【宝の情報を気付かず捨てないために。】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【宝の情報を気付かず捨てないために。】
~へぇそうなんだ、とか、疑ったりするんじゃなく、何かプラスがあるはずだ。~


人は自分が興味を持ったことは、自ら動きますよね。
ただ、
興味を持たないことは、なかなか動きません。
で、興味を持たないというのはどういうことかというと、
それは、たいてい、ある情報を得てから、興味がないと判断するのですが、
その情報は、二次情報であり、
人の加工した情報で判断しています。

そして、何かを遮断してしまっています。

過去にこう教わりました。

・自分で見たこと、やったこと
・信頼を出来る人が、言ったこと

この2つしか信じてはならない。

この日、
ある事柄に関して、
ある人が、懐疑的な意見を述べました。
私は、「そうなんだ~」と流してしまったことから、
深く自ら調べることはしていませんでした。

そして、興味の目を閉じてしまいました。

しかし、
私のある情報発信から、
それを読んだ方からメールが来て、
具体的に調べてくださった方がいて、
それは「こういう視点でみたら」「こうプラスだね」
という内容でした。

はっとしました。

なんとなく人の話を
なんとなく自分の意見のようにして、
しゃべってしまっていて、興味を閉ざした自分に気づきました。

人の意見を疑いなさいということでなく、
もしかしたら、
違う見え方ができるかも?
違うプラスの価値があるのでは?

そう思って、
「自分で見ていく、やっていく」

その情報を、興味あるものにするか、
すなわち、ゴミにするか、宝にするかは、
自分次第なのですよね。

そういえば、若干話がずれるかもしれませんが、
大学院時代、
既往の研究を鵜呑みにするなとはよくいわれましたが、
今考えれば、ご健在の人ならば、その研究者に会いに行けばいいんですよね。

批判的合理主義になるのではなく、
自ら情報にバリアをはるような思考回路をしないこと。

いいとこ見つけて、うごいてみる。

そういう癖付けが大事ということかもしれません。
教えてくださる人が私の周りにいます、
ありがとうございます。

(そう、要するに自分と違う考えがあるひとを、
 本当に信頼できる仲間としてどれだけつくれるか、
 それがきっと興味の巾、行動の巾、結果の巾になるんでしょうね)

1) 二次情報の中から、プラスを見つける癖付け
2) 見つけたら動くだけじゃなく、不安でも自ら動くこと
3) 自分とは違う気づきが得られる、信頼ある仲間をつくること
 
ということですね。
そのために(人のためになる)情報発信に余念なく。
Give&Giveの精神で。

「常識とは18歳までに得られた偏見のセレクションである」
というアインシュタインの言葉も思い出しつつ・・・。
スポンサーサイト
編集 / 2017.02.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 「難しい」って何?  7つの反省 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 「難しい」って何?  】


私は、「難しかった」 と言われるのは屈辱です。

古川さんの話、わかりやすかった!と言われるのに対し、
やはり、難しかったとなれば、それは、一番、
反省しなければなりません。

たとえば、7つの反省。


1 単語(ワード)を平易にする。

2 枠組み(話題の領域)の設定をする。

3 事象(出来事)を分解する。

4 「3つ」あって、「2つ」あって、と先にいう。

5 相手が多数いたら、
聞き手のギャップ(既知の人、そうでない人)を埋める。

6 ゆっくり話す。

7 繰り返す(立ち返る)



この辺りがポイントかと反省です。

お客様から
「今日の古川さん難しかった」といわれたこと、
そして、社員からの指摘を受け、改めて、驕りなくと。

別の言葉で言うと、

1 難しいカタカナ、専門用語ではないか
2 議題が明確になっているか
3 分解して話しているか、因果関係があるか
4 さみだれ式に話していないか
5 聞き手の知識差を確認しているか
6 とにかく早口過ぎていないか
7 再確認をしているか

ということで、チェック項目にしてみました。
できてなかったら、またご指摘ください。
みなさまはいかがですか。
何かご自身で気を付けていることがあったら教えてください。
編集 / 2017.02.21 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【私の仕事、7つの 「出す」    】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【私の仕事、7つの 「出す」    】


「それは、ロジカルじゃない!」

ドイツでは、日常会話でそういうシーンがあります。
日本人は、情理と合理をいったりしてきて、
全然、合理的でも論理的でもなくても、何かが動いていきます。

でも、
どっかで「きもちわるい」って思いながら、
動いてしまっていませんか。

文章の矛盾が気持ち悪いとか、
本音と建前の乖離が気持ち悪いとか、
社会が矛盾していき、
子どもには「嘘をつくな」と教えてきた大人たちが、
苦しい人生を歩んでしまう。

2002年、大学院生時代、雑誌AERAに、
読者の声に投稿したら、掲載されました。

「正直者が馬鹿を見る世の中はオカシイ」っていう文章ですが、
なんだか今思えば恥ずかしいですが、
正直者になろうっていうメッセージでした。

さて、
今日は旭川から東京へいき、
東京で打合せを3件行って、
夜は、大阪オフィスで仕事という一日でしたが、

改めて、
正直とは何か、
ロジックとは何かを詰めていく作業をしました。


1)理想を語り出す(場合によっては、ローカルで飲む、夢を語るw)
2)根拠を拾い出す(データ、ヒアリング、アンケート、現場から分析する。)
3)課題を洗い出す(現実をよりしっかりみる)
4)機能を生み出す(理想と課題のギャップを埋めていく)
5)行動を作り出す(その「機能」の具体的アクションを書く、ただし、必ず、SMARTの法則とする。)
6)言葉に写し出す(絵や、図でもいいが、メッセージ、言葉(ポエム)をつくる。)
7)予算で動き出す(最後に、予算(事業責任)を明確にする。)

それらを、図や表、グラフ、
そして、構造的なロジックツリーで図式化する。
かっこいい(ちょっと背伸びした)言葉を作る。
人間は言語で動く動物だから。

そういう仕事をしてかつ、
自らが明るく、夢があり、プラス発想で、
でも、具体的に明日からできることからできそうなことを提案する。

今回、北海道の中川町の講演の仕事で、
私の尊敬するある方が受講されていたのですが、
そのFacebookに、自分の仕事の意義を再確認しました。

>>>>
北海道中川町のローカルベンチャースクール最終回でした。
今回の講師は古川大輔さんでした。

僕としては、グチャグチャした僕の頭の中を因数分解して、
理論づけてもらえたように思います。たとえば僕は少し変わっていて、
人がやってることと違うことがやりたくなるし、
やっててわりと飽きてまた新しいこと始めようと思うのです。
しかしそれってビジネスには重要な要素だということを、

理論づけて説明してくれるんですね。あ、それそれ!みたいな。
これってビジネスだけじゃなくて、生き方そのものにも共通する話なのかもしれませんね。
>>>>

凄く凄く手前ミソな論理ばかりですが、
改めてその精度を高くし、そしてもっと結果にこだわって、
社会の矛盾をなくすチャレンジをしていきたいと思いましたし、
無期限の暫定的状況でモヤモヤするとき(自分も含め)
どうやって進んでいくか、人生コンサルも含めてやらねばと。

さて、いまは年度末、ラッシュですが、
精度の高いゴールにむけて、もっとバカになって、走り出す!!!

皆さん一緒に頑張りましょう。
出し切りましょう。
編集 / 2017.02.13 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 しくじり先生と協力隊報告会 ~目標を正確に立てる前にまず動くこと、そして・・ 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 しくじり先生と協力隊報告会 ~目標を正確に立てる前にまず動くこと、そして・・ 】

21(土)は、
弊社主催、国産材ビジネスセミナー最終回でした。
「利益を生み出すビジネスモデルを作ろう!~千円の柱を10万円で売る方法~」

ゲストは、岐阜県東白川村で林業・製材業を経営する
株式会社山共 代表取締役田口氏。
私と同い年で、ちょうどこの日が30代最後の日。

彼が社長になって、10年、当時に比べて売り上げは倍増。
私と出会って8年、コンサルティングを行ったのは、そのころ。
いまはclubプレミアム国産材の主力メンバー。

そんな彼が、
テレビ「しくじり先生」になぞらえた
プレゼン方法で、成功と失敗(苦労)そこからの学び
(10年間のチャレンジ)を披露いただきました。

また、
田舎で暮らす意味合いというところでは、ビジネスだけでなく、
消防、地歌舞伎、PTAの活動、飲み会、
といった地域での諸活動を、
結果ローカルでビジネスをやることにおける、
いわゆる「「楽しき」残業」のようなものとたとえ、、
地域での時間の使い方や、自治の大切さも、話されつつ、東京と地方を往復する
カントリージェントルマンを目指すという「楽しさ」を
レクチャーいただきました。

「Aという提案をやってみて、うまくいかなかった、疲れた、
しかし、次にBという課題がみつかった、
Bをやっていくと、新しい発見ができ、
結果Aをやっていたことがすごく役に立ったり、
Cという学び(地域連携)という現状が、いまある。」

まさに、やらずして、何も起こらない、動くことの大切さをレクチャーいただき、
受講者の中でも、独立や起業を目指す人たちに大きなヒントを提供することとなりました。
田口様ありがとうございます!

22日(日)は、
地域おこし協力隊 報告会@川上村でした。

国会議員、総務省役人、県庁職員も来賓におこしいただき、
村民向けの地域おこし協力隊7名/地域支援員3名の、
プレゼンテーション。

去年に引き続いて2回目。
明らかに異なるのは、

①事業の明確化と
②実績の積み上げ
③今後のビジョン

が各プロジェクト、各事業、各チームごとにあったことです。

100mを走ったことがない人に、
目標は何秒にする!?といっても、まったくわからないもの。

まず、一度走ってみる。
すると12秒だった。
だったら、次は11秒を目指そうとなります。

ローカルベンチャーも然りです。
やったことないことにチャレンジするとき、
とりあえずの目標は立てられますが、
「まず、走る」ということができない限り、
目標は精度高く立てられないものです。

立ち上げの苦労では、
100m走ろうとしたら、
実は200m走らなきゃいけなかったとか、
50mで済んでしまうということもありえます。

それでいいんです。

ただ、明らかに、
田口氏の講演にもありましたが、

しくじり(失敗)→(まなび)→(成功)→またしくじり

の繰り返しが、結果的に、成功に近づくこととなるわけです。
それは、素直、勉強好き、プラス発想に尽きるものと思います。

だからこそ、いまがある、
以下、本日の学び(竹中氏からの学び)も含めて、
私自身、お客様(アドバイスする先)から、学ぶことが多く
感謝であります。

学び
━┛―――――――――――――――――――――――――
(ヒマラヤ登山からの3つの学び)


今回、2か月間、日本を離れ、
ヒマラヤの未踏峰に登った、協力隊の竹中くんの報告もありました。

彼が、ただ自分の趣味だけでなく、何をここから学んだのか
というところは、極めて大きな学びとなりました。

登り方が100%こうだと決まっているわけでない、
天候不良、実地の読みの差、色々な課題がぶち当たる、
未踏だからこそ、わからないことが多い、
課題というものは、与えられるものではなく、自分でみつけていくものだ。

そして、結局、俺は逃げないという人の存在がいかに大事か
リーダーシップとは何かを学んだと。

そして、最後は、結局、世界の山を見れば見るほど、
日本の山の良さに気づくということ。

まさに、雪の中に溶け込む、
絶景、絶叫なる絶壁の山の写真で、
最後、まさかの頂上で「川上村の村旗」を立てた写真は、
なにかジーンと来るものがありました。


1課題は自分で見つけるもの。

2リーダーシップ
 (俺は逃げないという人の存在)

3日本の山のよさ
 (暮らしの後、石垣、自然・・・)

学びを、ありがとうございました。
編集 / 2017.01.23 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 しくじり先生と協力隊報告会 ~目標を正確に立てる前にまず動くこと、そして・・ 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 しくじり先生と協力隊報告会 ~目標を正確に立てる前にまず動くこと、そして・・ 】

21(土)は、
弊社主催、国産材ビジネスセミナー最終回でした。
「利益を生み出すビジネスモデルを作ろう!~千円の柱を10万円で売る方法~」

ゲストは、岐阜県東白川村で林業・製材業を経営する
株式会社山共 代表取締役田口氏。
私と同い年で、ちょうどこの日が30代最後の日。

彼が社長になって、10年、当時に比べて売り上げは○%増。
私と出会って8年、コンサルティングを行ったのは、そのころ。
いまはclubプレミアム国産材の主力メンバーです。

そんな彼が、
テレビ「しくじり先生」になぞらえた
プレゼン方法で、成功と失敗(苦労)そこからの学び
(10年間のチャレンジ)を披露いただきました。

また、
田舎で暮らす意味合いというところでは、ビジネスだけでなく、
消防、地歌舞伎、PTAの活動、飲み会、
といった地域での諸活動を、
結果ローカルでビジネスをやることにおける、
いわゆる「「楽しき」残業」のようなものとたとえ、、
地域での時間の使い方や、自治の大切さも、話されつつ、東京と地方を往復する
カントリージェントルマンを目指すという「楽しさ」を
レクチャーいただきました。

「Aという提案をやってみて、うまくいかなかった、疲れた、
しかし、次にBという課題がみつかった、
Bをやっていくと、新しい発見ができ、
結果Aをやっていたことがすごく役に立ったり、
Cという学び(地域連携)という現状が、いまある。」

まさに、やらずして、何も起こらない、
動くことの大切さをレクチャーいただき、
受講者の中でも、独立や起業を目指す人たちに
大きなヒントを提供することとなりました。


22日(日)
地域おこし協力隊 報告会@川上村です。

国会議員、総務省役人、県庁職員も来賓におこしいただき、
村民向けの地域おこし協力隊7名/地域支援員3名の、
プレゼンテーション。

去年に引き続いて2回目。
明らかに異なるのは、

①事業の明確化と
②実績の積み上げ
③今後のビジョン

が各プロジェクト、各事業、各チームごとにあったことです。

100mを走ったことがない人に、
目標は何秒にする!?といっても、まったくわからないもの。

まず、一度走ってみる。
すると12秒だった。
だったら、次は11秒を目指そうとなります。

ローカルなる事業(ベンチャー)も然りです。
やったことないことにチャレンジするとき、
とりあえずの目標は立てられますが、
「まず、走る」ということができない限り、
目標は精度高く立てられないものです。

立ち上げの苦労では、
100m走ろうとしたら、
実は200m走らなきゃいけなかったとか、
50mで済んでしまうということもありえます。

それでいいんです。

ただ、明らかに、
田口氏の講演にもありましたが、

しくじり(失敗)→(まなび)→(成功)→またしくじり

の繰り返しが、結果的に、
成功に近づくこととなるわけです。

それは、すなわち、
素直、勉強好き、プラス発想に尽きるものと思います。

だからこそ、いまがある、
以下、本日の学び(竹中氏からの学び)も含めて、
私自身、お客様(アドバイスする先)から、学ぶことが多く感謝であります。
編集 / 2017.01.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ