【QCDPCの順番】
カテゴリ: マーケティング/営業


Qクオリティー
Cコスト
Dデリバリー
Pパーソン
Cカンパニー



「古川さん、例のパンフレット、出来ました!」

留守番電話に入っていた広告印刷会社の営業マン。某イベント
のパンフレットだ。明日でもよいが、なるべく早いほうがいい。
きっちりお約束した今日という納期にお渡ししたいという想いが
伝わる真摯な留守電だった。

私が悪いのである、31日の夕方には完成しますのでと言われ
ながらも、31日は午後ずっと電波の届かぬところで仕事。そ
こで、電波が入ったのはもう夕方過ぎ。留守電を聞き電話をし
た。

「古川です!すみません、連絡遅くなりまして」
(略)
「古川さん!いま、どちらですか?」
「はい、近鉄の大和上市駅です。」
「直接お帰りですか?」
「えぇ、阿部野橋から乗り換えて」
「では、阿部野橋まで行きますよ。」
「8時20分過ぎですがいいですか?」
「もちろん!」

駅で近鉄特急が来るのを待ち、大和上市に出たのは19時9分。
外はもう暗い、吉野川沿いを走り、田んぼに囲まれ、住宅街を
通り、街へと向かう。阿部野橋に着いたら真っ暗だ。そ

「古川さん!」

と、Aさんが改札で待っていた。納期至上主義だから、品質は、
どうだろうと思えば、それまた品質もいい。写真指定、原稿指
定(文書作成)、構図指定を私が作ったものの、これは早い!
いや、速い!そしてレベルも高い作品と仕上がっていた。

Qクオリティ(品質)
Cコスト(価格)
Dデリバリー(納期)
Pパーソン(担当者)
Cカンパニー(会社の信頼性)

これが選ばれる主要なポイント。

とあるが、デリバリー(納期)の早さを何よりもお客様の要望
にあわせ、そして、よきクオリティを提供する。担当者のご対
応が真摯であるからこそできるが、こうなると二つの「C」
価格、会社 というのはオマケのように思えてしまう。

「スピード」「品質」「担当者」 

ここを確実に行う。約束を守る。キチっと成功していく営業マ
ンの凄みを垣間見た。阿倍野駅前のジュースバーでミックスジ
ュースをおごった。こんなのでは対価にならぬ。もっともっと
次回もお願いしたいとリピーターになっていく自分がいる。
スポンサーサイト
編集 / 2006.08.31 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【公務員ってなんだろう】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)

さぁどっち!?初恋の懐かしの同級生に出会う。桜井幸子と
オダギリジョーの摩訶不思議な関係に、最後、カードを切る。


①冒険
②封印
③友情


2字熟語がもつ、重み、深みを端的に表現してくれるCM。
つづく!で続きは見たことないが、http://www.lifecard-choice.com/top.html
で見られる(仕事中は見られません、高速ネットでも15分かかります)


さぁどっち?公務員

①公僕 ②詐欺 ③主役 ④偽善 ⑤神様 


行政、財団法人。様々な角度から、地域に活気を与えている
のは事実であるが、もともともっともっと自立、自発を提供
するため主体、主役は「民」の時代。サポーターである。い
や「個」の時代。一人一人が、他人に迷惑をかけずに「エゴ
(利益)」と「エバ(理念)」を共存させている。公務員と
は何だろうそのように考えるきっかけがあり、友人にメール
をした。そのとき、地方公務員の友人はこう書いた。



「私は公務員はもう公僕じゃないって思っている。」



公僕って言葉には、どこか給料以上仕事をしろという住民の期
待と、それに応える公務員の責任みたいなものを感じるが、
もうそういうものは崩壊していて、われわれはサービス業なん
だって最近は考える。公の仕事≠公務員の仕事であって、NPO
や民間企業など多くの主体のひとつとしてのサービス提供者で
ある。そう続いていた。



行政がある施設を建てる。民業圧迫だと非難される。では、
民業圧迫なら、赤字を出していいのか。それも税金泥棒である。
協業的活性化を狙うが、競合的存在になるのはわかっている。
地元で有名な美味しいケーキ屋さんの横に、税金で作った
巨大ケーキショップ。温泉も然り。そんなのがゴロゴロある。
しかし、雇用が増え活気が生まれているのも事実。私たちは
行政関係に「堂々と利益を」「堂々と競争を」と訴える。


カレのメールを以下まとめた。公務員とは・・・・。


①「仕事」
住民が必要とするサービスを提供するのは「長」の仕事であっ
てわれわれ地方公務員は「長の補助機関」なのだから、条例で
決められた範囲内で、市長に委任されたサービスを住民に提供
するのが職員の仕事であり、それ以上でも以下でもない。


②「決断」
決定事項は住民の信任を受けた「長」の仕事であって、われわ
れは決断をしてはいけない。なぜならわれわれは住民の信任を
受けていないから。
だから、「上の命令ですので」「上に聞いてください」「結論
を出さない」というのは至極当然、というか、それ以上は「長」
の仕事だ。委託した清掃業者が勝手に集配を増やしたり減らし
たりというのは許されないでしょう。この辺の役割分担は中田
横浜市長がよく言っていて、そのとおりと思う。


③「プロ」
ではわれわれは同時に行政のプロとして、素人である「長」
に対してメニューを提供する義務はある。だから「前例がない」
と言うのは言い訳にならない。


④「しがらみ」
さらに、しがらみがないというのは強みである。今までは地域の
しがらみが多くのマイナス面を生み出してきたのだから。


⑤「情熱」
サボっているやつは確かにいる。でも、それも民間企業だって
同じ。公務員だからこうしなければならないという意識は、一
方で官尊民卑を育てる土壌になってきたのではないかと私は思
うのでもう民間とわれわれは一緒。サービス業者だと思ってし
まうのがよいのではないですか。



なんだか、このメールを読み、スカっとした。そして実はもっ
ともっと感動したのが、自分の仕事に対して整理が出来ている
この僕と同い年の同級生そのものに「尊敬」であった。


行政(公務員)、財団法人(職員)、株式会社(社員)
なんとも違うような団体さん、利益意識が厳しく、民間の方
からキビシイ声を今日は聞いた。俺らは頑張ってんだ!とい
う民間の声、逆に今は、公務員や財団法人がなめられている。


市場化テスト?うまく進まない?民間にやらせたくなければ、
公務員がやればいいじゃない。

同じサービス業として、熱い仕事を競演したい。
編集 / 2006.08.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【運がいいとは何か】
カテゴリ: マネジメント/自己成長


昨日は敢えて結論を言わずに日報を閉めた。あの本に出会って
幸せとはあの踊りだ!(マイムマイムでなくてなんだっけ)
タ、タ、タ~ララ~ララン♪という踊り。前の人の肩に両手を
乗せて、両足ジャンプで二歩下がって三歩進む。これも幸せと
は何かをあらわしているんだ。そう思った。


さて、今日は運がいいとは何かを書きたい。いまあるホテルの
営業課長がAG(代理店)向けの営業を始めた。そのメール支
援で今日思ったのと、たまたまゴミ同然にされていた会社の先
輩の書類をチラっと見てまた「運がいい」とは何かを思い出し
た。


先輩の著を紹介したい。
(多少違います)


「私の高校時代の知人に3年間で100人告白した人がいる。
学校には400人の生徒がいたから、ほぼ4人に1人告白し
たことになろう。自分自身がカッコイイ男でないことはわかっ
ていた。だからこその告白。ある意味もちろんだが、ほとん
どが惨敗だった。しかし、なんとこんなカレにも3年間で3
人の彼女が出来たのだ。それもその中には指折りの人気の子
も入っていた」

・営業で成功するコツ

①数(量)をこなすこと
②自分がもてないことを分析していること
③逃げないこと(あきらめないで前向き)


なるほどと、そんなカレ(この話が本当かどうかは知らな
いが)結果的に運がいいという事実に出会ったのだろう。

「あいつは運がいい」
「あいつはついてる」

確かに、裏マージャンの世界では有名な雀鬼「桜井章一」
に言わせれば、運とは「天運」と「地運」という二種類が
あり、天運は天から授かり、人に平等に与えられ、地運と
は努力で自分の地の元へと持ってくる運という。だから、
地運は絶対に変えられる。のだと。

「いや~よく役マンでまして。」
「すごいねぇ」
「だって。毎日徹マンしてますから笑」


運がいいというのは、絶対的に確率がいいというのではな
く、天運上もつ確率というのは皆平等であり、確率×回数
=結果であるのだから、回数が多いということが運を引き
起こしている。人脈、ビジネス、研究、広がり方が違う。
しかし不思議なことにその回数を高めていると、確率があ
がる瞬間が来る。あれもこれもつながる!という時がある。

これにはすごく納得する。有益な人材に出会えたければ、
とあるグループリーダーは経験値として統計的に逆算し、
だから少なくとも何人と出会う必要があるというアドバ
イスもしていただいた。(栃尾日報より)


私は具体的に、
1)量をこなす
2)たまには、いつもと違うことをする

コレによって運を寄せたなと思うことが多々ある。


小さなことだが、電車に乗って、偶然昔の友達にあったり
することはあろう。「お!偶然だね!」と電車の中で出会
うことがあれば、当然、隣の車両にいて出会えなかった旧
友もいるはずだ。隣の車両に旧友が乗っていたとしても、
ずっと一箇所に座っていたら出会えない。ちょっと電車の
中を数車両歩けば、出会える。(そんな経験実は私は多い)
(こないだグリーン車で稲本に出会えたのもそうか、笑)


ちょっと歩いてみればいいじゃない。
可能性は広がるのだ。

そして、たまに違うことをする。いつもと違う帰路で帰
ったら何か違う発見に出会える。だから、この運がいい
とは この2点が、必須なのである。

編集 / 2006.08.27 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【幸せとは何か(ミーム)】
カテゴリ: マネジメント/自己成長



「幸せってなんだろう」

誰もが考える。もちろん、いつもいつも、恒常的な幸せという
のは中々少ないし、比較することによる優越的な幸せというも
のが世の人間の多くの幸せを占める中、整理や片付けにおわれ
ている今日なるほどと思うシーンに出会い、ある本を思い出し
た。


ミームというのは文化的DNAのこと。利己的な遺伝子(リチ
ャード・ドーキンス 岸由ニ訳)という著書が出て、そこで初
めて日本で耳にするようになってから、生物学的なDNAと文
化的なDNAについて論じる本が多くなった。「いじわるなミ
ーム(だったかな?)」という著書を大学時代に読み、マズロ
ーの欲求とは違う視点で、幸せとは何か、欲求とは何かという
のをわかりやすく説明していて、なるほど!と思うことがあった。

そこでその本を思い出し、勉強した(受け売り)ので、ここ
で紹介したい。



■ある哲学者ある小農家 の話■
 幸せとは何か・・・・



「先生、私は貧乏で、部屋も小さい。ちっとも幸せではない。
どうしたらいいんですか?」


「そうだね、まず、鶏を10匹入れなさい。1週間後また来
るから」

と、その小さな農家はとりあえずそうした。
さて一週間後。

「先生!部屋が大きくなるどころか、狭くてイヤでした。」

「そうですか、では、次は豚を3匹入れなさい。1週間後
また来るから」

その言うとおりにして
一週間後。

「どうでしたか?」
「先生!ますます狭くなりましたし、また臭くて最悪です。」
「そうですか、では、ヤギを2匹入れなさい。」

半信半疑でも、とりあえず、言うとおりにした。
そして又一週間後


「先生、もう僕の家は、身動き取れるところがあるかどうか
です。ちっとも部屋は大きくなりませんし、もうイヤです。」
「そうですか、ではこれで最後にしましょう。
  牛を1匹入れてください。」

(ここまでやるか先生よ)

カレはそれでも言うことを聞いた。もう寝るスペースがある
のが精一杯であった。その一週間後、哲学者は来た。そして
いつもと違うことをいって、帰っていった。


「それでは、今まで入れていた家畜を全部外に出しなさい。
その一週間後私は来るから。」


その一週間後、また哲学者は現れた。そして、農家の彼は大
いにこう叫んだという。


「先生!すごく部屋が大きくなりました!すごい幸せです。」


編集 / 2006.08.25 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【それがトップというもんや】
カテゴリ: マネジメント/自己成長


「大輔、大ちゃん、ふるかわ、古川さん、古川君」

仕事の支援先では色々な名前で呼ばれている。たまに「先生」
といわれることもあるが、コレはどうも気が引ける。プレーヤーでは
ないが、お付き合い先のサポーターというところか。

今日の様々な団体集まる会議でも色々な人が色々な呼び方で呼
ぶ。それとこれとは関係ないが、本日の委員会でも、それほど
に異種の集まりが、ひとつのことを行っていくので、なかなか
まとまるのは大変だが大いなる学びが私にいつもある。

そこには、自分の欠点をたまに私にもらしてくれながらも、大
切な要所は抑えてズバっと議事を進めるリーダー格がいる。

今日もすばやく分担することを決めてプロジェクト進行への道筋
を提示した。流石というところか元気がある会議だった。

2時間と時間を決める会議ほどズバっとうまくいく。帰りしな
夕暮れの太陽を前に、吉野川に光るそのまばゆい水面を見なが
ら、車の中で、そのリーダー格の中の一人にこういわれた。
ちょっとした沈黙のあとにこう口を開いた。


「やっぱりな、トップというもんは、若いヤツとかこれから稼
がなければならないというそういう人に「機会」を与えてやる
のが大事なことだよ。」

こういうことだろう。業界が停滞してるっていうけど、それは
集まって話している人たちがもう稼がなくていい人だったり、
時代の流れにまったくついていってなかったりする人だったり
する。業界が停滞しているんじゃない。考えが停滞してるのだ。
ということだ。


さらにだ「いつまでも、自分を含めた年寄りが集まってちゃダ
メさ。彼らに発言の場を与えて実行してもらうように場を作る
のが大事だよ。」そう自分はまだ若い50代なのにそういう。

20代の女性もここにはいる。キチっと発言する。彼女の意思も
素晴らしいし、その素晴らしい場を共有しようとするおっちゃ
んたちも素晴らしい。

さらに会議後、もう一人のリーダー格には「この子はね・・・」
と、かなり未熟者でありながらも私に色々な仕事を任せてくれ
ている理由をある業者さんに説明をしてくれた。そこにも似た
ような意味を込めてくれている。

「自分の意見もあるけど、それは抑えて、全体がうまくいくよう
に段取りするのが俺の仕事だ」

そんなことをいつも私に伝えてくださる。なんでこの地域の人
はこんな熱い人が多いのだろう。いいたいこともズバズバ言う。
こんな熱いオッチャンらと一緒に仕事が出来ることは幸せだ。
ちょいとした今日の感動。

本日のルール化
1)トップとは実働で見せる
2)トップとは部下に任せる    

このあい矛盾していることを矛盾なくやっているトップがいい。

編集 / 2006.08.21 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【生徒のためにもヤセル】
カテゴリ: マネジメント/自己成長


友人と友人の彼女さんと食事をした。彼女はこの9月から、中
学校の音楽の先生になるのだという。専門は打楽器で吹奏楽の
顧問にもなるそうだ。先生になりたかったがなかなか口がなく、
ようやく念願かない、三重県伊賀のちょいと田舎の中学校に就
任するそうだ。映画、スイングガールズを思う。


さて、来月から先生のその彼女、背は小さくとても可愛い女の子。
という雰囲気だ。


「いじめられたりするなよ?!」冗談で彼氏さんである友達は
いじる。彼女さんに出会うのは2回目。なんか以前であった時
と雰囲気違うなと思ったら12kgも痩せた(ダイエットした)の
だという。


すると25歳の彼女さんはこういった。


「私は、やると決めたことはやってきた。だけどダイエットだ
けは全然だった。こんど、学校の先生になって人に教えるとい
う立場につくのに、自分への約束も守れなきダメだねっと・・」


驚いた。


可愛いというのを訂正する。いや、訂正はしないが、それ以上
の強い意志というもののすごさ、そして、それを誇張して自慢
するわけでもなく、私は音楽が好き、私は教えるのが好き、だ
けど自己矛盾はイヤというそんな強さを背の小さな彼女さんか
ら学んだ。

自分への約束を自分で達成していく、これほど難しいことはな
い。自分がちっちゃく思えた。いい先生になるだろうな。あり
がとう。応援します。
編集 / 2006.08.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【安心安全の「職」づくり農水省を辞めて】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
久しぶりに大学の研究室同期のIくんに会った。彼は4年前に
農水省に入省し、霞ヶ関で1年目の激務をこなし、その後、宮
崎県都城の某農政局で仕事をしていた。さてそろそろまた霞ヶ
関へと戻るだろう時、今年の3月にメールが来た。

「農水省をやめ、某市役所へ転勤します。詳しくはまた。」

詳しく聞きたくて仕方がなかった。いま偶然にもボクの実家の
隣の駅に嫁さんと一緒に住んでいる。多摩ニュータウンも開発
しきって、ボクの地元もずいぶんと変わった。コストコ、カイ
ンズ、賑わいと車の渋滞とその近くへ引っ越したそうだ。

さて。お盆ということも会って連絡を取り出会った。
カレが何故、
安全安心の「食」作り→安全安心の「職」作り

の農水省を辞めたのか。
自分たちの職づくりばかりで農業の現場から遠すぎるとか。

最初の一声は「やっぱり、古川、世の中、経済と法律、これを
しっかり知っておかないと蚊帳の外だよ。」と農水省の仕事を
経験したからこその発言にはグっと来た。やはりすごい。さす
がである。

そう入っても大切なのは「法律」と「経済」を知った上での
現場志向だ。そこで、いくつかの地方自治体を調べて、年齢
制限なども考慮しながら(ちなみに千葉県市川市は55歳く
らいまで採用可能)試験を受けたそうだ。

某市役所の中途採用には約1000名もの人が集まった、その
中で募集は9名。宮崎から何回か東京都某市へと、試験のため
に通い、漫画喫茶で休んで、宮崎へ還るという日々を過ごした
そうだ。必要必然か。合格する。いま企画課で相当色々な仕事
を頼まれており、指定管理者制度やハコモノ企画などの仕事に
従事している。たまたま、今のボクの仕事との話も合う。

学生時代は「農村計画」という視点で、まったく違うところに
いたが、またお互いに共通の視点で戻ってこれたのは嬉しい。


「いや~、何から何まで一人でやらなきゃいけないし、
大変だけど、面白いね。セミナーとか色々勉強しような!」

ボクの地元に引っ越してきたんだ、大好きなラーメン店へ案内
したら店がなくなっていた。相模原の長浜ラーメンはいずこ?
地元の景色やお店は代わり行くも、とにもかくにも、大学時代
の友人は変わらぬ、それが大切だってことだ。


1)法律を知る
2)経済を知る
3)現場で働く           
                   気持ちいいだろうに。
編集 / 2006.08.14 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【まやかしマーケティング】
カテゴリ: マーケティング/営業


騙されるなよ、商売は騙しあい。

百貨店がセールをはじめた経緯がかつて日経新聞に載っていたが、
それはいつも毎日消費者を騙しているから、そのお詫びをするため
というところから来ていると。そんなお詫びの「セール」もまた以下の
ように騙してるんだから・・・笑。

一般的なセールスについてと対比してしかし、
実際はそれぞれに対して、ホンネはこう思う。


数量限定   → 個数明示とシリアルナンバーを書いてくれ!
季節限定   → 春、夏、秋、冬 と書いてくれ!いつだよ。
期間限定   → 一年中売ってるじゃんか!!
残り後10個 → もともといくつ在庫があったかいってくれ!
オマケ付   → オマケ(特典)なしの値段を教えてくれ!
値引き    → 原価率(仕入れ値)を教えてくれ!!

と。

これはイジ悪いことか?ひとはこんなつまんない小手先のテク
ニックに騙されて財布の紐を緩める。つまんないことを教えて
いる。そうはわかっていてもだ。この私も騙されるがやめられない
現状が世の中にはある。


「今なら、数量限定の○○がつきます!」

大義名分があるならよい。
しかし百貨店で見たその商品に「騙されるな」「騙されるな」と
念じるが、やっぱり欲しい物は欲しい!オトクでなくてもオトクな
感じが欲しい!それを手にとってのマーケティングのスキルが
いくたもある。

知らない方が幸せかも・・・。

いつかはこんなつまらない小手先テクニックを全部暴いて、
技術と人情の結晶である商品力と生活力(農林魚業+サッカー
+音楽)だけを解いて実行する人間になりたい。

だからいまは勉強なのかもしれない。

編集 / 2006.08.12 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【こだわり と へんくつ】
カテゴリ: マネジメント/自己成長

 

谷くんと明日(今日)の打合せをしながら会社から帰る。淀川を
歩いて渡る。夏場で蒸し暑く、空気が悪いといえども、気持ちが
いい。

そんな時、船井総研での仕事において「こだわり」のない人のほ
うが支援(成長)しやすいのか、「こだわり」がある人のほうが
支援(成長)しやすいのかそんな話題になった。全然提案を聞い
てくれない「こだわり」もあるしね。もちろんそんなの「へんく
つ」って思うけどさ。そんな話をしていとだ。



「じゃぁ、こだわり と へんくつ」って違いってだと思う?


「利益が上げられているか上げられてないかじゃない?」



利益が上がる。すなわちパイが少なくとも規模に見合う客を取
れているばあいは「へんくつ」。お客がついておらず、自分だ
けの独りよがりの「へんくつ」を「こだわり」と言うのか。

高嶋専務がこういった。「やりたいこと、夢、それも大事。し
かし、お客様(相手)が見えてないのは、無味蒙昧ですよ。」

単なる自分の自己満足の「こだわり」から、
成長した先の「へんくつ」へ。客があってこそのビジネス。
当たり前だが「偏屈」にならぬようにと心がけていこう。


編集 / 2006.08.09 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【月月火水木金金♪】
カテゴリ: マネジメント/自己成長



海の男の艦隊勤務「月月火水木金金♪」と謡う。
よく父が口ずさでいた。昭和の軍歌だ。


~~~
高橋俊策作詞  江口夜詩作曲

朝だ夜明けだ潮の息吹 うんと吸い込むあかがね色の
胸に若さの漲る誇り 海の男の艦隊勤務
月月火水木金金(ゲッツ ゲッツ か~スイもくキン!キン!)

~~~


わが辞書に土日祝日はないという意味である。「土日返上で働く
という意味。もとは大日本帝国海軍で用いられたのが始まりであ
る。第二次世界大戦中には、勤務礼賛・勤務強制という意味で、
国民の間で広く使われた。 」とウェキペディアにある。


働け!働け!国のために働け!という意味でもあるが、この流
行歌の裏には、実際は家族をも想い、郷愁の念も含まれていた
りすると聞く。

海軍とは特殊な存在、
 海とは特殊なもの。

この向こうに愛する人、たまにしか合えない人を思うとなぜか
海での仕事も頑張れたという。


歌のメロディがポップなイメージであり、働くを苦とせずに、
月月火水木金金♪楽しもうというイメージすら私にはある。
二日間、私は大きな海、大きな空を見た。水平線しか見えない。


山をベースに月月火水木金金♪
海をベースに月月火水木金金♪
農をベースに月月火水木金金♪
教育をベースに月月火水木金金♪
学問をベースに月月火水木金金♪
○○をベースに月月火水木金金♪


商業臭の匂わない月月火水木金金♪に何か人生の醍醐味と仕事
の醍醐味を感じる。人生の中に仕事があるのではなく、仕事の
中に人生がある。そうあればこそ、何(愛の対象)をベースに
月月火水木金金♪か。海と空を見ると大切にするものを失わず
にいたいと思えた。


060806 
長崎空港→伊丹空港 

>父より返信 (2008年8月4日に、この父のメールを追加した)

海軍の曲(含歌詞)と陸軍の曲の違いについて、
また海は英国式規律で教育訓練されたので
ジェントルマンでフェミニストであること。

船が女性のSheであるから船には女を乗せない。
海がSea(She)、海の文字の中に母がある。
そんなことも触れてくれれば良かったが・・・。
月月火水木金金では実際はかわいそうw!

海では情報の欠如のためアンテナを張って
何んにでも興味を持って物事を処理して、生きてきた。

だからインターナショナル感覚があるのです。
今は時間的な余裕もなくなく全てが変わって
魅力のない仕事場になった気がして悲しいね。


編集 / 2006.08.06 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【なんにも船長、いうこと機関長】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
長崎県
五島列島へ。

青々とした海
青々とした空
青々とした心

元気になる。






日本には十数箇所の石油の備蓄基地がある。父はそのひとつで
長崎県五島列島の上五島という、五島列島の5つの島のうち一
番北に位置するところの備蓄基地で働く。日本が消費する石油
の約7日分を貯蓄し管理している。日本郵船の船長を引退して
から、単身赴任で5年目。地域の人に溶け込んでおり、仕事も
充実、健康的な暮らしを送っている。家族バラバラなのが難だ
が、コレも人生。私は、両親に感謝している。


さて、仕事の話をする。やはり人生の経験者だ。自分も30
にもなれば、船長という仕事そのものに違う視点で見ている。
管理職としての「船長」という仕事の深みを聞いてみた。


「ところで、船長ってようするに何をしてたのさ?」


父は、いまさら聞くのか息子よ、という感じだ。


「え?船長の仕事?・・・なんにも船長・・・。昔からよく言
われてたけどね、あと機関長はね、船長の言うこと聞かないで
エンジン室で黙々と自分の仕事をするもんだから、よく、なん
にも船長、言うこと機関長っていうんだ・・・」



そんな冗談のあと、プレーヤーとしての船長、マネジメントと
しての船長の仕事を教えてくれた。タンカーの船長時代、よく
中東へいき、数ヶ月家に帰ってこなかった時もある。父が何を
どんな仕事をしているか当然しらない。ただ、海外のお土産や
外国の話をしてくれるときは嬉しかった。これが鉄の材料だ!
といって鉄鉱石を持ってきてクラスメートにもあげた。休みの
ときは休みでずっと1ヶ月くらい家にいて船の仕事とは不思議
だなぁとは思っていた。


三等航海士→二等航海士→一等航海士→船長


船長は実際に舵取りをしない。ほとんど運転はしない。組織と
しての舵取りをするのが主な仕事である。最終的な責任者とし
て存在する実務者というより、完全なる管理職。船が事故にあ
い沈没するとき、乗客や従業員を全員外へ出し、自分が最後ま
で残り船と共に沈むという美談があるが、その美談に近い仕事
のようだ。(実際はそうなのか!?)さて船長の仕事内容だ。



1)しくみをつくる
2)ひとを動かす
  ①(文書を作る×口頭で話す)
  ②(やらせる×自発的にさせる)
  ③→継続させる
3)責任を取る


キャプテン翼に出てくるようなキャプテン(船長)とはイメー
ジが違う、船長という管理職。それが、古川流なのか日本郵船
流なのかわからないが、なるほどと思えた一言があった。


「いつもいろんな船に乗るでしょ?ある船に乗るだろ?いろん
な船員(従業員)がいるけど、この船が効率的に動き、しっか
り働けるようにするわけだ。そのために新しい仕組みを入れる。
文書も書く。権限というのもあるけど、とにかくやらせる。し
っかりと続くように管理する。自発的にさせる。港に入るとき
など、ここぞというときは自分で舵も取ることもある。ただ、
大事なのは、仕組みを作り、それを継続させること。」


「だから何年か経ってまた同じ船に乗ることがあるけど、あぁ
自分が作った仕組み、自分がいなくてもうまく廻ってるし、
続いているんだなって感じるときは、いい仕事してたねと自分
でも思うよ。」


その人がいなくなっても、残っていく仕組みを作る。そして
永続していく。それが「なんにも船長」の凄みだ。

船=ひとつのプロジェクト、船長=課長部長ととらえてもよい。
ひとつひとつ、プロフェッショナルとは何か、プレーヤーとは
何か、マネジメントとは何かを学べた。

                      父から学ぶ
編集 / 2006.08.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【お薦めとお勧め】
カテゴリ: マーケティング/営業

「ススメる」

1番をススメるのと、プラスαをススメるのと二種類ある。
漢字字典をみれば、勧める(奨める)と薦めるは意味が違う。

薦める・・・たくさんあるなかで「これ」をすすめる
勧める・・・促す、前に押し出す、加える


接客で大切な基本。2つのススメ。今日は旅行プランのご案内
を受けたが、最初にお薦めをススメてくる。これが一番いいで
すよ!これは入りやすい。そして、話が弾むにつれて次にこん
なのもありますよ!とプラスアルファを勧める。このふたつの
おススメで上手に、人は落ちる笑。


今先ほど、福岡の長浜ラーメンへ。「外モノですか?」「大阪か
らですよ」「じゃぁ、お薦めは、特製長浜ラーメンか明太子長浜
ラーメンだね。」と、そのあとに、忘れてはならない追加のお勧
め。


「餃子はいかが?ビールはどうですか?」


という二つのオススメ。単純かもしれないが、この基本ルール
だけでも徹底していれば、いいのではないか。お客様も財布が
緩むが、意外と嬉しいものだ。たっぷり、特製長浜ラーメンと
ビールと餃子を食べてしまった。あぁ。また太る!?


                 ミスタードーナツ@中州
・お薦め アップセル
・お勧め クロスセル  
編集 / 2006.08.03 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【夢かお金か安定か】
カテゴリ: マネジメント/自己成長


林業の理念
製材の理念
住宅の理念

あるとしよう。理念とは、今回はお客様志向というよりも、美
しい仕事ということにしておく。山仕事をし、体を動かし、植
林し、下草を刈り、間伐(果物で言う間引き)をし、大切に育
てる。そして、伐採し、丸太を送るまでの仕事。かたや住宅の
理念も、デザインを付加し、地元材利用で地球に優しい家を推
進している。サービスレベルも高い。

しかし、製材をやっている工場の人というのは、どうも理念性
がひくく、仕事はルーティーン、つまらない、美しい仕事では
ない、という風潮がある。

山林は理念があり何を仕事にしているか山仕事はわからない、
事務所の人たちは冷房を聞いた中でパソコンに向かってて、
楽しているように見える。セクションごとに共通理解がなかな
か難しい。ホテルでも、フロントは名にやってるかわからんが
調理場はいつも忙しい!手伝ってよ!ということだ。全体の各
セクション(部署)があって会社の魅力があるのに、バラバラ
になりかかる怖さがある。


「古川さん、工場で働く人たちに、山から家までの話をしたり
何故働くのか、何のために働くのか、意識改革してくれます?」


ということだった。今日は、16時から17時の1時間。工場の仕
事を少し早く切り上げ、プレゼンをした。

事務所に工場の人が集まった。なんだか、疲れた~という顔。
「これも、自給分でますよね?」と気だるそうに集まる工場の
社員。①業界の動向、②木を扱う楽しさ ③何のために働くか
④仕事と人生 ⑤レンガ職人の話をした。

レンガ職人の話は、レンガ職人に、君は何してるの?と尋ねる。

1)レンガを積んでるんだ!
2)壁を作ってるんだ!
3)安心で安全の家を作ってるんですよ



1)製材してるんだ!
2)無垢のフローリングを作ってるんです
3)安心で安全の健康住宅を作ってるんですよ

そこまで考えているか。この材があなたの知らない人の足元に
いって幸せに暮らす家族のことを考えていますか?と伝えた。
この質問の答え方で仕事への考え方というのが出るというお話。
夢か、お金か、安定か。仕事をしている時間が人生の時間のほ
とんどを閉めるに、お金のためだけじゃ寂しいでしょう。と。

ただ、
2割がすごく食いつきがよく、6割がへぇなるほど、そうだね
ぇと、笑顔が増えていた。ただ、下位2割は私の話に無関心。
まだまだだと反省。きちっとお金ある仕事にしてあげることが
大切だ。夢かお金か安定か。会社側はすべてを与えてあげたい。
編集 / 2006.08.02 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ