【住育なんてどうかな】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅

情緒的ストーリーをもっとデザインに、もっと文言に、もっと体で。

それを伝えたい。

今日は時間を創り、新潟県某市へ。住宅見学会と一級建築士
を独占できる相談会だった。ちょっと見学。私の第一印象は、
自分で体感したそのものであり、それを情報として発信したく
なる。その感じたことと売る側が感じさせようというところが
一致していると嬉しくなる。


見える化(情緒的ストーリー)という話しで、住宅で大切なの
は、価格を除いては、安全・安心(構造)とデザインと素材と
そこにシステムキッチンやバスなどの利便性がかぎとなる。

よくある話としては、システムキッチンやシステムバスにかな
り高額で、100万×2=200万強もある。そんなところにかけ
るのであれば、材木はもっと安いんだ(1割)、だから木の家
に暮らそうよという営業トーク(仮想無垢材利用をしていない
ところを競合と考えた場合)。

しかし、これだけでは難しい。


住宅の購入を決めるのはたいていは奥様。奥様の決定権が重要。
すると、どんなに素材がよい住宅を提供していても、最終的に
は奥様が「うわ!いいわ!」と思わせるためにそのシステムバ
スやキッチンやトイレのパワーが非常に重要となっている。だ
ったらそこにお金をかけるのは理にかなう。その構造はわかり
やすい。ニーズもウォンツも訴求している。

奥様が決定権→奥様がよく使うところが住宅では重要→システ
ムキッチンやシステムバスがいいところがいい→そこに必然的
に原価をかけざるを得ない 


でも・・・。


そこでそれ以外に住宅販売のPRはないのか?そこで私は「住
育」というキーワードをと考えたい、その背景は何かを考えさ
せられるような住宅販売を。ただし、それが奥様の心を動かさ
ずでは意味がない。それが情緒的ストーリー。

森林、癒し、香り、空間、そしてそこにある「生活イメージ」
素材をいつまでも素材として提供するのではなく、システムキ
ッチンやバスがライフスタイルを利便性と欲求性にくすぐるス
トーリーで説明するがごとく、素材も、「住育」を裏に秘めて
言葉やデザインに落とす。


しかし、価格主導の住宅が元気だ。坪単価が安いところが元気。
それは価格が家を買わせているのではなく、価格主導の住宅が
営業力と販促力が強いだけである。価格によって見えなくなる
部分を見せていくのは本物を作っている人たちの使命でもあろう。
そう思った一日だった。

スポンサーサイト
編集 / 2006.12.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【河ふぐ】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
本日は大阪から林野庁へ。
川上村でご講演なされた、
林政部長とお会いした。

林業、
正確な「コスト」に関しての統一的見解とそのデータがないことから
現場現場の数字やマーケティングを頑張って欲しいと背中を
押していただいた。島田林政部長、ありがとうございます。

さてその後、飛騨へと飛んだ。東京事務所でちょっと仕事をし、
同期や第六メンバーと食事をして羽田へ。富山空港から1時間
奥飛騨へ。

ここでの報告会。「これは素晴らしい、もっと職員全員に聞か
せてあげたい!」と嬉しい。メンバーに感謝です。ありがとう。

さらに。夜は「河ふぐ」を頂いた。ふぐ?いや、実は淡水の
アメリカなまずである。しかしこれは非常に美味しい。なかな
かないお料理も地元の元気なおば様に接客をうけて心も温まる。
開発15年。料理もオリジナリティーに飛んだ河ふぐと山菜。
「河ふぐ」これはなんと知事スキャンダルの筆頭の岐阜県元知
事が命名した。素晴らしいものを残したと地元の人は語り、知
事に感謝。ただ例の事件(裏金づくり)以来、私が泊まった宿
泊施設に天皇陛下と元知事の写真は飾られなくなったとか。

しかし料理については私は舌鼓を打った。もちろん外来種であ
るから養殖であるのだが、グロテスクな外見に可愛い名前をつ
けて、料理長独自の「から揚げ」「さしみ」「しゃぶしゃぶ」
「煮物」は絶品。もちろん田舎の施設、料理長は料理長兼支配
人でもある。

これも詳しく語りたいが時間がない。また今度。
とにかく、ぜひご賞味を!!


編集 / 2006.12.21 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【チームワーク(切迫感、緊張感、危機感)】
カテゴリ: マネジメント/自己成長



(時間に対して)切迫感
(空間に対して)緊張感
(人間に対して)危機感     を持たなければならないと。

先日の日報にも書いたがとある人から返信があった。「確かに、
私は今まで野球・バレーボールを始め、チームスポーツを経験し
てきましたが、いいゲームをしている時は、上記のような「感」
が漂っていました。」


明日の報告会に向けてこの3つの「間」に対して3つの「感」を
感じながら仕事をした今日。冷静になればなるほど自分に対して
はよいかもしれぬがチームメイトには迷惑をかけた。申し訳ござ
いません。ただ本当に嬉しかったのはそんな忙しい中、私に協力
してくださったAさん、Kさん。そして未来企画室のKさん、K
さん、Iさん。本当にありがとうございました。明日の報告会で
は皆様の「感」を報告してきます。報告書が完成したときに感じ
るあの喜びはチームでやる醍醐味を味わえる瞬間ですね。終電の
ひとつ前で帰れたのも嬉しい限り。朝になることも良くある中で
ありがとうございました。その喜び、ただしそれはレベル①、も
ちろんそれがお客様に報告会で喜ばれて②、そして結果が出る③
そこまでいって最高のアドレナリンが出るといいな・・・と今日
の日報であった。
編集 / 2006.12.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【その人にしかないその言葉に出会う幸せ】
カテゴリ: マネジメント/自己成長



川上村に始めていった学生のとき、僕の知らない人たちがいて
自分でしか経験していないことから、その人だけが発する熱き
言葉に感動してきた。今の仕事でも新たに出会う人がその人で
しか経験していないことから発するフレーズを大事な宝として
いる。


この私の職業は「人」と出会えるから面白い。たんなる「人」
ではなく「すごい人(殆どが経営者)」が多い。今日は2人も
出会えた。一人は某料理長。一人はとある経営者。ハードスケ
ジュールの中でも、自分自身がアドレナリンが出るのはこうい
う人生の先輩で、非常に含蓄深い人生観をもっていらっしゃる
方と語っている時間は幸せである。


実はこの料理長には、より高付加価値の料理提供をお願いした
いと打合せを初めて行った。ホテル支援で料理力に手を出すの
は至難のわざ。テレビドラマで「オレ様に指示するのか!」と
激怒するような料理長の姿はある。
このたび、話題(地元性、希少性、物語性)が大切であり、こ
こにしかない、いましかない、ここでしかできないというコン
セプトを伝え、お願い申し上げた。が常識を考えても、料理の
プロの中のプロ、我々の提案など聞いていただけるか?不安だ。


話しの仕方、順番、情報の提供、ご提案、非常に緊張した。


しかしテレビの世界はウソの世界。すごい謙虚でおられて、そ
して面白い!話せば話すほど、料理長の世界に魅了される。料
理長の過去の話。料理会の話、弟子の話、非常に勉強になった。
料理長の強みをもっと活かしたいと私たちは伝えたが、それ以
上にさらなる料理長の強みを知ることができたのだ。話してい
るときだ・・・。




「しかし、パソコン使えて、すごいね~(料理長)」

「いえいえ、どう考えても、料理のほうがスゴイ!私なんか
何にも作れないです!」

「いいや、違うよ、料理ほど誰でもできるのさ。」

「いやそんなことないですよ」

「だってな、結婚して嫁いだおばちゃん(おかあさん)!
20~30年も朝昼晩と料理を作ってるんだ。プロだよ。
すごいよね~。しかもずっと同じ人に提供し続ける笑。
だから我々は、そんな奥様達よりは負けられないから、
ちょっとだけ奥様達よりプロだって意識するくらいだよ。」


しかし料理長の歴史や弟子の話を聞くとどう考えても、この料
理長がここに今いるだけ、今のパフォーマンスではもったいな
い。有能な人材がなかなか集まらない話になったときだ。いい
旅館に人は集まる。その話しをするとこうおっしゃった。



「人間はな、舞台でみるからな・・・。」



知名度や装飾された環境で人はモノを見る。仕方ない。それに
対してしかし、こんな山奥だから有能な方は来てくれないと嘆
くのではなく、あのホテルに勤めたい!と思わせるのが必要だ
よとこの料理長の言葉から本質論に入り意気投合。結局「名(
舞台)」というものに良き評判を作るのは我々みんなの責任で
あるという空気になった。

最後に一番記憶に残ったのは、料理長の人生観だった。料理の
プロフェッショナルな世界。自信が見受けられる。このホテル
にこの料理長が居なくなると危機だし、その料理長の腕前を
愛する多くのお客様が要る。

その点に触れるとこんな風におっしゃった。


「自信なんか、いつだってない、誰だってない。ずっとない。
 あるのは気力、努力、行動力、
    その飛び込む力だけじゃないか?その度胸だけだ。」


同席していたTくんもこの言葉に感銘を受けた。いろいろな人
と出会い、色々な人が発するその言葉を僕自身は宝としている。
予定は30分だけ話す予定だったが1時間半くらいも話し込んでし
まった。料理長&支配人&弊社2名。
(ココにはかけないドラマもあったが・・・割愛笑)

こうやって僕達自身が勉強になっている。本当にありがとうございます。

もう一人の方の話は時間がないので割愛。私の心の中にしまって
おきます。質問内容はお互いに短くても核心をついてくる。「行
動力、元気さ、論理力、人脈力」久しぶりに脳がフル回転だった。


~初めての出会い、
  人生の大先輩ばかり、勉強になる
   そんな人に発言権獲得ゲームはクリアが難しい  
    毎回、毎回が就職活動の面接のような気分でもある~
編集 / 2006.12.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【自分達の商品を愛する】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅


価格破壊とはよくいったものだが、一年に2回おこなわれる天
竜の製材関係社が10社ほど集まる販売会「テンダス」。森の
アウトレットというサブネームがあるからわかるがB級品を売
ってはいるが、いやいやナカナカ素晴らしい「材」「家具」が
あった。非常に安くてピックりだった。1万円未満で無垢の天
竜杉テレビ台が買える。さらにヒノキのチップつかみ放題が、
100円と思いきや10円。出血大サービスだ。

実は、同じハッピをきたスタッフが約20名。

「安売り」しているなぁ、この50年もかかってできた材木が
数百円か。30cm×50cmで長さ4mほどあっただろう角材の端っこ
を500円くらいで販売し、物置大にするなど、再利用しよう、
日曜大工しようというのにはもってこいだ。

何より者学びは「みんな好き」なんだ。ということだ。一生懸
命に木のことを説明してくれる。そしてやさしい。色や目あい
節のあるなし、木材の種類、懇切丁寧だ。もっとデザイン性を
付加したらと思うが「自分たちの商品が大好きなんだ」という
のが体からにじみ出て販売されている。

「やす過ぎますよ!!」

いいんだよ。いいんだよ。という声が聞こえる。木のよさをし
って使っていただければいいんだよ。という頼もしい笑顔。
まな板には「ホウの木」がいいんだ。理由も説明してくださっ
た。貴重だが1000円。申し訳なくなる「あぁ本当に自分達
の商品が好きなんだな」と感じてしまう、客側としてこれほど
気持ちがいいことはない。
編集 / 2006.12.17 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【新月伐採はロマンです。】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅

昨年の2月にトヨタの宇宙船地球号(ちなみにバックミンンス
ターフラーが提唱した言葉、この人の本も勉強になる。)とい
う番組で新月伐採の話題が放映。新月の頃に伐採した木は腐り
にくい、割れにくいなどで、バイオリンの名器ストラディバリ
ウスや民族楽器のアルペンホルンは新月の頃に伐採した木で創
られているという話。

日本の吉野林業地域では昔から慣習的にやっていて、天竜では
いま新たに動いている。新月伐採に関心を示す消費者も増えて、
日本の林業の新たな動きがみえる。・・・そんな内容だった。

http://www.tv-asahi.co.jp/earth/midokoro/2005/20050206/index.html

それ以来、弊社の小山社長も色々なところから情報を集め、興
味津々である。「新月伐採」。浜松市(旧天竜市)で待ち合わ
せをした。先日であった木曽檜の南木曽木材の柴原さんからの
紹介だったが柴原さんが遅れ、直接、榊原さんと遠州鉄道
の「西鹿島駅」で待ち合わせ。


「古川さんですか?」


お声をかけて頂いた。やさしいおじ様だ。いきなり、車の中
から「ほら、これみてみな」と新月伐採の木と満月伐採の木の
腐り具合を比較したものを見せられた。



その後、現場を案内していただき非常に驚いた。丸太がたくさん
寝ている土場には、新月伐採した木には製品管理のバーコード
(どこの山から、いつ伐採し、いつ出荷したか)の記録がある。それ
以外の木にはバーコードが着いていない。立米あたり2千円の差がある。
「商品化」して「管理」を徹底している。

2千円のうち800円を
NPOの新月伐採普及協会の運営費に当てているという。


「しかしね榊原さん、実際に科学的ではないっていろいろな
データも出てきていてますが、そのあたりどうなんですか?」


もちろん愚直に聞いたわけではない。その回答に、榊原さん
のストーリー、努力、頭の明晰さ、話すスピードの速さがあり、
かっこよかった、ほれた。

私も、この世界に魅力は感じるが、実際の実際になったときの
信憑性(新月伐採は腐らない、割れない)は怪しいのでは、と
は思っている。


「いや、そうなんですよ。色々と実験を繰り返し、確証できた
とはいえないんです。まだね。でも、実際に私はその効果はあ
ると思うし、この地域にあるもの、この地域の歴史、そういっ
たことを含めた夢、ロマンを売ってるんです・・・」


私はこの一言に安心し、かつ感動した。

フードファシズムが横行し、ブルーベリー素材の様々な健康食
品商品も視覚機能向上のアントシアニン38%含有」というが、
本当かどうか効果とは科学的というより総合的なものであり、
含有量の過剰表記は公正取引委員会から販売中止を受けた
会社もある。


さて新月伐採。


様々な課題が多く眠っている(これは割愛する)らしいが、真
剣に科学的に正しいかどうかそこにこだわるよりもその可能性
に、夢やロマンを追いましょうという。

商売にロマンを。
年間100棟分の新月伐採在庫があるという。


科学ではなくストーリー、
洗脳ではなく啓蒙。


科学が後追いになるか、消費者がどう追ってくるか。
どちらでもいいが、榊原さん、南木曽の柴原さん、
ありがとうございました。


編集 / 2006.12.13 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
浜松市森林林業フォーラム
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅

【今日の問題点は過去の解決策】

浜松市森林林業フォーラム


私は第二分科会のコーディネーターを勤めさせていただいた。


浜松市長と春野森林組合長の対談から始まった浜松の森林林業
の未来をつなぐフォーラム。環境ジャーナリスト、同時通訳者
であもある枝廣淳子さんの基調講演は非常に勉強になった。


1.やさしい声のトーン
2.林業や森林にマーケティングをというメッセージ
3.明日からでも動けることをやろう。


共感する部分が非常に多かった。システム思考で森林林業を変
えようというテーマは、目先の利益に走らず、システムが問題
であるということを捉えて、問題の要所を変えようということ
を伝えていた。


その中でも「今日の問題点は過去の解決策」というフレーズが
私は記憶に残った。

また、実は、基調講演でもうひとつ「多重良循環」というシステム
の好循環を多重にしていこうということのひとつに、NPO団体が
足りないのは「評判」を創ることですとおっしゃっていた。

これもまた言葉は違うがプロモーション力。自己満足でいい活
動してるでしょ、だけでは活動資金も集まらないという自説。
「営業力」という言葉を使わず、「評判」を伝えようという表現。

船井総研でもレピュテーションマーケティングという言葉を使う人もいる。

その評判を、枝廣さんがワークショップで作り上げたシステム図にま
とめてはなすと、なるほど評判(営業力、販促力)が必要だと
ストンと入る。素晴らしい講演だった
さい。

そして、私。
━━━━━━━━
第二分科会無事終了!

コーディネーターとしての学び

 1 時間配分力
 2 会場の空気の気遣い
 3 要約力        

分科会の要約 
 
 1基調講演で話されていたよう「多重良循環」のためには
   「評判」が必要。気を使ってもらおうだけではダメ。
   それぞれに協力して「評判」を作り
   他人のせいにしないで努力しよう。
   その、よき評判は、7つ。

 2 ①山 ・・・合理化機械化コストカット、体制に尽力
   ②製材・・・含水率、乾燥、品質を高めることに尽力
   ③住宅・・・デザイン性をよりたかくすることに尽力
   ④値段・・・木の値段は住宅の1~2割という説明力
   ⑤地球環境・・・運搬エネルギー、二酸化炭素
   ⑥天竜という歴史 (昭和31年の林業ニュース)
   ⑦木のふれあいを市民にもっと(体験クイズより)

 3 明日からまずこのDVDを広めよう!
    
 
所感
 体験型クイズ、昭和31年ニュースDVD視聴
 なかなか評判でした。
 普段林業していて話をなかなかされないかたも
 意外とプレゼン上手でした!
 林研の皆さん、ありがとうございました。

 今後は観光としても
 都市の材木屋と協業してやりましょう。

 本日はありがとうございました。
編集 / 2006.12.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【有限会社小川耕太郎∞百合子社】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅


最近出会ったある方から紹介されていた「蜜ろうワックス」が
ひと月もせずに偶然出会った。まさに必要必然か。地球に優し
い環境にやさしいという商品を謡うとたいていが、理念づよく
なり商品そのもの魅力があっても営業力、販促力が貧疎であっ
て売れない知られていないというのは良くある。

しかし

これは違う。すばらしぃ!!

なかなかパッケージもよく、こだわりが伝わるし、何しろ無垢材
に塗ると仕上がりが非常に打つかしい。売れているポイントは
ホンモノ製品であるだけでなく


1)容易性 (親子でもできる!というキャッチ)
2)経済性 (カレースプーン一杯で約半畳分 という訴求)
3)防水性 (付加価値もあるぞと伝える)
4)安全性 (科学的データで証明)
そして
5)モチロン天然! など

商品力の高さ、そして、PRに余念なしということもある。


蜂蜜ワックス。こんなレアでマニアックな商品でも「無垢材」
を活かす、このワックスは日本中の意識の高い住宅メーカー、
材木メーカーでは噂になっているという。

しかも

なんと会社の名前が一度聞いたら忘れられないものである。
「有限会社小川耕太郎∞百合子社」である。かつて私が受験生
時代に東大模試で「Z×K=∞」というZ会と河合塾が組んだ
模擬試験には無限大の可能性があるというキャッチがあったが、
それを髣髴させる。いやそれ以上。夫婦で無限大の可能性があ
るのだという会社名に、地球への愛のみならず、夫婦のほのぼ
の愛すら感じる。三重県尾鷲にある総勢5人の小さな会社。

さらに

実はこの日報はすでに8日に書いているのだが8日にコレの類似
品にとある所で出会い、私がそれでこの商品を紹介することにも
なった。

かつても日報に書いたのだが、情報を取捨選択せずに、詰めて詰
めて、集めて集めていると、パっとほぼ同時期に同じテーマや同じ
事象に出会う偶然がある。この電撃的な体験は必要必然であると
思うが、この感覚は一種の幽体離脱体験的な不思議さすらある。

これが一週間に2回とか3回とか来ると仕事が完全に乗ってる!
体はストイックだが気持ちがいいのである。


おっと

話がそれた。ルール化するのだった。①地球愛と夫婦愛 ②
安全安心のこだわり ③ニーズ訴求、ウォンツ訴求、(利便性
経済性)、ストーリー性の訴求 さらにブログを見ればわかる
がまめな情報更新で④親近感の訴求。非常に参考になる。

■小川耕太郎&百合子社
      http://www.mitsurouwax.com/

  (追記 2007年のリフォームフェアで出会いました、感謝!)
編集 / 2006.12.06 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【情緒的消費の脱却を。】
カテゴリ: マーケティング/営業

弱い産業ほど、国や県、市町村の行政が介入する。何も悪いこ
とではない。ただしコレは弱いものを補助するという姿勢だけ
ではなく「守らなければならない」という確固たる信念、理論、
必要性があるからマーケットに行政が介入するのである。

すべてが市場原理に任せれば、人の自然体の先にある
・必要性消費、
・欲求性消費(利便性消費)
しか動かないため、美しい像を描くのは難しい。

だからこそ、行政や法律が入ってくる。中心市街地も然りである。
しかしそれは弱いものは助けようという視点が強すぎる。


「いつまで、その情緒的な販売から脱せないのか」


実はである。今日は100~200ほどの林業・製材業関係の
ブログを研究していた。「確固たる意見を発信している」ひと
は多い。もちろん現場からである。そこで、上記のような発言
をされている人がいたのである。とても共感できるし、すごい
いろんな人がいるなぁと勉強になった。


農業や林業は


・情に訴える

方向に走りすぎているというのだ。売れていないから、寂れて
しまうから買ってくれという方向に走りすぎている。だから県
が補助して、地元が補助して、地元のモノを使いましょうとい
うプロモーション。

消費には必要性消費、欲求性消費、利便性消費(楽をしたいか
ら使うタクシーなど)というのがある。確かに、今回のような、
温暖化による豊作で野菜の大量廃棄という現実を国民に伝える
のは、メディアではなく農林水産省たるところが情に訴えてで
も宣伝する必要があるが、では、白菜の魅力、ピーマンの魅力
をどう伝えているかどうかである。


①情緒的消費(販売)
②必要性消費(販売)
③欲求性消費(販売)
④利便性消費(販売)


弱い産業が④の状況を作り出すのは本質的に難しい部分もあるが、
動きとして、①を卒業し、②、③を目指していくことをしていか
なければならない。行政もそれを念頭に支援し続けない限り、永
遠に「情緒的消費」という非マーケット原則から脱却できないだ
ろう。

現実は弱い側の現場から、魅力と面白さを発信する。情緒的PR
ではない毎日の情報を提供する。

1)新鮮さ
2)知識量
3)親近さ

などがスグにあがるが、やはり「ブログ」などのツールを利用し
て現場から情緒的販売を脱して、欲求性や必要性をガンガンに発
信して行きたい。
編集 / 2006.12.02 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ