【85年】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅



本日は某美術大学にて木工、木造のデザインの専門の教授と出
会った。今日の目的は、ただの顔合わせ。その予定が、ずいぶ
んと話が進み、私が大学の講義の中で学生にプレゼンをして、
デザインコンペをすることになった。

私の最終的な目的は、美術大学と山村(産業)のコラボ。そこ
が正式なビジネスとしてたどり着くには、時間がかかるとは思
うが、まずは、一歩一歩と小さなところから始めたい。


さて、今日の題名は「85年」



<木>と人間のかかわり展’85
 「TO HAVE、 TO BE WITH WOOD」



実は、この教授が、「木」と人間のかかわり展というイベント
をクリエイトした年なのである。日本デザイン学会を中心とし
て、林野庁、京王電鉄に、協賛してもらい、京王デパートにブ
ースを展開。多くの民間企業が参加し、エネルギー、木工、デ
ザイン、世界の木の展示、商品の陳列、住宅紹介、などのブー
スをおいた。癒しの空間がたくさんある。木とのふれあい、自
然という訴求内容だ。いまの愛知博覧会のようだ。

「TO HAVE、 TO BE WITH WOOD」
というタイトルもカッコイイとは思う。


しかし連続性がなく、いい形では終わらなかったという。その理
由は、いろいろとあるが、ひとつに「85年」というところに私
は目がいった。その年は「つくば85」なのである、科学の先進
性を謡った博覧会でにぎわっているころという時代背景であるの
だ。「時流」というのは、非常に恐ろしい。教授はもう二度と、
このようなイベントはしたくないという。果たして、今ならウケ
ルのか。ウケルならば、それは、教授が先見性が早すぎたという
のだろうか。私は木が好きだ。確かに好きだ。だから、今動いて
いる。私以上に教授は木が好きだ。昔から動いている。もし、今
が自然志向、無垢の木の志向、というのがただの流行であるなら
ば、私はなんと「ミーハーでちっぽけな存在」なんだろうか。

時代背景と逆行しながら、様々な過去の頓挫したプロジェクトの
素案を見せてもらった。今ならある程度加工すれば絶対に成功す
るだろう。そう思えてならなかった「85年」というキーワード
から、時流(時代背景)の怖さを知る。タイミングは大切だ。そ
して、今の自然志向という時代背景もいつ廃れるか不安である。
スポンサーサイト
編集 / 2005.06.25 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【積小為大(二宮金次郎)】
カテゴリ: 理念と利益

 
二宮金次郎といえば、若い頃の姿しかみな知らない。本を読み
ながら薪を背負って歩いているあの少年の姿である。なぜか、
昨年、愛知県の某動物霊園の調査で「金次郎」がいてびっくり
したのだが。それほど勤勉の象徴としての知名度が高いが、実
は、もっと違う側面での功績の方が大きい。彼は、疲弊した農
村を救ったのである。農産物を金に変え、疲弊した中小零細企
業(農家)にも、貸付をし、また、コスト削減の様々なヒント
を実働と共に教えていった。そう、現代風で言えば、道徳心の
ある金融&実働コンサルタントともいえる。後年の功績から考
えるに、彼の有名な言葉をひとつ紹介したい。


道徳なき経済は犯罪である
経済なき道徳は寝言である


といっている。そこに経済という言葉がある。金次郎は、勤勉
の象徴としての「道徳」という一面でしか脚光を浴びていない
が、実は、彼の本質には「経済」があり、「お金」があるとい
うことを忘れてはならない。


(ちなみにこれを私は
理念なき利益は犯罪、利益なき理念は寝言といいかえている)



あの背負っていた薪。その薪も25歳のとき、薪が付加価値の
ある換金商品であることに気付いた。金次郎の住んでいた村か
ら、現在の小田原市街まで運んで売っていた。「薪山三倍」と
いう事実に気付き、山代を1とすると、切り賃が1で、運び賃
が1で3倍になっている。そこで、自分で切って自分で運べば
儲けが増えると考えた。少年時代の薪とは違う意味で、青年時
に、薪を運んで金に変えた。すると、単なる貨幣経済の象徴と
いうのか。

いや違う。

彼はその稼いだカネを低金利で融資し、利息を得ることを知っ
た。それが、薪の販売以上であると知った。そこで、簡単に言
えば困った人、疲弊した人にお金を低金利で貸して、事業を展
開した。江戸時代の末期にて、既に、複利金利の概念を導入し
ていたし、金次郎ファンドというものをつくった。その後は、
稲作の冷害対策を成功させ、また、江戸幕府に頼まれて北関東
(栃木二宮町~日光)の農政建て直しを行ったりと、様々な功
績が残されている。

それが、猪瀬直樹の著書である。

「二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか?―人口減少社会の成長戦略」
(発売当初は違う題名の本だったと思う)


著書は、江戸時代末期と現在が1)人口停滞2)ゼロ成長時代
という点で類似しており、今は、二宮金次郎の生き方にヒント
を得るべきであるということが一貫して書いてある。ロックフ
ェラー、西武の堤、二宮金次郎との共通性を例に、お金のあり
方の「汚い」部分も解釈を変えられる視点が得られるだろう。

コンサルタントという職業、金融業会、薪を背負った金次郎の
大人時代を知りたい、そんな人にはお勧めの本である。私が感
動した、実働コンサルっぽいシーンをひとつ。



~積小為大(せきしょういだい)~


小を積んで、大を為す。「毎日きちんと節約したものを貯めて
いけばかなりの量が増える。」これを「積小為大」と金次郎は
述べた。ようは「塵も積もれば山となる」であるが、その実例
がよい。


ある借金のある宿屋・・。高利の借金を精算し、金次郎が低利
で融通した。そこまではわかる。その際、飯炊き女中にこうい
ったそうだ。


「釜や鍋の底につくススが入用なのでせっせと磨いてとってく
れや。それが一升たまったら二文で買ってやろう。何升でも持
っておいで。」


これにより、実は燃料効率も変わる。十本の薪が八本で済む。
ここから、「大きなことをしたいと思えば、小さなことを怠ら
ず勤めるがよい。常人は、大きなことを望んで、小さなことを
怠り、できにくいことに気をもんで、できやすいことを勤めな
い。それゆえに、ついに大事をなしとげられない」と弟子がこ
う説明してる。


しかし、金次郎はこのコスト削減、小さなことをやろうという
ことで終わっていない。トヨタの伝統に「用紙一枚」でまとめ
るという不文律があったそうだが、これも、目的は、紙の節約
だけでない。一枚でまとめるために、要領を追求し、頭が整理
される。金次郎もコスト削減ののち、そのお金を、女中にまわ
し、そして、また誰かに貸して、利息を得るという方法に繋が
っているのである。

ぜひオススメ。

編集 / 2005.06.19 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【指定管理者制度に日露戦争乃木軍を重ねる】
カテゴリ: マネジメント/自己成長


とある村に来た。ダムマネーと揶揄されながらも立派なホテル
が村立として存立している。最初は、目新しさに華が咲き、観
光客もあとを絶たなかった。しかし、10年もたつと、新しさ
は消え、人と人の繋がりも薄れ、また閑古鳥が鳴く。財政はも
ちろん常に赤字で、村の税収(自主財源)はビビたるもの。ホ
テルがガンガン儲かって、村が潤う。そんな夢を見た村はいく
つでもある。しかしだ。

はたして、その原因はダムマネーという補助金のせいなのか、
ホテルを支える財政部隊である役所のマネー感覚が麻痺したか
らなのか。私は世間がその原因を「ダム」「逼迫財政」として
叩くところに、疑念を想っている。違うのではないか。どうも
「小さな人の心」にあるように思う。



さらに、今では、そのハコモノを「指定管理者制度を使おう」
という流れが現在の潮流である。要するに、ハコはいいものだ
が、運営を民間のひとに任そうという制度である。総入れ替え
すれば、赤字は減るしよいだろうという考えた。そうなると、
村への想いより経済優位性を重要視する。外部の民間にお金が
落ちて、村が潤うということになるのは、やや残念だと想うが、
周りから見てそのハコモノが機能していない理由を組織内の人
間と見る場合が多い。


そこで、この話を、
日露戦争で203高地を攻撃する時の話に例えてみる。徹底的
にダメ将軍と叩かれる乃木。乃木軍はこの戦線で多くの死者を
出し続けた。乃木の下につく具体的戦略を練る伊地知少佐は
「無能の極み」というほどに司馬に叩かれている。このとき、
外の部隊は口々に文句を言う。この部隊のトップの無能さによ
り多くの優秀な戦士たちを死者と腐らしめているという。「俺
ならすぐこうやるのに!」といわれるが、相変わらず変化のな
い乃木軍。総司令部の命令も無視するというあまりだ。そこで、
これ以上の死者は増やせまいと、児玉という別の陸軍のトップ
が、直接入り込むのだ。


これ以上は、本が手元になくて、うまく表現できないので止め
る。結果、児玉が現地に赴き、横槍を入れて、戦況を打破した
のだが、このシーンは、やや腐りかけた組織に、そのトップの
気持ちを踏みにじることなく成功させるといういい事例という
ことがおもしろいのである。

児玉がすごいのは、「乃木・伊地知、自身が、軍を悪くしよう
と想ってやっているわけではない」ということを尊重して、自
らは黒幕的にアドバイスをし、さらには、背中を見せて行動も
したという点である。


結局は、人間なのである。結局は、腹を割って話せるかという
ことである。結局は、人間みな自尊心を持っているのである。
結局は、頭ごなしに叩いたらいけないのである。結局は、情熱
理論派が組織にばれないようにケツを叩くのである。行動で見
せるのである。



指定管理者制度という外部の部隊が組織運営をしたわけではな
い。

おれならこの組織を無駄にはしない!と想っている人がどう行
動を興したらよいか。「坂の上の雲」で私が最も感動したシー
ンである。うまく表現できぬが、もう一度、このシーンを読み
直してまとめたい。ルール化もなき中途半端な日報であるが、
お許しを。
編集 / 2005.06.16 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【日本で数人しかいない桶職人に出会って】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
■日本で2人しかいない 酒樽醤油樽の桶職人
          ~NY摩天楼に浮かぶ桶(給水タンク)~


人をつなげること。つながること。今回もまたドラマのような
展開だった。
 
某大手ハウスメーカーさんの仕事をしていて、その午後、現在、日
本に2人しかいないという、その大きな材木利用をした桶職人に出
会う。吉野杉を納材して欲しい。

私は、この3者の繋がりが生まれればまずはよいと思った。なのに
今日は大手材木会社さんもこの日たまたま来ていた。この会社は鉄
道の枕木がかつてシェア90%あった会社。その方は私の母と同い年。
本社が東京は丸の内の郵船ビルにある。私の父は日本郵船。なんと
また偶然なということで盛り上がる。


◆ここを尋ねた理由

NYの摩天楼ビルでは大きな木の貯水槽がある

日本でやっている人がいるらしい

会いましょう!

実は、神戸のマンションにある!!

K組合のDさん 知合いをたどってアポ

そして、今日の会合


ということだ。私が会いましょう!と提案したのは事実だが、
この動きが早い。それがK組合の最大の魅力である。土井さ
んの魅力である。お互いの利益になることを提案しただけで
ある。私は何もしていない。

さて、話を戻す。いま、ここでは、

材木問屋、芸術家、桶職人、林業家、製材業者、そしてコン
サルタント(古川)が集まった。専門的な話から、お互いが
熱い「国内木材の未来」に向かって語った。秋田杉、高野マ
キ、木曽ヒノキ、吉野杉、いろいろな特質特性を教わり、こ
れからの木材利用の新しい展開について、意見を出し合った。

そもそもただヒアリングしにいっただけだったのだが、私も
熱くなる。そして驚いたのだがやはり、「桶」の伝統技術の
すごさである。そして、今まさに消えようとしている様々な
職・技術・モノがあるということもわかった。


■消えていく職人技の「モノ」
 ~欲しいところは欲しいけど~
・ヘグ(麹蓋)・・・ゆがむいためをあえて使う。主に洞川の吉野杉。
・ささら・・・・・中華なべ洗う。酒屋でも使う。中国産が多い。
       コシのある竹がホンモノ。
        昔は生駒の高山町。「茶筅(せん)」はあるが。
        80数歳のあそこのおばあちゃんが亡くなってもうない。
・うるし筆・・・・○○ネズミの毛
・せん・・・・・・樽材を削る。はがね。ミキにおられる一人だけしか作れない。
          確かに、火打ちはうまい。すばらしい道具。
・トビ・・・・・・原木を引っ掛けて持ち上げる道具。吉野で一軒。もうなくなる。


上芝さん。
 哲学がある。桶職人。本物を知る。斬新な考え。
 多くを語りたいが、ひとつだけ、上芝さんの話を引用。

ニューヨークのビルにはマンションの貯水槽が「木の大きな
樽桶」であるが、なぜ、日本はそこまで浸透してなく、FRP
やステンレスなのか?

浸透していない理由

○日本人の意識の問題。
○セキスイと三菱が頑張ったからでしょう。
  敗戦国→おいつけ→稼げ→コンプレックスからくる憤り→近代化
○アメリカ、フランスは戦勝国だったのだから。
  木の樽がある。ホンモノに目を向ける余裕があった。
○日本今
  →バブル頂点→考え直す→本物志向(木の時代)→日本にも数件
○いざやろうとすると
 「検査データを出せ!」(FRP、ステンレスはデータがある)
   もってこい!という。
   じゃぁ、過去何百年間はなんだったのか?
    ひとが技術として継承してきた桶そのもの

○時代は、いま、見直す余裕が出てきてはいる。
○知の結集が木材から離れたこれが原因
○大学教授も木の研究は窓際族だ
   教授になるには流行りの研究

 
現場の工場では見たこともない工具、長い長い竹などの部材も見た。
今日はヒアリングだけのつもりが、なくしたくない出会いに感謝である。


編集 / 2005.06.14 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【北海道伊達市の魅力】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
◆伊達市の解説

伊達といえば、伊達政宗。北海道に伊達の名あり。ということ
で、もちろん仙台伊達と無縁ではない。明治維新の際に戊辰戦
争で幕府側に付いた仙台藩は領地を半分以下に減らされる。そ
の中で伊達家も困窮を極め、そこで蝦夷地(今の北海道)を開
拓し移住した。その当地を開拓したのが伊達邦成(くにしげ)。
邦成は仙台藩一門の亘理伊達家15代目で、その始祖は独眼流
政宗で知られる伊達政宗(まさむね)の祖父晴宗(はるむね)
の弟である実元(さねもと)になる。


・人口・高齢者率 (住民基本台帳より)
 平成15年度末 35,969人 25.1%
 平成14年度末 35,864人 24.4%
 平成13年度末 35,745人 23.7%
 平成12年度末 35,525人 22.9%
 平成11年度末 35,434人 22.1% 



◆ヒアリング視察 理由

5月16日付けの日経新聞で、人口減少時代に増加市町村という
ことで特集。その秘策を聞きに、早速、足を運んだ。


◆伊達市特長(資料・ヒアリングより)

 ○地価
  ・地価公示 道内で昇率1位
  ・北の湘南 地価上昇 年300人 転入 
   (2005年3月24日朝日新聞)

 ○気候、風土
  ・雪がやや少ない、夏は涼しい
  ・雪掻きがいらない
  ・風がここちよい
  
  
 ○政策 
  ・伊達ウェルシーランド構想プロジェクト
   目的:1高齢者が住んでみたい町 
      2女性・若者の働きがいのある町
      3働く人が住みたい町
 
   各種政策:
    安心ハウス(市の宅地分譲)、
     優良田園住宅、住宅流通、
      ライフモビリティサービス、観光・健康サービス
  
     →伊達市への移住・定住の促進


 ○特徴的な政策(私感)


  1.ライフモビリティーサービス
     タクシーとバスの中間的な存在
     →試験的導入→本格導入へ
   効果:お年寄りが自発的に外へ出るようになった
      タクシー会社  
 
  2.コンシェルジェ(生活支援センター)
     各種政策のサービスコーディネーター(TMOで設立)
      定住化促進の 各種サービス を束ねる
       データベース、情報共有



     この組織が機能的に動けば、今後、また
     定住化移住が促進していくだろう。

     現在進行中の政策、事業であり、これからの動向が
     楽しみである。
 
~所感~
 その政策の成功要因とは・・・。
 1民主導にさせる姿勢
 2PR認定という戦術
 3共有データ、サービスセンターの設立
 4規制緩和、法改正への意志
どこにいってもやる気がある市町村の特徴は、「熱い」
ところである。ただ、よくあるのが、熱いあまりに、行
政主導になりすぎて、住民が付いてこない場合もある。
しかし、伊達市のヒアリングをすると、役所が主導という
感が強いが、「主導権」は「民」という認識が強い。こ
れが成功要因のひとつだろう。補助金は出せない、その
代わりに、市は認定制度をつくり、住宅区画や賃貸マン
ションのPRを行う。それこそが、民への本来の援助で
あるという考えである。よって、行政主導で、補助金を
送ろうという姿勢がまったくない。さらに、各種国
の規制を取っ払う勇気。タクシーの乗降規定も、このモ
ビリティーサービスを試験的に導入するために、こちら
ら規制緩和を要求。結果、国の営業区域内規定車数が
変わることになった。木材利用を押し出し、国の建築基
準法をかえることになった某市町村。結局、大きな自慢
になるのは、国や県の条例、規制を変えた!という現場
からの突き上げによる「法改正、規制緩和」という武勇伝。
これはどこも、自治体の自慢になっている。

まだまだ成功要因は、多々ある。私のノートはそんな秘
訣がいっぱいであり、ワクワクもする。政策推進室のI様
には多大な感謝がある。

   
                など
編集 / 2005.06.06 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ