【下限価格商品に企業の魂が宿る】
カテゴリ: マーケティング/営業
【下限価格商品に企業の魂が宿る】  ~お水ください編~

居酒屋やレストラン。水が欲しくなる。特に居酒屋の終盤では、
ちょいと酔い覚ましに一杯欲しい。そんなときに、「お水下さ
~い」といって、出されてきた「お水」は、たいてい決まって
いて、そのあたりのコップに、お水を注いで、なんのもてなし
気分もない水が出てくることがある。ひどい時は、水道水その
ままで「塩素」臭かったりもする。


今日、私が足を運んだお店(西中島:米米屋という居酒屋)は、
平均価格約4~500円。平均客単価3500円くらいの普通の
居酒屋よりやや高いレベル。そこで「お水くださ~い」といって
出てきたお水に、私たちは、目を丸くした。

なんと、カクテルと同じグラスに、お店独自に製造された氷が入
り、かつ、コースターを用意し直して、持ってきたのである。

「わぁ」

と声を揃えた我らは、決まって、この言葉を思い出した。
佐藤芳直さんの著書「100年企業 経営者の条件」にもあるが
下限価格商品の企業の魂が宿る」ということである。

どういうことか。

最も安い価格商品にこそ、企業のこだわりをだせ!ということだ。
末端の最低価格ですら、こんな素晴らしい価値を提供できるのか
と消費者に、認識させれば、より高価な商品には、もっとレベル
の高い価値があるのだろうと期待させることができる。ファンを
増やせる段階的構図としての入り口の質。安いからといって、質
を落とすのではなく、「入り口商品」であるからこそ「企業の魂
を込めるべき」というのだ。


例えば、
メルセデスベンツは「最低単価のAクラスから最高単価のSクラス
まで、ドアの取っ手を握った瞬間、ベンツだとわかるのです。」
と営業マンから佐藤さんは話を聞いた。そこに一過性の基準があ
る。また例えば、トヨタのカローラを思い、そこから、100万
未満で、この車なのか?と思えば、「クラウン」「セルシオ」の
レベルを想起し、憧れに繋がる。


日本酒の失敗は、高級志向が強まりすぎて「入り口商品」と「高
級商品」との差を広げすぎ、入り口商品の妥協により、落ち、朽
ちていったのだと佐藤さんは書いている。何も、焼酎ブームに押
されたのではなく、原因は、日本酒側にもあるという。


本日の体験は、非常に納得のいくものだった。レストランや居酒
屋のお水は、価格がないという点で商品ではないかもしれないが、
立派な商品である。下限価格商品の典型的な例であるのだろう。


スポンサーサイト
編集 / 2004.11.26 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
【アポ・アホ・多忙】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【アポ・アホ・多忙】


アポという言葉を初めて聞いたのは、何年前か。「アポ!」って
正直アホそうなのであるが、それが、アポイントメントの略とい
うことがわかったとき、目からウロコでなんだかカッコイイと思
ったのを覚えている。本日、業務において「アポ」を取るという
シーンにであった。そこで本日の「ルール化」。


アポには三種類ある(だろう)。


1.知り合い
2.初めて会う人(その1) ランク上
3.初めて会う人(その2) ランク同等以下


人生とは「発言権獲得ゲーム」というのは、前回書いたが、アポ
についても、思うところがある。本日は、知り合いアポと、初め
て会う人でランク上の人とのアポというものの大いなる違いにつ
いて気づいたのでまとめる。

ランクとは、簡単に定義することはないが、要するに「会社の
規模」であったり「知名度」であったりだ。知り合いに会うとき
は「会社名」などでなく「本人」を見て会ってくれるから、話が
進みやすい。GIVE&GIVE精神が既に存在しているからやりやすい。

本日、Kさんの先輩の知人が勤務している「住宅メーカーの展示
場」に足を運び、ヒアリングをさせていただいた。かなり、いろ
んなことを教えていただき、プロジェクトの材料として大いに参
考になった。知り合い同士は既に発言権を獲得している。


しかし、アポ2.3について。


本日は、「福岡県における一般請負住宅市場の動向」というテー
マでのヒアリングをするために、大手メーカーに、アポを取った。
もちろん、初めてのそういった電話であるので、緊張しながら、
受話器を握り、話す。反応は、予想通りであった。


「忙しいんだよねぇ。でも、まぁ、そうね、じゃぁ、12日の金曜
は、13時半ならちょっと取れるしいいよ!」というような、丁寧
語ではあったが、自分には、非丁寧語的な日本語を浴びせられた
ように感じる話し方であった。お願いに上るのだからそれでもい
いのだが、何かを思い出した。


某中小企業に勤務していたKくん(友人)が、大手総合研究所
にアポを取ったときに言われた、台詞だ。彼はまずこういった。
「○日は、こちら、すでに案件がございまして、・・・」といったあとだ。


「Kくん、僕も忙しいの。多忙なの。
                 時間は自分でツ・ク・ル・モ!ノ!」


と、そのアポ先に言われたそうだ。アホと思われたら、そうなる。
と彼は言っていた。とにかく、悔しい世界はあるものだ。このこ
とに腹立つのは人間性としてちっぽけな「憤」であるが、発言権
獲得ゲームに参入していれば、こんなアポイントはあって当たり
前と思わなければならない。

が、その先の、結論は、違う。

2.のどのアポイントであっても「外見という会社名」でしか見てい
ないわけであるから、会ってからの勝負に自分をかけろ!という
こと。忙しくも、会ってくれるといっていただけた大手のハウスメー
カーの方に感謝して、事前、調べ、気合入れていくというのが自
分へのメッセージである。なんだか勉強できるから楽しいのだ。

アポとは
アホだと、
多忙だと、 
いわれるが、がまん。

取れたらラッキー。

自分を見せる努力をし、発言権を獲得し、知り合いになろう。
発言権獲得ゲームは友達獲得ゲームである。
編集 / 2004.11.08 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ