【山本五十六の「国産品を使え!」の意味 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【山本五十六の「国産品を使え!」の意味 】

やって見せ
説いて聞かせて
やらせてみ
讃めてやらねば
人は動かぬ

で、有名な、山本五十六。

新潟は、長岡高校(旧制中学校)出身であります。

その、山本五十六のことば 

という書籍を、昨晩の枕元で、見ていました。


「衣食住のことで文句を言うなかれ。
取るに足らぬことなり。
男子たるべくもの
大目的を貫することが第一で、
それ以外は枝葉末節である。」

「男にとって有意義な時間の過ごし方は、
勉強すること、
運動すること、
寝ることの3つしかない。
それ以外の時間の使い方は、中途半端で役立たず。」

どれも
山本五十六の長男義正への諭した言葉と言われていますが、
どちらも、こちらの身の引き締まる思いでありますが、
別途に、印象的なものがありました。


「国産品を使え!
 でないと日本の航空は独立もしないし、発達もしない」

というものですが、これは
五十六が海軍の航空本部技術部長時代の発言です。

海軍航空技術陣に対して、

「大刷新と惰眠を貪る民間航空会社に対して覚醒の鉄槌を加えた」と、
部下の三和義勇が振り返っています。

五十六は「凡(すべ)てを国産品で」と提唱したのですが、
それは、外国新鋭機にまず特許料を払い、長所を取り入れて、
自らに富国強兵していこうという思想です。

しかし、続きます。

「外国機の輸入は、我航空科学技術の恥辱と思わねばならぬ。
 それは日本の科学技術の試験代。 
もし、国産機が海外機の単なる模倣に終わったら、
 欧米科学に降伏したものと思え、その代わり、
それを凌駕する優秀機が創れたら、
勝利は日本科学の上に輝いたと思え。」

と、その後、日本海軍に優秀な中型攻撃機やゼロ式戦闘機が
出現することにつながったと言われています。

さらに、
「すべては、学問と科学とに、その基礎をおき、
 学理上から見て、必ず成功する目途がついて敢行した
 大冒険」

という言葉も残していまして、

昭和16年、長岡高校(中学校)の同窓会で、
連合艦隊司令長官の職にあった五十六が、
当時、
「アメリカなど我が大和魂には勝てますまい」
といいつつ、その際、身を正して、
米国の科学力、資源力について、もっとよく見直さねばならないと
諭したといいます。

リンドバーグの大西洋単独無着陸の飛行横断をした話を
その大冒険と持ち出し、学理上の自信があったからこそ
冒険したのだと、称えて述べています。

日米開戦はやむを得ないという世論のなかで
アメリカの科学の力、そして、
世界無比の裏付けある資源と工業力をしっていて、

「日本は絶対に米国と戦うべきではない」と主張していたのが五十六。

まとめますと。

1)生きる意味とは、学びきること、完遂すること
2)科学的知見に基づくこと
3)国産にこだわる本当の意味、プライド

ということでしょうか。
全てに通じることにも思います。
スポンサーサイト
編集 / 2017.04.23 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【人生を変えるシンプル思考(桜井章一) 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【人生を変えるシンプル思考(桜井章一) 】


学生時代に、麻雀が大好きだった自分は、
桜井章一の雀鬼シリーズをレンタルビデオ屋でかりて、
友人たちとみて、研究したものです。

やくざのいる裏の世界で、商取引の代打ちをし続けて、
20年間、無敗だった、この桜井章一は、
いま、麻雀を通して、若者に、生き方を教えています。

たくさんの書籍をだされていますが、
それがまとまった形で、誰にでも、ビジネスでも、プライベートでも、
読める書籍が、コンビニでうっていて、買いました。

人生を変えるシンプル思考 77
~20年間無敗の雀鬼が明かす77の思考~
 桜井章一

中身は、

第一章 考え方をシンプルにする
第二章 行動をシンプルにする
第三章 習慣をシンプルにする
第四章 生活をシンプルにする

となっていて、そのなかに小見出しがあり、

たとえば、

・シンプルにするから勝てる
・「そのうち」と思って後回しにしない
・不安とのいい付き合い方
・相手の本心を知ろうとしない
・「どうにかしなきゃ」でなく「どうにかなる」
・プライドはいつでも捨てられるようにする
・何もないのに豊かであれ
・仕事が合わないのではなく、自分からあわせていく

等など
シンプルに考える大切さが
見開き2ページ1テーマで書いてある書籍です。



私が、77のうち、
いいな!と思ったのをいくつか紹介しますと、


*ビギナーズラックは説明ができる
*「答え」よりも「問い」をみつける
*「得る練習」ではなく「失う練習」をする
*マイナーな感覚を根っこに持つ
*自分を二番目に置くといい
*心の向きを工夫する
*重心をしたにしていきる
*不利なときは距離をおく
*「成長」すれば「成功」しなくていい


というテーマでした。

自分を二番目に置くといいというのですが、

「人間は自尊心が強いもの、謙虚なひとでも自尊心がないひとはいない。

自尊心が人生を複雑にしてしまう。

自尊心を膨らませないためには、
自分を二番目に置くことが大事だ。

二番目に自分がくれば、
どんな危機的なことがあってどうってことないと思える。

一番目に置くとは、
危機に瀕している人たち、
あるいは、
脅威を振るう自然などを対象としたらいい。

自分を二番目に置くと、楽に生きられるのだ。」



地域経済とかビジネスとかやっていると、
私には、なんかこの言葉がすーっとはいってきました。


でまた、これを読みながら、外食をしていたのですが、
隣の席の人が、たまたま、麻雀が好きな人で

「きみ、若いのに、桜井章一しってるの?」

となって、

「知ってるか?運には、二つある、天運と地運だ!」

と、私がいつも言っていることを、知っていて、
その60近い、おっちゃん(敗者の先生でせいた)
と、お互い盛り上がってしまいました。

これも地運ですねw。

(参考)運がいいとは何かはこちらから↓
 http://daisukefurukawa.blog18.fc2.com/blog-entry-266.html
編集 / 2017.04.19 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【自立ってなんですか?(人生方程式、情熱方程式、成功方程式)より考察 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【人生方程式、情熱方程式、成功方程式 】

本日、社員と、
何をもって、自立、向上といえるのか。
そういう話をしていたのですが、
生きるってどいうことを寝ながら考えて、改めて、まとめて、みました。


私がよくいう、
まず、情熱方程式については、

情熱=好き×憤り(コンプレックス)
    →原体験から生まれ出るもの

というものですが、

多くの経営者(あるいは自立した人間)は、
この両方を持ち得ていて、過去の経験を未来の力にしています。

好きこそものの上手なれというものがあって、かつ、
馬鹿にされたり、敗北感を味わったり、悔しかったりの憤りを
情熱に変えていく。

ただ、
情熱の矛先が間違えてしまう人もいます。

それが「考え方」です。

京セラ会長、JAL再建を担われた稲盛和夫氏は、


人生方程式=(考え方)×(熱意)×(能力)


とおっしゃっています。

すなわち、熱意、情熱があっても、
考え方が違っていたら、違う方向に行くし、
能力がなければ、何も世の中に貢献できません。


その考え方というのは、私なりには、
船井幸雄氏の 成功方程式 =(素直、勉強好き、プラス発想)
だとして、

熱意は、自己流ですが、好き×憤りの原体験とし、

そして、
能力とは、学歴とかではなく、
目標をもち、不断の努力の小さな積み重ね、基礎練習にある
と思っています。

素振り、キャッチボール、バス練習、

営業マンでも現場マンでも、一緒で、基礎練習してますか。

わたしは、身近な社員や、クライアントが
自立心、向上心が高くなっていくことが嬉しいですし、
この人生方程式等から、皆様が自分なりに落とし込んだとき、
何がどう具体的なアクションに変えられるか。

まとめ

人生方程式=情熱(好き×憤り) ×考え方(素直、勉強好き、プラス発想)×能力(基礎練習の積み重ね)

というところでしょうか。
これぞ、自立と言えるのかもしれません。

いま、
地方創生、国産材ブランド化、等の仕事仲間や、
研究会のメンバーについてもそうですが、
強い個があって、強い集団でありたいと思います。
プレミアムを事実プレミアム化する。
テーマです。

自立のために、好きなポエム

「ゲシュタルトの祈り」~~~

私は私の為に、あなたはあなの為に生きている

私はあなたの期待に添う為にこの世界にいるのではなく

あなたも私の期待に添う為にこの世界にいるのではない

私は私、あなたはあなた

もし私達が偶然にも出会うならそれは素晴しいこと

もしそうでないのであればそれもまたよし

Byフレデリック・パールズ
~~~~~~~~~~
フレデリック・パールズ(フリッツ・パールズ)
ユダヤ人でもあるドイツの精神科医

編集 / 2017.04.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【社員旅行 高知旅行  】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【社員旅行 高知旅行】

「悩みごとととは、
 得てしてて自分のいい加減さから生まれるものだ」

父がよく私に言った。
父が日本郵船であったため
家は、家電も車も三菱が多かった。


今日(17日)まで、高知で社員旅行をしている。
今年で5回目。

今回、
高知の桂浜、坂本龍馬像はもちろんのこと、

安芸市へ移動し、
三菱の創業者、
岩崎弥太郎の生家にきた。

ボランティアガイドから案内された、
弥太郎の歴史をきく。

明治6年
廃藩置県後、彌太郎は
船舶運輸の会社、九十九商会の経営を引き受けた。
九十九商会は「三川商会」に社名変更し、
その後船旗の三つの菱形にちなんで「三菱商会」となる。


https://www.mitsubishi.com/j/history/series/yataro/
詳細は、こちらを参照にされたいが、
この高知の土地で、何を想い、どう世界へ羽ばたいたか。

ボランティアガイドのお話と
ファイル(紙芝居)に目が釘付けになった。


6年前の大河ドラマ、龍馬伝がちっと演出が過ぎていて、
竜馬とそこまで仲良くないし、
生家もそこまでほこりっぽくないし・・・
というのを教わったのは余談だったが、

三菱ファン
三菱グループのひとは
絶対に行くべき場所だ。

周りで色々な変化があった。
自分もここで何をしているのかと思うのである。
何かの転機であることは間違いない。


編集 / 2017.04.17 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【生きているから。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【生きているから。 】

あと一歩で死ぬかもしれなかった。

そういう経験っていうのは
自動車運転だったり、
林業現場であったりしますが、
急な病気でもあったりします。


つい最近のこと、
突然の入院をされた30代の経営者で、
私が、弟のように慕っているお客さまでもありますが、
先方がどうしても会いたいということで、
お会いしました。

家族と同伴付きならば、医者の許可が下りるということで、
お会いすることとなりました。

内容は何かといえば、
病気の内容が深刻だったこと
九死に一生を得るくらいのことだったこと。

これからは、このいただいた命を活かして、
復帰したら、本当にやりたい事業をやりたいということ
(自然治癒で治るというのを聞き安心しました)

いままで
「やらずに悔やむよりやって悔やむ」とか
「成功の反対は失敗ではない、やらないということである」
とか、自分が文面上にいっても、それは彼にとって、
失礼な言葉だと思ったのです。

別件、また、私がお世話になっていた
30代のある経営者が、危篤だと聞きました。

いま自分、何やってんだろと、思ってしまうのです。

うちの社員から教えてもらった言葉です。


>「変化し続けること=安定」という気持ちを持ちましょう。
編集 / 2017.04.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ