【2014年の振り返りと御礼】 
カテゴリ: ポエム(詩)
【2014年の振り返りと御礼】 


弊社のブログを振り返り
1ヶ月1トピックを拾い上げてみました。


1月(総勢20名 新年1発目の経営実践研究会)
http://chiikino.jp/?p=2386

2月(日刊木材新聞にジャパンホームショーについて掲載)
http://chiikino.jp/?p=2417

3月(北山三学区まちづくりビジョン発表会)
http://chiikino.jp/?p=2437

4月(新人インターン生が来たる)
http://chiikino.jp/?p=2468
 半年後↓
  http://chiikino.jp/?p=3265
 
5月(森ではたらく! 出版)
http://chiikino.jp/?p=2476

6月(イベント 大阪スタンダードブック)
http://chiikino.jp/?p=2672

7月(北山杉 森の結婚式)
http://chiikino.jp/?p=2768

8月(地域ビジネス実践塾in川上中学校)
http://chiikino.jp/?p=2955

9月 天高く!岩手県岩泉町 製紙用チップ
http://chiikino.jp/?p=3159

10月 (木材流通店のマルシェ)
http://chiikino.jp/?p=3349

11月 (現地研修会@筑後川流域&日田地域)
http://chiikino.jp/?p=3508

12月 (東京国産材ビジネスセミナー バイオマスギャザリング)
http://chiikino.jp/?p=3572


改めて、うむむと反省しています。

そして、
今年は
私の周りの
色々な方方が、メディアで大きく報道されました。

その人たちは
しっかりと自分で除法を発信されています。
自分の意見、考えを。

ソマウッド久米さん ブログ
http://soma-wood.jp/?cat=5

川上村地域おこし協力隊 鳥居さんブログ「恋する丸太」
https://treetorii369.wordpress.com/

牧大介さんのFacebook
https://www.facebook.com/maki.daisuke.3?fref=ts

を見ると、
テレビや報道があっても、
自分がどう考えるってしっかり書かれているわけで、

私の会社の1年間のブログなりをみると
改めて、吉野川上村での仕事、高野山の動き、信州落葉松プロ
ジェクト、岩手岩泉、美濃加茂市、飛騨高山、京都北山等など
どんなビジョンやコンセプトで仕事をしているのか、そして、
自分たち自身が「何を考えているのか」というところが、ほと
んど書いていないということを気づきました。

なんだかいろ
いろやってるよ~
動いているよ~

ではなく、2015年は

1)体系化した経験をとりまとめてアウトプットし
2)地域、地域の魅力を表現し、それぞれのビジョンを伝えつつ
3)自分の言葉をもっと作り、
4)責任の負担とレベルを高めて
5)社会性と収益性を高めていければと

思います。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
編集 / 2014.12.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【船井幸雄 会長(名誉顧問)が亡くなって 】
カテゴリ: ポエム(詩)
【船井幸雄 】


19日、船井総研創業者、船井幸雄氏が亡くなった。


私のビジネス基礎はここで築かれた。


「すべては船井総研から学んだ」と自信持って言える。


素直、勉強好き、プラス発想(必要必然)といった精神論。

長所伸展・時流適応・力相応一番 といった経営基本姿勢。

ランチェスター戦略によるシェア理論、マーケティング概論
といったビジネスナレッジ。

あとは、即時処理とかレター法といった行動基本。


結局すんごく基本的なことばかり。


27歳の博士課程で拾ってくれなかったらどうなってたろう。
社会人1年目で28歳だった。


地域再生・林業再生がやりたい!といって入った自分。


でも、最初の仕事は鉄骨マンション販売など・・・。

正直イヤだった。


だけど、まず「素直・勉強好き・プラス発想」
批判的合理主義だった自分がボコボコにされた。

船井総研の先輩にマネジメントして頂き、
川上村から始めて仕事をしたのは、2年目になってから。

いまは亡き、
川上村のFさんが
私を呼んで林業協議会でプレゼンをさせて頂いたことから、
広がりが始まった。

それは、
船井総研の力やナレッジのおかげであった。

船井幸雄、
銀座松屋、TORAY、ダイエー、イトーヨーカドーと
いった大手のコンサル事例も多いが、

基本は、地域一番店といった中小企業の味方だった。


「変身商法」「船井流経営法」は名著だ。

そうそう、彼が宗教っぽいって話がある。

それは、3つある。

1)EGOから始まるヒーローは必ず最後はFOOLになるものだから。
2)クライアント競合から、講演で刺されそうになった経験があるから。
3)経営コンサルタントの最大の敵が「占いや宗教」だったから。


ということ。


最後の3つ目は、なかなか興味深い。


どんなに客観的な提案をしても

「私は、神様を信じる」

といい、クライアントの社長が違うことを行ってしまう。
そこに勝つために、易学、占い、宗教を学んでいったという。

また、
経営コンサルという会社で、日本で初めて上場したのも、
隣にたまたま座った某銀行役員から馬鹿にされた「憤り」から
だった。

直接、
船井会長に会って話をしたのは3~4回だろうか。


その時の、ブログが出てきた。
これから、吉野が面白くなるというアドバイスを頂いていた。


http://daisukefurukawa.blog18.fc2.com/blog-entry-200.html
 船井会長とのツーショット


そう、
いま自信を持って自分は
船井総研を卒業したけれど、船井流を踏襲していると思う。

それがあって、アミタ、トビムシという世界で仕事ができた。

5年間在籍して改めて思う。
あの時辛かったこともあったけど、船井に入ってよかった。

感謝しきれない。

そして、ご冥福をお祈り申し上げます。
やっぱりすごく悲しいです。

編集 / 2014.01.21 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【2013年 始まりました。】
カテゴリ: ポエム(詩)
新年明けまして
おめでとうございます。

2013年(巳年)始まりました。

元旦早々から
美しい富士山を見ることができ、
身が引き締まりました。

DSCN0130.jpg
(富士山と里山の境目の新東名の陸橋の白い線が気になりますが・・・)



あまり多くのコトは望みませんが、
ひとつひとつ、
去年よりも今年、今年よりも来年という、
顧客作り、会社作り、自分作り、をしていきたいと思います。

実は、今年の4月から、
私は、社会人10年目となります。

10年で「ひとつ」という卒業式。

あぁこの10年ってのは、
こういう10年だったな。

そして
次の10年はこうしていこうかなということが
しっかりと見えてくる1年としたいと思います。


それでは、本年もまた
よろしくお願い申し上げます。




編集 / 2013.01.03 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【被災者の子どもたち@高野山 】
カテゴリ: ポエム(詩)
【被災者の子どもたち@高野山(コラム)】


いま、最終の南海電車で高野山から大阪へ向かっています。


昨日(8月19日)は、高野山にて、
被災地福島県の子どもたちとその親御さま向けの、
森林セラピー、ネーチャーゲーム、間伐体験等で、
高野山(総本山金剛峯寺)の社会貢献(CSR)というべき活動がありました。

DSCN9997.jpg


メディアさんもいらっしゃいましたが、金剛峯寺山林部さん、高野山寺領森林組合さん、
セラピーガイドさん達と共に、ご案内とサポートに加わりました。

20120819_102213.jpg


その中で、400年クラスの杉の巨木が並び、著名な戦国大名の供養塔が立ち並ぶ、
「奥の院」にて、「身代わり地蔵さん」や「汗かき地蔵さん」がいるのですが、

その説明をしていたときです。


「このお地蔵さんはね、

 君たちの代わりに、

 不幸や災難を背負ってくれているお地蔵さんなんですよ。、

 だから頬に傷がある(かわりに汗をかいている)んですよ。」



というと、そのときです。



「じゃぁ、あの地震はどうだったの?」



と、5年生くらいの男の子が すぐ言いました。

大人達は、ヒヤっとしてました。

説明する側も、される側も。

言葉は詰まるもので、空気は冷えるものです。



ここで、

「震災はね、 起こったことはしょうがない、
必要必然であり、過去オール善なんです。
今後、君たちが大人になるにあたって、
生きて行く苦難を、すこしでも、軽減してくれるんだよ」


って、

そんな簡単に、いえますでしょうか?
みなさんならなんてお応えしますか?

こういうときこそ、
CSRとか、社会貢献とか、教育とかいう言葉でなく、
仏教(真言密教)ってものが、何かを教えてくれるのかなぁ。
自分の勉強(経験)不足を悔いました。


「生かせ、いのち」

その主体的なメッセージに、
即身成仏の意味合いを、森林セラピーの中に溶け込ませていく
その意味を知り、その後の僧侶さんのご説明に私も納得いたしました。

さて、そんな小学生の彼は、
僕のところによく寄ってきてくれました、


「ねぇ、ナナフシいるよ~。」


屈託ない笑顔と素直さに、自分の小ささに気づく。

昼は、無垢なる子供たちと出会い
夜は、愛くるしい、ムササビを間近でみました。

ビジネス世界に入り、
同じくらいの年齢しか付き合わない生き方の危険性。

私こそがセラピーを受けたのでしょう。

僕にとって、福島の子どもたちそのものが弘法大師(お大師さん)でした。



20120819_125543.jpg
編集 / 2012.08.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【幸せの定義 三輪明宏さん】
カテゴリ: ポエム(詩)
【幸せの定義】


みなさん幸せですか?


GNPだけでない、ハッピネスがどうこうっていうことで、
国民総幸福量というGNHってのがでたりする世の中ですが、

概念の見える化や言語化をする際、市場を意識していくと、
それは消費財となってしまい、急にそれ自体の市場規模やライフサイ
クルとなり、いずれしぼむ「風船」になってしまうんですが・・・。

まぁいいです。


もちろん、それぞれに幸せとは何かという定義があると思いま
す。いや、自分で定義して、造らなければなりません。

私は、ミーム(文化的遺伝子)の存在をしり、その著書から、
幸せとは何かの定義を自分なりの実体験と重ねて、解釈しています。

それは割愛。


また、先週くらいにこんなテレビが、
NHK(ナショナル、ハッピネス、キズナ)でやってました。


有働アナと三輪明宏(最近よく出てますな笑)との対談です。






三輪:結婚は幸せ?

有働:はい、幸せと思いたいですねぇ。

三輪:では、結婚とは何?

有働:一人の男性、一人の女性が
   愛しあい、気持ちを確認し、一生を共にするという
   約束でもあり・・・違いますか?

三輪:そうね、
   そういう約束、
   そういう幸せって続くものかしら?


有働:はい、そう思いたいです。


三輪:でもね、あなた「青い鳥」ってしってるでしょ?
   探し求めてね、掴んだ瞬間いなくなるでしょ?

有働:えぇ

三輪: 幸せって、充足感なの。


有働:そうですね。

三輪:では、ずっと充足感が満ちている人いますか?
   幸せってのは、
   あっという間になくなるものなのよ。

   それをわかったうえで、
   どうやって、ずっと手元に引き寄せるかでしょ?


   どうしたらいいかわかりますか?



というようなところから、紐といていく、何が凄い
って、三輪さんの話し方、引き込み方なんですけど、
それをルール化するのはいったんおいといて、

で結局はね、
三輪さんは、どうなのかっていうと。



有働:幸せを、ずっと手元に、ですか?



三輪:それはね、感謝することです。 

   そしてね、もうひとつ、
    自分も家族も、俯瞰でみる。
    ってことなの。


とそのあとの話は、宗教的にも思えず、ずいぶんと
納得しうるものでした。先日、「私は、タダではサインしな
いわよ!」という、現場密着型マーケティングリサーチャー
である三輪さん。

さすが洞察力が深い。  

近視眼(虫の目)
遠視眼(鳥の目)

ミクロとマクロといいますかね、そういう見方ができると、
おそらく、これは古川流の解釈ですが、手元に寄せてくる幸せ
ってのを考えうるに、
俯瞰して「相対的」に感じる機能と、「主観的」に感じる機能
の両方を持ち合わすことができる、だから、幸せの2種類の感
じ方を操作できる人って、幸せなんだなって充足感が高いって
思ったんですよね。


まぁ、
素直、プラス発想  ってことも前提に必要ですが。


さぁ、いかがでしたか。

今日も「幸せ」自分で、現場に眼を見開いて、俯瞰してみて、
厳しく、楽しく、頑張りましょう。
編集 / 2012.04.16 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ