スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
【天運と地運】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【天運と地運】


運には2種類ある。


それを理解すると、「努力」「変化」「初動」「多様性」「知
力」「事前準備」「能力」「実力」その大切さがわかる。そん
な話。


麻雀といえば、「桜井章一」。桜井章一と言えば、20年間無
敗の男。ヤクザ世界の代打ちをしてきた男。氏は、「雀鬼(じ
ゃんき)」と敬称され、近代麻雀という雑誌等にその打ち方や
生き様が、漫画化され、掲載されている。その麻雀の神様、桜
井章一氏がよくいう。

「運には、2種類ある。天から授かる天運というものと、自分
の努力、自分の力によって引き寄せる地運(ちうん)というも
のとの2つがある」と。



○天運・・・天から授かった運。みな一緒の量ある。
○地運・・・自分で引き寄せる運。自分の力によるもの。



今回、北京旅行で、みんなが協力してイベントを行った。宴会
の出し物である。F君がうまく人を集めて、がんばった。たく
さんのミーティング、事前準備、みなの汗の結集が形になった。

なぜか、振り返ると、運が良かったと思うことが多かった。

借り物競争では、「くじ引き」によって「借り物」を決める方式
でやったが、たまたま、女性四名のレースのときに、「尊敬する
人」「最近変わった人」「伝説を持っている人」「プラチナカー
ドを持っている人」となり、全員が、Iさんを、この腕、あの腕と、
引っ張り合いになり、場を盛り上げてくれた。

ミスコンテスト(女装)での、優勝者予測による商品獲得者も、
あまり知名度の低い社員ではなく、「Oさん」になったり、

様々な進行上に、運がよくことが込んだなと思ったことが多々あ
った。これも、ひとえに、「地運」が与えてくれた巡りであった
と思う。

「地運」これを得るために、毎日たゆまない努力をしたり、ちょ
っと違う行動を起こしてみたり、大切なコトを失わないように、
「初動」を大切に行動してみたり、いつもと違う道で帰ってみた
り、動いて、努めてみるのだ。

運がいいという人は、結局は、多様な場所で、多様な努力をして
いるのだ。みんな確率10分の1という天運をもっている。あとは、
上手な動きをすることで、Aさんが10動けば、運1をゲットでき、
Bさんが50動けば運5をゲットでき、Cさんが100動けば運10
をゲットできるものである。

そこには計算や動き方も当然あるルールが必要だろう。とにかく
一度、桜井章一さんの本を薦めたい。




スポンサーサイト
編集 / 2004.12.09 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【カブトムシと英語と経営】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【昆虫図鑑と英語の教科書と経営戦略本】


理論と実践について話をしたい。


前置きを。しつこいようだが、私は、自分の町が好きだ。「クワガタ」
「サッカーチーム(小山FC)」「ピアノの先生」「探検・基地作り
」「日本タンポポ」「田んぼ」「カワセミ」「狸」「キジ」うるさすぎ
ず、静か過ぎず、いい町田(だ)ったが、いまは、その「好き」がなく
なってきている。私にとっては、不用意な都市化により、マンションが
乱立し、山や田んぼはなくなった。自分の子どもの育てる場所がなくな
ったと思っている。自分の中で「好き」と「怒り」が融合している。

先日、>⇒で、日本文化ってどこにあるんだろう。と日報で書いた。
そのHさんの返信がこうだった。


>こころの中に、あるんです。
>自分の生きてきた時代。その日その日が文化かも。
>子供の頃の風景を3時間しゃべれたら、立派な文化人。

このHさんのメールには「そうかも」と思った。かなり納得した。
だから、結局、

> しかし、そうなると、ビルマンションで育った都会の子は、
> そこが、(日本の)文化となるわけで、やっぱり文化って変わり
> ゆくものになるんだと思うと、寂しい気がします。


さて、北京で一緒に、故宮を廻ったとき、こんな話があった。同期
の1人は田舎育ち、もう1人は都会育ち。カブトムシやクワガタにつ
いて、「私は、昆虫図鑑でしか見たことがない」といった。「ダメ
だよ~、そんなんで学習したら!」とは言ってみたが、そこから、
ふと、思ったのだ。



○ダメだよ~、英語なんか、教科書で勉強したら。用は、話して
使えればいいだもん。現場行きなよ!

○ダメだよ~、経営なんか、本で勉強したら、用は、売上げあげ
るんだよ?現場で見てこなきゃダメだよ!


○ダメだよ~、カブトムシを、本で見たら、要するに、実際に
山に入って取って、飼うから、いいんだよ!



実は、本当の意味で、これを同等に考えたら、なんとも、今まで
の英語教育や、理論教育はむなしいものか。理論オンリー世界と
いうのは、まさにこれか。そういう人には、「あなたはカブトム
シを昆虫図鑑で見て覚えなさい」と子どもにいってるのですか?

と。              

理論全否定はしないが、理論体系の書物重視というのは、批判
すべきだ。そして、その説得方法のひとつとして、この「カブト
ムシと昆虫図鑑」の話は効くかもしれない。

編集 / 2004.12.07 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【好きと憤り】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【憤りと好き】

11月26日の日経新聞で、元中日監督の星野さんの特集があった。
「俺?自信なんてないよ」
「みんな、自信なんてないよ。」
「ただ、夢中になれるかだけなんだよ」
「僕はよくすぐ怒るとか言われるけど、あれは、真剣になってる証拠なんだよ」 
「夢中になって、真剣になったら、必ず、怒りにぶつかるんだよ」
「今の若い人は怒らないよね?」
「真剣に好きなことを追求したら、必ず「憤り」にぶつかるさ。」
「世の中こんなに、法律や経済でオカシイってことは一杯あるんだから」
「真剣になれ」
「怒ってみろ!」
「切れてみろ!」

という記事であった。これは少々私が自分なりに解釈したもの
なので、ズレはるだろうが、ひとつのコツの答えが、私の中で
一致した。

人を動かす二つのもの、それは、既に言っているが、

「憤き」である。
「好き」である。

この相反するものが、どう統合されるのか?それが星野さんの
セリフと私自身の中と一致した。

多くの成功した経営者は「コンプレックス」から自らを発動さ
せて、ビジネスという枠組みで結果を出している。堀江社長も
「なぜこんなに若者が搾取されているのか」という憤りが発端
で起業した。

「あまちゃん」という言葉があるが、幼いころからボンボンで
育ち、「憤」を感じない世界でいたら、競争社会に乗らない限
り、自主的な成長性は限界がくる。やはり、どんな好きなこと
でも、コンプレックスなどを要因とする「憤り」、あるいは社
会の矛盾に対する「憤」がない限り、1人で戦う仕事は満足に
できないだろう。

一見相反する「憤り」と「好き」という気持ちが、相乗効果を
持った場合は、確実に、自主的に大きく動き、そして成長する
と思える。


1.ほんとうに好きなこと
2.憤りを感じていること

このふたつを私は経営者に常に尋ねて続けてみたい。


「味方もおるけど敵もおるから楽しいねんで」


親友のMがよく言うせりふだ。これは、私も気に入っている。
好きから発しても、憤りから発しても、結局真剣になれば、必ず
「憤り(敵)」にぶつかる。今度は「憤り」に出会う方法につい
て書いてみたい。
編集 / 2004.12.02 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。