【川上村 源流の理念と在庫管理。  】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【源流の理念と在庫管理。  】


本日は、
新年度(来年度)に向けた
木工センターにて、在庫管理、棚卸でした。

ひとつひとつ写真を撮り、チェックし、
売れる、売れない、どうしていく・・・。

いわゆる、面倒くさい作業ですよね。

そうでしょうか。

森は地域の宝もの、
森の産物、林業は大切、

それは、丸太が売れるだけでなく、
住宅だろうが、家具だろうが最終消費者の手に届くまで、
木がどう変形していって、最後にお金になるまでができて、
そういえるのですよね。

以下は、今日、
川上村での、宮口先生の退官記念パーティーで、
近くの席におられた財団のOさんから教わったことです。

「地域産品が
 色々なイベントに出ていくことが増えたが、
 
 行政は、イベントの棚に出したら終わりだと思いがちだが、

 民間は、レジのキャッシュを通るまでが勝負である」 


これは、
行政批判という意味ではなく、
行政のサポート側と事業者の主体(攻撃側)の
強き役割分担とはなにか、
半官半民の組織が多くなればなるほど、曖昧になりがちなことを
ご指摘いただきました。



「川上宣言」
宮口先生が起草された、
1996年に生まれた、川上村の理念の骨子。

吉野川(紀の川)の源流の地域に在る村の使命。


2001年だったか、
川上村で行われた、大瀧ダムが完成する前、
湖底サミットでのキャッチフレーズ。

「のぞいてみよう、コップの水の故郷を・・・」

素晴らしいフレーズですね、
天然林と人工林の2つの森が織りなす、世界観。
間伐が必要という、国土保全の理念、

それは、
綺麗な水に対して、
綺麗な森づくり、
綺麗な木の管理、整理、収益体制にある。

そこにある働き方。生き方。


「もう、理念は十分、
 社会性、教育性も十分だ、
 貪欲に、収益性にこだわっていこう」

背中を押されました、

理念なき利益は犯罪
利益なき理念は寝言

いまいちど、自分に言い聞かせて、
新たな川上宣言を、一日の所感といたします。

スポンサーサイト
編集 / 2017.03.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【健康診断と経営診断。   】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【健康診断と経営診断。   】

計るだけダイエットっていうのがありますよね。

体重計に乗るだけでいいんだって。

これだけ太るとヤバイっておもうから
意識的に小さな具体的アクションの変化をもたらす。

で、計ることを忘れてしまい、
あるとき、気付いたら、あらら~っこんなに太ってしまったって
いうのは、いわゆる、「怠慢」というよりも、
単純に定点観測の大切さを忘れてしまっているからです。
ちょっと乗るだけでいい、そんな癖付けです。

妥協は、ことごとく堕ちて、朽ちていく。

それは、経営にも言えます。

毎月1回、定点観測をする。
毎日1回、つまんないことだけど、
経営には、みるべく、指標はいっぱいある。

身長、
体重、
BMI
血圧、
血糖値、
視力、
ガンマGDP

等など。

本日、オフィスに全国健康保険協会から
「医療費のお知らせ」の届けがきました。

医療には、内科的療法と外科的療法(手術)があります。
なにか、手段と目的を間違えて、ちがった施術をしてしまうことがありますよね。

さて、経営に戻ります。

この日、松山空港で読んだ
日経新聞で面白かった記事。

=====
産業集積による地方創生(やさしい経済学)
  慶応大学 大久保敏弘氏

「補助金は低生産性企業を誘致」

という記事でした。

空間ソーディングセクションの理論というものです。
それは、
ある地方に移転すると1000万円の補助金がもらえるとします。
都心にある年商100億の企業は割に合わず、関心を示しませんが、
年100万円の赤字企業はその地方に移転するインセンティブがあります。
地方における補助金などを通じた各種の企業政策は、
確かに企業の集積を進めるものの、
結局、補助金を通じて生産性の低い企業が集まるだけになる、
という単純な理論です。

このような産業クラスター政策は、
集積の量は増えるが、
集積の質は向上しないとなります

財政負担が大きい昨今、
財政悪化や少子高齢化の進む日本経済では、
こうした政策から脱却すべきだといえるでしょう。
==========

と。

弊社の名古屋の林業事業者の勉強会の仲間では、
売上に対する補助金費比率というのを出していて、
毎年、毎年、減らしていくという経営数値を追っています。

とにかく、
健康とは何かということと、
そして、定点観測を忘れずにしたいものです。
何を計ったらいいって人が分からないので、
まずは、その体質に合った指標を教えることから始めますが。
その精度を高めるのが仕事なのかもしれません。

そこは合理的にね。
あ、まずは、自分の体重もw。

(ただ、明るく、楽しく、厳しくという企業文化を作ればよく、
 数字はあとからついてくるってのもあるんですね。
 だから、指標は何にするかと、
どこから変えていくかが大事で、それはまた別アプローチです。)
編集 / 2017.02.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【JOIN 移住交流&地域おこしフェア   】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【JOIN 移住交流&地域おこしフェア   】


一般社団法人移住交流推進機構が主催する
JOIN 移住交流&地域おこしフェア に、
松本からの帰りに、東京を周って寄ってきました。

北海道から沖縄まで、
全国から約450団体の団体が集結。
移住交流相談ブースは、
移住交流を積極的に行っている自治体等が
地域の情報提供や田舎暮らしの相談を行い、
地域おこし協力隊ブースは約150の自治体と
賑わいがありました。


https://www.iju-join.jp/feature/file/035/
(↑ イベント告知はこちら)


昨年は8000人程の来客と聞いていましたが、
今年は、だいぶ少なかったのかなという印象があります。

それでも、
大きな変化があったかなとか感じた点を
3つまとめます。

まず、
第一に、各自治体のPRデザインセンスが高まったということ。

・カッコイイ風景の写真を大きく出す、
・ロゴの統一ができている
・プロジェクターで動画を出す、
・手書き感を上手に出す。

など、見た目の面で(中身はわかりませんが)は、
明らかに、テレビ、雑誌、SNSの効果なのか、
カッコよく見せようと言う所が、増えました。
全体の3割くらいですが、明らかに、増えているなという印象。

第二に、
「差別化」が、増加しているということです。

田舎がいい、空気がいい、自然が美しい、

ある意味、それは何処でも一緒なのです。
そもそも、移住定住や、地域おこしに興味がある人が
来ているわけで、だったら、多数の中で何が違うか。

・立地性をアピールするところ
 (東京から○時間だけが目立つパネル)
・歴史や文化をアピールするところ
・既存の組織に入って動けるからと仲間をアピールするところ

など、
各自治体が、他との違いを明確に出してきており、
それは移住定住ブースでも、協力隊ブースでもほぼ一緒でした。

第三に、
「目的型」にも多様性が。

・提案型で起業ができることが売りです!
・こんな農業ができる!
・狩猟したいひと!

というのはもちろん、
面白かったのは、


・古民家一棟貸し 月○万円 で暮らせます!


というところでしょうか。

川上村ブースの応援はもちろんのこと、
接客の対応をしていても、


「古民家に住みたい」
「平屋に住みたい」
「海と川と両方で魚釣りをしたい。」
「農業をやりたい」

と、いうニーズなど、なんとなく情報収集にきたという
来場客が明らかに減ったことと、
そういう意味では、
具体的ニーズの明確化で、ネットを経由して、
実際に行くというルートがいかに大切かということを
逆に思い知らせたイベントでもあったかもしれません。

ので、林業をやってみたい!というのが
明らかに見えるブース(市町村)は、ほぼなかったですね。
私の著書「森ではたらく!」的なところのイメージは、
まだまだ足りないと猛省。

さて別途、ずっと相談が続いていて、
人気だったブースがありました。
その字自体は、

・目的の明確化(地区ごとの活動別の統一チラシ)
・アンケートによる導線、
・プレゼントの自由度(子供づれに、向けへの工夫)
・「残りわずか若干1名」という限定感の表記
・男性職員と女性隊員でのコンビの安心感 

などといった工夫がありました。

やはり、親子連れも1割くらい来ていましたが、
おもちゃ美術館のコーナーで、子供が遊ぶところはありましたが、
やはり、親子連れが多い中で、
今後は、

・子どもとの親しみやすさ
・子どもの具体的な暮らしのイメージの訴求

というのもこれからは大きな違いを出せるように
(出さねばいけないのでは)と、

デザイン、差別化、目的型、という中で、
ワクワクと愉しさを、誰に対して、どうい行政サービスをし、
それをどう伝えていくか、又考えさせられました。

いかがでしょうか。
編集 / 2017.01.15 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【ジーコスピリッツ  技術・精神・歴史】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【ジーコスピリッツ  技術・精神・歴史】

SPIRITS OF ZICO

先日のクラブワールドカップ決勝の
レアルマドリードと鹿島アントラーズの試合で、
テレビカメラから大きく見えた横断幕のフレーズです。

日本代表監督としては、
結果を出せず、評価が低かったジーコも、
鹿島での功績はまた別のモノ、別格のモノであります。

SNSで
「ジーコならいってい、俺が育てたと」
という誰かの投稿に
多くの共感がありました。

世界的な選手であるジーコが、
サッカーでなもなき国にいき、また茨城の鹿島地域、
日本のきたのは1991年。

いまはジーコももう63歳ですが、
当時の住友金属工業蹴球団(現、鹿島アントラーズ)へ入団しました。

それは、
当時、彼は現役を引退したばかりで、
ブラジルのスポーツ大臣に就任していたジーコでしたが、
プレーだけでなく、チームづくりも切望されたのが
鹿島だったと聞き、彼の心は動いたと言われています。

「日本のサッカーの発展と改革」のためと、
プロの精神を教える意識改革の役割もはたされました。

当時は、
元アントラーズもJFL2部チーム。

中高生の部活サッカーの延長のような
ロッカールームもないサッカー環境、
サッカーとは言えない技術、
それを嘆くことなく自ら動いて、
プロとは何か
勝利にこだわるとは何か
用具を大切にするとは何か

日本という先進国でありサッカー発展途上国へ、
そのスピリッツを叩きこまれたのです。

(余談ですが、発展途上国支援って、
物資支援じゃなくて、
こういうこと何じゃないかと思うのです)
 
プレーがうまくなるだけでなく、
プロとはなにか、サッカーでイキルとはなにか、
を徹底されたということで、冒頭に書いた、横断幕になるのです。

SPIRITS OF ZICO

もともと鹿島地域は、
農家がぽつぽつとある位の陸の孤島。
1960年以降、大規模な開発をし、工業地帯へ。
20年間の発展は高度成長期の象徴でした。
しかし、人々が暮らす町としては、いかがかと。
そこで地域に住むみんなの力で、
サッカーを中心としたまちづくりにしようと。

スタジアム建設においても、
以前の日報でもかきましたが、
土地収用の課題も、大きな夢のために、
行政がうごいて、集約化されたのです。

(参考)
160507【鹿島アントラーズから学ぶ「林道整備」の手段と目的】

で、
それを知ったのは、
私は、サッカー番組、
ヤべっちFCでの
クラブヒストリーというコーナーで
鹿島アントラーズの歴史を10分ほどに特集されて、
紹介されたわけですが、

驚いたのが、若手のアントラーズの選手でした。

今年、Jリーグチャンピオンになったとき

「あのクラブヒストリーを見て、
 若手の選手は知らなかったことを知れた。
 そして、チームに一体感ができたんです。」

と。

テレビ番組から学ぶ。
自分たちの歴史から学ぶ。
ジーコスピリッツから学ぶ。

外からの見たアントラーズ
内からやってきたスピリット。

そして、クラブワールドカップで
あの世界のレアルを追い込んだのです。

(技術を高める)
(歴史の大切さ)
(基本的精神の大切さ)


そういえば、試合中、
解説者が
Rマドリードの選手の平均年俸は約10億円、
鹿島のそれは2500万円前後。
ある選手は、
1日で約2000万円の年収ですよというような
年棒の話をしていたら、

日本代表元監督岡田氏は、

「もう、その話はやめましょうよ・・・笑。」

と、現在FC今治のオーナーとして、
地域づくりをどうされるかという視点で
鹿島とはまた違う、まちづくりを目指されています。

お金だけではないといえど、
お金は必要。夢の一つの手段として。

で、
確かに、クラブの売上は、
鹿島アントラーズは、40億円
レアルマドリードは、750億円 の差があります。

(広島カープは150億円です)

日本では、
いまのJリーガーの年収は、
そんなに悪くないですが、
選手生命が短いことを考えると・・・
という現状。

これは、
サッカーファンが多く増えて、
見たい!という国民が多くならねばならないし、
私の親友(サッカー部同期)のように、
第二キャリアまで考えたチームづくりをするなど、
多様性があっていいと思いますが、まだまだ。

それでも、
なにかジーコスピリッツを経験している選手は、
第二の人生、他の職場でも活躍されるのではないかと、
基本的精神の大切さ、厳しさを知っていればとも思ったのです。

この日、船井総研の同期と、食事をしました。

私の3年あとに、船井総研を辞めて、
飲食の家業にもどった彼は、

「古川くんが
 船井総研を辞める時につくって、
 オール社員フォルダに、入れて残してくれた
 船井流を極めるというテキスト、
 いまの社員研修につかってるよ!」

と。

失礼、これは、ジーコスピリッツと、
私のテキストを同列にした訳ではありません。

いかに、
船井幸雄という創業者の仕事に対するスピリッツがすごかったか。
SPIRT OF FUNAI というものがあったように思います。
同期とはいつもそういう話になります。
私の会社も船井流マインドです。

船井総研、
当時は、東証一部に上場してませんでしたから、
大阪二部でしたし、役員も身近で、会社の歴史もよく話してくれました。

素直、
勉強好き、
プラス発想

というのは、いまでも根付いています。

アントラーズのジーコスピリッツから、
私なりに解釈すると

1.技術を高める
2.用具を大事にする
3.勝利への執着という精神を徹底する
4.世界をみて、地元の町づくりを考える
5.未来を目指し、歴史を語る

何処でも一緒のように思います。

○○な町づくり、村おこし、
なんてのも、プロとして掲げる
理念と実践の厳しさから、歴史が作られていくのでしょうね。


(鹿島アントラーズ、地域でいきる!
 ~逆境から生まれたグローカルという発想~
http://www.nssol.nssmc.com/public_relations/lecture/lecture-001.html
編集 / 2016.12.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【まだ終わっていない、まだ始まっていない ~岩泉町のドキュメンタリー番組をみて。~ 】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)

まだ終わっていない、まだ始まっていない、
そんな気持ちを知り、始めよう、動こう、そう思うことが多くありました。


【岩泉町のドキュメンタリー番組をみて。   】

12月11日(日)の早朝、始発の東京駅行き新幹線にのるため、朝5時代に起きていました。ぱっとテレビをつけたら、現在、ご支援をさせていただいている岩手県岩泉町のドキュメンタリー番組(テレビ朝日系)がありました。

5時20分~5時50分の30分。台風10号で19名がなくなった岩泉町。

「2つの責任」という右上のタイトルは、岩泉町の伊達町長に対して、避難勧告を出さなかった事に対して台風で亡くなった人たちへの責任と、そして、もうひとつ。過疎化が進行していることに対し、町を再建するという2つのテーマ(責任)ということでした。

番組は町長に責任があるという、批判的なものではなく、
現在の町長がこれから、どう頑張っていくか、
まだまだ終わっていない、始まっていない、
という事を示したものでありました。

「私には大きなミスがあった」

そうストレートにいう町長。印象的なシーンがありました。町民の様子を見にいき、一人一人に丁寧にお声掛けをするシーンです。

「どうですか?」

と町長が声を掛ける。こんなつらい現状ですからと、町民が説明した後のこと。その台風で破壊された町民の家を背中にして帰ろうとしたときです。

「町長も、体に気を付けて、頑張ってね。」

と優しい声を送る町民。

「本当はもっと町民に、 罵倒されるのかと思った。罵倒される方が楽だ。 お前頑張れといわれている、責任を果たしたい。」と伊達町長。1999年12月初めて町長となり、4期連続で首長となっておられます。その歴史も放映されました。

「いままで色々なことがあったけど、 今回が一番つらい。」 と。

そして、11月、多くの人の避難生活はまだ終わっていない、ようやくプレは仮設住宅ができたと言う紹介。そこに伊達町長が一人歩いているシーンになりますが、番組は、こう結んでいました。

「本当に大事なのは、
 そこで暮らしていた皆さんが、
 これからもここで頑張っていくという気持ちを
 みんなで共有してどう盛り上げていけるかどうか」

町長の熱いメッセージ。

東日本大震災以上の被害となった岩手県岩泉町です。


①あしたの恵み、岩泉。
 http://iwaizumi-forest.jp/
 ホームページを見て頂きたい。


②iwaizumi forest(岩泉の明日の林業をつくる会)
 https://www.facebook.com/iwaizumiforest/
 こちらをイイネする!
(できれば、サポート会員になる)


③岩泉町 林業水産室 室長 今村氏 
 https://www.youtube.com/watch?v=UrVjIgK6mKM
 WISEフォーラムでの今村さんの講演です。

 (約30分のyoutubeですが、
  ドキュメンタリー番組が見れなかった方へ、
  ぜひ、いまご一緒している市町村の担当職員からの
  林業再生の熱きメッセージをご覧ください)

④ 「ふるさと納税」をする。
 https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/03483


よろしくお願い申し上げます。

(追伸)私は、あの日は訪問予定でした。担当の役場職員様から、「(危険になるから)こないでください。」と連絡を受け行けなかった(行かなかった)。9月に、ボランティアにいってきましたが、関係者のひどい状況に目を奪われ、その光景に時を忘れました。しかし、11月、地域の方々から「もういちど、やるぞ!」と声をいただき、取り組んでいるプロジェクトは再開しました。それは森と水のシンフォニー岩泉の誇りを取り戻し、日本の林業地のあたらな一つのモデルになるように。広葉樹×FSC国際森林認証のチャレンジをしていきます。私は、私の役割を全うしていきたいとここで思うとともに、みなさま、是非とも応援のほどよろしくお願い申し上げます。



編集 / 2016.12.11 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ