果的には、上機嫌になるから、話し手の引出しを大
きく広げ出すことに繋がるのである。


こんな話は当たり前だが、1年目など、先輩の話を聞くのに、
メモすらたらぬという低次元は論外であるが、やはりキチっと
メモをするというのは忘れないためというにも当たり前である
と同時に、話し手に対してやらねば失礼であるし、やれば、距
離が縮まりまた情報も増え、いい関係性も生まれやすくなる。

私はセミナーや支援で話す機会が増えたが「お客様がメモる瞬
間」を大切にしている。「あぁ、これ大事な情報なんだ」と改
めて確認できるし、メモっていただけない場合は「あぁ、これ
たいした情報じゃないんだ、言い方が下手なんだ」と自己反省
することにもしている。

メモは自己記憶のためのみならず、コミュニケーションツール
なのかもしれません。またお客様や(社内の後輩)のメモから
多く学びを戴いています。あらためて感謝です。いつもありが
とうございます。
編集 / 2007.08.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【そんなの関係ねぇ】
カテゴリ: マネジメント/自己成長


小島よしお。


「そんなの関係ねぇ!」

「そんなの関係ねぇ!」

「そんなの関係ねぇ!」

頭の中を離れなくなった。変人っぷりな海パンひとつ裸で踊る
あの動き。「セイ、オッパッピ!」って意味不明なことを発し
「オパピ」とは何?っと尋ねられると「オーシャンパシフィッ
クピース」と世間をあざけるように答えるその芸人は沖縄出身
だ。その自分の造語を自慢げに答えるのがまた面白い。若手の
ピン芸人。

いま「google」で「そんなの関係ねぇ」と検索するとYouTube
の動画が上位に出てくる。最近YouTube検索で常に上位だとか。
テレビで最近良く出てきているが、一発芸だとわかっていても、
低俗だと分かっていても、何度もYouTube(ネット上の動画)
を見たくなる。頭の中を離れなくなる。


その「低俗を非難する」のか「笑いを賛美する」のか、


でもソレに対して、「そんなの関係ねぇ♪」「そんなの関係ね
ぇ♪」とネタにし自虐的に言うからまた面白い。私個人として
は、裸だからとか、動きが変だからとか、非常識だからとかで
はなく、僕が好きなのは、軽快な音楽のノリと「同じメッセー
ジ」の繰り返しが頼もしくみえる。


それとやはり。

「そんなの関係ねぇ」

仲間に関心がない、周りに関心がないというような、脱助け合
い精神に近い「我関せず」とは違うニュアンスを受ける「関係
ねぇ」というメッセージ。それは、自分を持っていること。よ
く言えばそう判断できる。

エゴの代表的ワードであるこの「そんなの関係ねぇ」という言
葉も、私には(僕だけかもしれぬが)、よく解釈するとしたら、
「自分の意見を大切にしない現代人への揶揄」ではないかなと。
周りになんていわれようと自分はこうある!という意志。


くじけそうなとき

「そんなの関係ねぇ」


と心から支えてくれるように思う。言い過ぎか。でもちょっと
元気でる。ありがとう。笑いっていいな。

編集 / 2007.08.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【老いとは何か ~理想がない人間は陳腐です~】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
070820a
◆ダムなき清流、高津川で(子ども、あそぶ、かわガキ)

070820b
◆水路で戯れる「外国人観光客の子ども」

070820c
◆森鴎外記念館 近代的な建物の裏に生家がそのまま残ってます。

070820d
◆新山口駅行きの「SL列車」津和野駅で待機中。




【老いとは何か ~理想がない人間は陳腐です~】


やわらかい口調で知的でかつ美的な経営とは何かをいつも説い
てくださった佐藤芳直さんの講演CDを聞いた。顧客満足経営に
おいて、地域づくりにおいて、芳直さんが船井総研常務時代に
私に色々ご指導いただいたこと、お世話になったことが再びよ
みがえった。

http://www.syw.jp/


二対比較と三段論法が巧みに織り交ぜられて、具体事例の豊富
さと一流との接点が豊富であるがゆえの、説得力の高い話に、
いつも惚れ惚れする。今日はまたひとつ。

多少アレンジしていますがほぼ伝えたいことはそのまま伝え
られえていると思います。是非その一部をご紹介します。



「夢と志の違いは何でしょうか。


夢とは私的なものです。
志とは公的なものです。


利己的でもいい。夢を持ち最初は突っ走ってください。

そして、
特に、経営者には、理想があるはずです。


理想がない人間はね、陳腐です。つまらんですよね。


どんな人間として、どんな人として、どう行動するか。
理想を持たなければなりません。

どんな組織になりたいか、どんな経営をしたいか。

理想とは目に見えませんが、
それを持たなければ、つまらんのです。


利益を出したい、上場したい、それもいいことです。
どんな理念にしたいか、どんなお客様と付き合いたいか。
どんな会社にしたいか、どんな会社として見られたいか。



また、
成長する人間にはひとつのルールがあります。


それは、
自問する人間です。
自分に問いを発する人間です。


どうしてうまくいかないんだ?
どうしてダメなんだろ?
どうしてできないんだ?   これが自問です。

こうもいえますね。

自分に問いを発する状態を常にしていれば答えはあります。
自問を発する状態すらなっていなければ答えなんて
闇の中、霧の向こうです。

そして、
どうしてなんだろうと
なぜだろうかと
問いかけることから知性が生まれていくわけです。

しかしね、
理想がなければ、問いかけないんです。
理想がなければ、知性は生まれないのです。


まぁいいか とか
こんなもんか とか
どうせ世の中こんなもんだ とか思うものです。
それ以上に考えない。


これがね

老いっていうんです。
みなさん、老けちゃいかんですよ・・」




最近、老けてないだろうか?私は老けてしまったのかもしれな
い。もっと大きな理想、そして、現実からの引き算で具体的な
アクションを築く。だから、

「一流であるためには一流であると思え」
「本、人、旅 でしか人は成長しない」
「下限商品に企業の魂を宿せ」
「自らを矮小化しないために、常にホンモノと接しなさい」


などなど
会長から佐藤さんへと受け継がれた精神をまた思い起こした。
自分もきちんと「伝え手」になれるように、恩返しできるよう
お客様へ、会社へ、仲間へ、「老い」ないでいたい。ありがと
うございました。



編集 / 2007.08.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【一期一会】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)


島根県の某町に来た。キレイな水、研ぎ澄まされた青空、そし
て、やさしい地域の人たち。途中の道の駅で、陶芸品を売って
いた女性に声をかけた。色々な地に行くと誰かに話しかけてみ
る。何か地域の面白い話でも聞けるかなと期待した。


「萩(山口県)焼きを勉強して、夫婦でやってるんです」と、
200品ほど並んでいるその花瓶、食器、グラスには、手の技
術のみならず、地元の土、地元の稲の灰を利用した焼き物で、
白く青く美しい滑らかな色合いを出すと教わった。


「ここの土を使っています」
「作っている現場や、焼き場の写真」
「作り方のストーリー」
「夫婦の愛のストーリー
(有限会社小川耕太郎∞百合子社:蜜蝋ワックス)のように」


そんなのがあるといいですねぇと話をした、いまやモノより
思い出というが、一期一会の喜びがちょっとでも残ればもっと
いいのだろう。


一期一会。



実は写真の広告。萩石見空港を降りて一番最初にある。「一期
一会」と大きく書いてあり、あとは日本海の写真にちょっとし
たポエムが書いてある。焼酎の会社かと一瞬思った?よくみた
ら全然違った。


~~~~~~
一期一会を
Now&Here と言った
人がいます。

今、ここで

あなたに一生忘れ得ない
サービスと感動を約束します。
~~~~~~



実はは、これ、「益田ドライビングスクール」の広告である。
一切、自動車が写っていない。



(070718日報より)~~~~~~
益田ドライビングスクールは島根県益田市(人口5万人)の小
さな市であるが、全国ベスト10の卒業生数を誇り、年間60
00人程も集まる優良な自動車学校である。日本一が9500
人くらいでそれもまた都内の自動車学校であるから、地方都市
でその数の多さには、驚くものがある。ちなみに合宿制では日
本一の卒業整数であり、独自の教育方法があらゆるところで取
り上げられているが、それは割愛。とにかく感動企業として有
名だ。~~~~~~


もうひとつの一期一会、地域連携とはよくいったものだが、
今日泊まったビジネスホテルのオーナーに「どこか美味しいと
ころありますか?」と夕食の場所を探していた。「田舎町でた
いしたものなんでもないんだけどね、○○屋のホルモンはおい
しいよ!」と紹介してくださった。その○○屋に実際に足を運
んだとき、私はわざと、「ここはホルモンが美味しい○○屋さ
んですか?」と楽しげにそのお店の店員に話しかけた。「あら
?ホテルのNさんから紹介されたの、笑」だなんてママさんが
いう。私もこのホテルのNさんと、○○屋の大将(夫婦)と仲
がいいんだなんてわかると嬉しい。他人に紹介されるほど嬉し
いことはないし、また信頼性も高いだろう。


地域内連携とか社内連携とか小難しいことではなく、お互いの
仲間、どれだけ紹介してますか?


そして一期一会。今日も本当にありがとうございます。二度目
の出会いを期待して。

編集 / 2007.08.16 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【環境問題はなぜウソがまかり通りのか(武田邦彦)】
カテゴリ: 本・映画・ニュース・メディア



いまさら読みました。遅くなって申し訳ございません。テレビ
でも話題沸騰だったが、ちょっと二度目に本屋で出会ったので
買ってみた。内容は、出だしの論調が若干に飛躍的でもあるが、
そもそも挑戦的な内容だけに面白くすらすら読める。ちょっと
前のベストセラーでもあるこの本は、もともと社内のMさんに
薦められていて、ようやく読んでみた。



「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」
 

・ペットボトルはリサイクルすべきではない
・ダイオキシンは有害ではない


など一般的に流布している環境問題に対する情報がいかに間違
っているかと伝えている。


「ドイツが環境にいいだなんて、1人当たり資源消費量/トンは
日本の2倍もある。ドイツに視察に行った人は一体何を見てき
たのか、視察旅行のお金を返して頂きたい」とか「スーパーの
袋だけ目の敵にされるのは大間違い」とか「そもそもペットボ
トルのリサイクルに力を入れるのなら石油の量を考えても、そ
れは1000分の1。100%回収できたって石油全体のわず
かな消費が減るだけなのだから、3分の1使っている車や、半
分程使っている発電所の電気を減らすべきで、いくらちりも積
もれば山となるといっても程度問題だ」など、辛口トークに、
私は失笑すらした。気持ちがいい書きっぷり。


リテラシーとはよくいうが、国民の科学リテラシー、教養の低
さが、マスコミ(特に新聞記者)のアホが、科学者より伝え手
として勝るという日本人に、強烈なメッセージだと思う。


1)「真実」とは自分で調べること
2)「比較」とは何か
3)「批判」するとは何か

こんなことを学べる教養本だと私は理解する。私も大いに今後
の仕事のあり方に影響を与えてくれた。そして最近の自分のも
のの思考をおいに反省。



「マスコミの言うことを素直に聞くと、思考が停止する」

という文章はギクっときた。




さて、本の詳細な内容ではなく、もうひとつ伝えたかったのは
この本の一番最後である。それはこの出版社の宣伝(3つの理
念)について。



「洋泉社ペーパーブックス」

1.同時代の最も熱いテーマをいち早く取り上げます。
2.既成概念を疑います。
3.タブーに挑戦します。



と書いてある。2と3が若干ダブり感があるのは否めないが、
これほど気持ちのいい出版社はない、すなわちどこの出版社
でも一緒?と見られるなかで、理念宣言した出版社というの
は、ファンを増やしリピーターを増やす効果もあろう。独特
な外観(本)のみならず、3つの特徴。これもまた、ひとつ
の独自固有の価値である。
編集 / 2007.08.15 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【NAMELESS BRANDというOEMの美学】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
070809a
■朝日町ワイナリー

070809b
■朝日相扶製作所

070809c
■最上川


下請け会社
         OEMって聞くとどんなイメージですか?


180%180度変わりました。



山形県にて、また素晴らしい企業に出会えた。従業員数
150名強。売上何十億円。ここは、いわゆる農村地域である。


「さみだれをあつめてはやし最上川」       である。


美しい棚田、美しい果樹園、美しい日本とはここにありという
地域である。国内りんご生産シェア1%の町。知名度は大き
い。その、この人口1万人に満たない山形県朝日町に、
世界のデザイン最先端のブランド家具を作っている企業がある。


ここにはかけない世界の一流メーカー家具(木工)を、
ここで作っている。そう、OEMである。


OEMとは、相手先ブランド製造、外部製造委託のことである。
Original Eqipment Manufacutuereの略で、簡単にいえば、
トヨタのブランドで販売し、違う会社(工場)が創っていると
いうこと。創る側も創ってもらう側もOEMですというので迷
うこともあるが、創る側としてみると。


◇良い言い方をすれば、
 ・縁の下の力持ち
 ・企画→製造→販売 の工程で製造のみに注力できる
 ・販売を一流ブランドに託せれば、それだけで食える


◇悪い言い方をすれば、
 ・技術力高き名もなき下請け会社(工場)が作ったものに、
  ブランドのシール(ロゴ)を付けて販売するだけ
 ・自社ブランドで売る力がない弱いモノの戦略
 ・製造側は自分から提案できず束縛されやすい


いろいろなタイプのOEMがある実際に、私はいいイメージ
を持っていなかったが、そこに今日出会った某企業にて、私
はこのOEMの美学を知った。会社のパンフレットの表紙に
はワンフレーズだけこう書いてある。


「NAMELESS BRAND」


たった30分ほど社長のお話を聞かせていただき、私はこの会
社の理念と製品技術のもつ誇りとそして、最先端のソフト技術
と人の経験が生きる手加工の融合世界に魅了された。


しかし、そこまではよくある。


ここが普通の木工製作所と「違う」のは以下の5点にあった。


1)OEM100%特化の信念
2)会長の飛び込み営業
3)社員からの提案がなくなったら会社は終わりです
4)職人(経験者)は取らない
5)そもそも出稼ぎ解消!からの町おこし


本当はいまから書き綴りたいのだが時間が・・・。次号をお楽
しみにあれ。私の感動と小さな企業の熱きストーリーをお伝え
します。




【NAMELESS BRANDというOEMの美学 ②】



さて、続き。

とその前に社内のある方からこの日報に返信あり。

「超有名な某高級ブランド(秘密)。
実はOEMで日本の工場でつくられてて、逆輸入されているのだ。
たとえば「オレ、イタリアの●●ブランド着てるんだぁ」って日本人、
日本産なのよね。
でもその工場が赤字だったりして、うんぬん・・・」



MADE IN JAPAN ってなんだろう?


そう思うのである。さて話は戻り、山形県のとある農村地域の
木工製作所。一流メーカーの家具をOEMで製作、ネームレ
スブランドということで、会社の経営を行っている。ここに、
OEMの美学があった。




1)そもそも出稼ぎ解消!からの町おこし
2)職人(経験者)は取らない
3)会長の飛び込み営業
4)OEM100%特化の信念
5)社員からの提案がなくなったら会社は終わりです





1)そもそも出稼ぎ解消!からの町おこし

実は、昭和40年代のこと。当時、東北地方のひとたちは、多
く関東地域などへ出稼ぎへいっていた。冬の農業閑散期には特
に村や町から人がいなくなる。そこで、町が主導となって「出
稼ぎ解消」を理念に掲げ、町に職場を!町に技術を!と創った
のがこの会社の原点なのである。現会長(当時は家具の小売店
と設備やさん)に話が来て、始めたが、当初はビニールの縫製
だった。しかしコレだけでは食えぬと木工へと以降していった
のだが、会長の人脈力で県から技術者を呼び、派遣させ、なん
と、自社工場内に「職業訓練校」を作ってしまったのだ。
そこでゼロからスタートし、バブル前は売上約30億円近くにまで
成長したのだ。


2)職人(経験者)は取らない

実は、当初からいわゆる職人さんという人を採用してこなかっ
たという。なぜかと現社長に問うとその意味は「自分で限界つ
くっちゃうんです」と。たとえばブランドメーカーから要求さ
れるデザイン性高い家具(イス)などは、特に、できるかでき
ぬかわからぬレベルの高いものも多い。しかし、まずやってみ
ようとして、チャレンジしていくその姿勢が肝要であり、職人
は自分で自分の力の壁を創ってしまうので会社にとって弊害と
なったという。何も知らないまっさらなほうがいい、そして、
果敢にチャレンジして「できない」ではなく「やってみる」
精神を大切にしているのだと社長から熱く語られたのである。




3)会長の飛び込み営業

売上が今の1.5倍ほどあったバブル時代。A社さんだけで9割
ほどのOEMをやっていた。当時は、下請け(OEM)とは、
元請け(ブランド)さんに「浮気はするな、飯はくわせてやる
」といわれていた世界であり、一社に依存していたという。し
かしバブル崩壊後、A社自身が経営危機になり、施工を海外の
安い人件費のところへとまわしたり、自社で内省化したりして
きた。そこで、A社だけに頼るわけにも行かず、他の会社へと
営業せねばなくなったという。

そこで、会長である。時期は前後するが、超一流有名メーカー
の東京支社に飛び込み営業をした話である。我が社はこんなも
のを作っている。技術力は誰にも負けない。是非ともそちら様
のところのブランドを創りたいと、営業に走ったという。

そこで、業界屈指のトップレベルの超有名な高級ブランドへ
足を運んだ。我々からすれば政治家になりたいといい、いきな
り安部首相に尋ねる、サッカーならレアルマドリードへ訪ねる
ようなそんな「感覚」でもある。

しかしツイテル!なんと偶然、トップがいて、しかも、話を聞
いてくれたというのである。これには、かつて名もなき人が有
名人にあう方法という日報書いたがまさにその通り、動けばか
なうもの。



「お宅は、これできますか?といわれた」
「できるっていっちゃった!」
「なんとか形になった」
「それからX社と取引が増えた」
「いまや、X社のうちがやってますというと、
  え!ほんとですか!!ってそれだけで営業になり、
是非うちも!!とお願いされるようになった」

(以前日報にも書きましたが、
 納品先に厳しいトヨタの話と一緒ですね
 トヨタができれば、どこでもできるという下請けの話)


しかし飛び込み営業という王道。すなおに我が技術(商品)を
伝えていく。現会長の人間力と人脈力には、地域の人も惚れ惚
れするほどの行動力あるリーダーだったそうだ。



4)OEM100%特化の信念

この会社の 強みは、3次元のNC(CAD/CAM加工)という
もので、木工業界では初の取組みだったという。3次元での曲が
り加工ができる最先端のソフト&機械があり、熟練の技との融合
した圧倒的技術を持つ。某海外のソフト(システム)を使用し
ているが、そのソフト(システム)へのバージョンアップや付加
技術の要求を現地へとしていく。「どこのだれがだ!そんな要求
をして来るんだ(英語で)」とシステムのメーカーにいわれたが
「それが、山形県のド田舎だとは思わなかったみたいですよ」と
社長が微笑んだ。それほどにそのシステムを大いに利用している。


また、塗装に関しては、当初機械でもやっていたが、やはり木材
は木筋ごとに、均質ではないので高品質を提供するならば、手で
やるべきとなり、いまは人の手でプロがひとつひとつ行っている。


こういった技術力をもとに、当時は、自社ブランドも創って、パ
ンフレットもつくり、ウッディ●●なんてカタログも作って、販
路拡大と営業に走ったがしかしだ。


一切売れなかったと明かす。



「やっぱり、ブランドメーカーのデザイン力(企画力)とそして
販売力は素晴らしいものです。売ること、デザインすることは、
プロに任せている。」


OEMも自社ブランドもやるとブレてしまう。ということで、
逆に100%OEMですと信念をもって決めたのだという。我々
の商品は技術である。メーカーと共存しているんです。いい関
係ができています。

高い技術力は、高いブランドと付き合うことで、いまや「あのX
社のやってます」で十分のキラー営業となっている。一般的には、
守秘義務の世界だがX社やってますとはいえる関係だそうだ。ア
パレルでは海外ブランドメーカーが徹底的に情報漏洩しないか、
定期的に検査に来るとも言うところがあると聞くがここは違う。
とにかく、OEMに特化するという宣言がまたメーカーにも信頼
関係を生んでいるのかもしれない。技術と施工だけに集中できる
メリットは大きいし、メーカーからの信頼関係は厚いとおっしゃ
る社長にOEMの美学を私は感じたのである。


そして私は「下請け」「元請け」「OEM」などという言葉は存在
せず「共存」というキーワードが頭に浮かんできたのである。





5)社員からの提案がなくなったら会社は終わりです

最後に、タニサケ(ゴキブリキャップ)の会社と同様に、こち
らの会社も改善意識が高い。意識が高いというレベルではなく、
行動に落とし込むための仕組みが頼もしい。「300円~10万
円」までの報奨金を社長(経営陣)は社員に与えている。社員が
社長に言いにくかったり、会社を良くしようとする意見が、社員
からでなくなると経営は持続していかない。


「私たちのような会社は、社員から提案がなくなたら
                  会社終わりですから」

徹底した改善意欲とその仕組みがまたこの会社を一流にさせて
いるのだ。




すごく終始一貫して謙虚な語り方に、私は社長、いや出会えな
かった会長、そして会社そのものに「美的経営」とはないかの
真髄を戴いた。そして美しい農村風景の町にある。

このような話を聞くと、それこそホンモノの技術力があるのだか
ら自社ブランドを創ろう!というご意見もあろう。たいていは、
ブランドが儲かりOEMは利幅が少ないともいう。それをいうな
ら、ブランド好き日本人さまが、表層的なところではなく、深層
的なところまで「モノ」を好きになれるかどうか。


銀座、六本木、で売られている海外高級ブランド。なんだろう。


1)役割分担としての共存美学を追及し
   ブランドはブランドがデザイン(企画)と販売をやり
    製造は影で謙虚に高い技術力があるところがやるのがよい

2)問題は、元請け、下請けの力の関係だけであり
     利幅をブランドが取りすぎてるのではないか!?
    という点だ。

3)いや、反旗を翻して、自社ブランド創っちゃえ!
  


どれがいいでしょうか。私にはマダ答えがわかりません。しか
しOEMの美学、ネームレスブランドの美学を知ったのである。

ちなみに、この町では、11月に「産業まつり」というのがある。

カタ落ちモノではあるが、
ここではかなり安い値段で、有名高級家具ブランドのロゴが取れて
いるだけの家具が、格安で売っている。知る人ぞ知る有名メーカー
のロゴ無しバージョン。どうですか?


編集 / 2007.08.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【マーケティングの前に(身の回り)】
カテゴリ: マーケティング/営業



「うちはイイもん作ってるんだけど何で売れないのかなぁ」


それは・・・


1)そもそも宣伝PRしてないじゃん。


というのと



2)やっぱりいいもの(サービス)じゃないんだよ、
                   お客さんにとって。



というのがほとんどである。戦略が間違っているとか、顧客ターゲ
ットが間違っているとか、小難しいことではない場合が多い。
PRしてない、営業してない、そもそも商品力が弱い。

また、
商品力がいいところは営業力が弱くて、営業力が強いところは
商品力が弱い。そんな構図を良く見てきたが、きちっと現状を
分析(顧客視点で理解しているかどうか)しているかなんて、
まだまだ先の話。


そこでよく聞く「大手さんは資金力があってお金あるからテレ
ビCMができてたくさん仕事がとれている」

だなんて口が裂けても言ってはならない。商品力と営業力(販
売力×人脈力)の合計で勝負するという戦いがビジネス(経済
世界)の土俵なのだ。



しかし、もうひとつ。


商品力(売りモノ)と営業力(売りカタ)の以前の問題。



たとえば、身の回り。事務所や工場の状況。大手にはできない、
現場を見せる、一対一対応を大切にするなどが小さいところの
強みであれば、その強みをマイナスにしてしまっている現状。

せっかく「見せる」にしても「快適性」「デザイン」の魅せ方
が弱い。なにも、大手さんや東京のきらびやかな世界ほどのレ
ベルの高いデザインや見せ方なんてダレも要求してもいない。
ただ、書類が散乱していたり、現場が汚かったり、やはりそれ
は見られている。


ソレを改善、そのレベルで十分なのである。


「5S」もできずに大手はCMがスゴイと非難するなかれ。5
Sは自分のためでなく客のため。「一挙手一頭足」見られてい
る。5Sという言葉が走るのなら、



「24時間客に不快感を与えるなかれ」

「あなたのソレは見られてる・・・・」



というメッセージでもよい。
 
PRや商品力だなんて、二の次である。

編集 / 2007.08.07 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【私の人生は一枚の新聞広告(チラシ)だった。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長

以前も若干書いた内容だがもう一度。


僕はなぜ町田に暮らし、色々な友達に出会えて、町田を愛せる
今の人生があるのか。これだけ大好きな地元も、FC町田や小
山FCがあって、サッカーのコーチがいて、ピアノの先生が
いて、色々な仲間がいて、最高の20年間を送れたのに感謝で
あるが、で、なぜ、町田にいるのか?

今日実家に帰り、母から聞いた。


1979年。
 時は昭和54年。


私が3歳のころ、まだ父の社宅住まいであり世田谷区在住だっ
たのだが、そのとき母が一枚の朝日新聞の新聞広告をみて、木
下工務店の分譲住宅販売に手を出したのだ。決めたのは母だっ
た。「モデルルーム(見学会)がHさんの家だったんだよね」
といつも近所づきあいでお世話になっているHさんだったとも
知らなかったが・・・。それで、たまたま町田市小山町。



なんだか非常に感慨深くなった。木下工務店の新聞広告が当時
にどんなものだったか知らぬが、私はおかげで、楽しい町田ラ
イフを「幼稚園~小学校~大学」と送ることができた。もちろ
ん違うところに住めば違うところでの「幸せ」があっただろう
が、人は過去を振り返ると神になると司馬遼太郎が言うがごと
く、その過去は最善であったといえるもの。

必要必然志向でいけば、やはりその広告チラシと母の意志に
私は感謝である。


いま住宅を決めるのに、小学校や幼稚園の教育内容の充実さ、
まで調べてから土地を決める傾向があるが、それだけではない
色々な人生の出会い、その深さが、その広告やチラシから始ま
るのである。


「家を売りたいから」 
          広告を作る、チラシを作る


のではなく、この地域とともに暮らして欲しいからと想い、
広告やチラシを作る。レンガ職人の話が有名ではあるが、




1)みりゃわかるだろ?ただレンガを作ってるんだ。

2)これは、家の壁を作ってるんです

3)幸せに暮らせるよう、丈夫なレンガで
           安心安全の家を作っているんです。



と3通り答える人がいるとするのならば、住宅見学会のチラシ
(広告)作成をしていれば。



1)みりゃわかるだろ?チラシ書いてるんだ
   クリエイティング

2)この素晴らしい家を売るために(知ってもらうための)
  企画そしてその宣伝ツールをつくっている
   マーケティング


3)コレを手にした人が将来、この地域で幸せに暮らせるための
       情報提供をしている。
   ライフコーディネート


だから地域ポータルサイトとか増えてはいるが、地域のことを
愛し、地域のことをよく知る地元の工務店が、これから期待す
べく役割を担う部分が増えてくるのだろう。地域に住み、地域
に暮らす、地域の人たちの、最低でも30年を考えて。


今日は10年以上ぶりに地元のピアノ先生に会った。思い出話
に花を咲かせながら、またこれからの人生教示も戴いた。広告
チラシ、何かしら、小さなことと思う顔知れないが、ひとつひ
とつの仕事が、人の人生に影響を与えて与えられ生きている。
今日もありがとうございました。

編集 / 2007.08.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【どうせお金を使うのなら?投資リとターン】
カテゴリ: マネジメント/自己成長

我が社では「日報のやり取り」により情報の共有化を図ってい
る人たちが多い。ナレッジシェア。個人のカラーが出て非常に
おもしろい。今日は、同期のTさんの日報からの学びから。

~~~
「投資→リターン→投資→リターン→投資→リターン」

の繰り返し

自己成長には、やはり、お金を使うべき。
そして、成長した分は必ずリターンとして戻ってくる。

Nさんが、ぽろっと言った。


「人生なんてテーマパークと一緒やん。
     どうせ同じ金払うならいっぱい乗ったほうがええやん。」
~~~


お金を使うというのは経済学では「消費」と「投資」がある。
その中で、どうせ使うならば「投資」を行い、かつ、その投資
もリターンを絶対的に意識し、前向きにプラス発想で行動すべ
き。ここまではよく言われる。ただ、それをさらに、


「人生なんてテーマパークと一緒やん。
 どうせ同じ金払うならいっぱい乗ったほうがええやん。」


いろいろ経験したほうがいいという意味の別の表現。もちろん
同じ100万円を使うなら、一度で使うか、10万円を10回
投資にするかというのはあるが、いずれにしろ、「たくさんの
いろんな乗り物」に乗りなされというのは、投資リターンを意
識した中で行えば人生を豊かにするのは間違いない。


自分の給料の手取り分の3割を自己投資(勉強)に使えと
入社当時言われたが、これもNさんからの言葉だった。


まとめ

1)意識的な投資とリターンをしていましたか?
2)最近の「投資」は何ですか?
3)リターンしようと必死ですか?
4)お金だけでなく時間も「投資」してますか?
5)たくさん乗り物のってますか?

編集 / 2007.08.03 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【メンター】
カテゴリ: マネジメント/自己成長



【メンター・Mentor】 良き助言者、指導者、顧問という意味。
ギリシア神話に登場する賢者「メントール」が語源。オデュッ
セウス王の友人で助言者、王の息子テレマコスの師も務めた。


というのはインターネットのオールアバウトからの引用では
あるが、特に、精神的にモチベーションをあげてくれる意味
では上司とか先輩とか関係なく、仲間内でもアイツはオレに
とってメンターともいっている。

今日は東京へ。


今日のお昼「大ちゃんはオレにとってのメンターや」といっ
てくれる旧友に久しぶりに会い、自分たちの今後について語
り、夕方には、「おまえ、そんなんでいいのか?このままの
おまえじゃ、ちゃんちゃらオカシイゼ」と鼓舞してくださる
先輩とに、どちらも久しぶりに一対一で会った。


昼は昼で、ある部署のメンバーに、色々抱えている今のプロ
ジェクトについてミーティング(アイディア)を頂き、ディ
スカッションさせていただき、東京のメンバーからの多くの
意見をきき、顧客への提案にふくらみができた。ありがとう。


いつもいつもではなく、たまにだから価値があるのかもしれ
ないが、こういったメンターさんの存在は人生においてすご
く大切にしたいし、なおかつ、それが東京や大都市にいると
しても、意図的にいいタイミングでたまにさえ会えれば、自
分はどこに住んでいても一緒だなと思えたのである。


大学院時代、大学の特別講座でカルロスゴーンの講演を聴い
たとき、「ゴーンさんにはモデルとなる師はいますか?」と
誰かが質問したときこう答えたのを覚えている。


「私には3人くらいの師がいます。
1人だけを師に持つのは「偏り」になります。
あの人からはAを、あの人からはBを、あの人からはCを
という師をもってその良いところを抽出して自分に取り込んでいる」


といっていたのを思い出す。


賢者は愚者から学び
愚者は賢者から学ばず
 

とも言う。自分には今○○が必要だとわかっていても、
自分ひとりではその○○を喚起し、情熱を高めることは難し
い。だからたくさんのメンターさんがいることが自分の宝に
なる。与えてもらってばかりで申し訳ないです。

メンターとは仕事の量や質だけでもない。
それでも、先輩から戴いたもの
もちろん先輩そのものに還せたら美しいが、
それを後輩に与え伝えていく。


これが企業内(組織内)の持続可能な成長のために必要な、
条件のひつのひとつでもあるのだろう。
編集 / 2007.08.01 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。