【プライシングと経営の持続的発展。 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【プライシングと経営の持続的発展。 】

価格の決め方。
プライシングって難しいですよね。

多くの方が悩んでいますが、この4つ

・競合価格比較法
・原価積増法
・感情価格決定法
・入札(競り/オークション)

です。

上記3つを勘案しながら、
価格体を決まていくというのが一般的で、
マーケット、競合をみながら、自社の利益(強み)をということです。

また、競りあがっていく商材であると分かる場合に、
競りをしていきますが、
競りはゲーム性が楽しく、辞められない人は抜けられないのですが、
安定した収益を目指す場合、売り方、価格を変えねばなりません。

大事なのは、

1)ご自身の商材・商品を誰に買って欲しいのか。
2)その商材(モノ・サービス)をつかうと、
どのようにお客様がハッピーになるのか。
3)さらに、いつまで、ハッピーでいれるか。

その愛や自信、時間軸がない限り、商売をしてはならないのでしょう。

商売というと、
いっきに商い(飽きない)とはよくいったもので、
それは

商品(満足)=価値/価格 + α(サムシング)


を提供しつづけていくことです。
期待値を超える、超え続けるというところになります。

顧客は、飽きますから。

そして経営側になれば、
持続可能な経営をするために、
最適価格とは、最高価格で買ってくれるお客様であると、
京セラ会長の稲盛氏の盛和塾でよくはなされますが、

大事なのは、
1)数(量)より売上
2)売上より粗利
3)粗利より、粗利×回転数
4)粗利×回転数より、粗利×回転数/精算時間(人数) となります。

ってそこのところよりも、

1 長所(強み)を磨き上げる
2 力相応一番主義
3 「売りモノ」と「売りカタ」の両輪とその現実を知る
4 時流に合わせた売り方を
5 夢を語り、目標を数年後に置く


いきなり、高品質なものを高単価でいくというより、 
高品質の定義は、お客様が決めることであり、
そのお客様と作り手の「対話」「感謝」「コミュニティ」を、
ファン層につたえていく、

1)顧客接点の創造
2)カスタマージャーニーの帆走

お客さんが、どう知って、どう興味をもって、
どうで出会って、どう購買につながり、どのようにシェア(情報発信)して、
顧客と作り手が一体化できていくか。

そこに「価値」がプラスになり、
また、価格設計を見直していけばいいと思います。


素直、勉強好き、プラス発想
長所伸展、力相応一番、時流適応

やはり基本です。


今日は、
「市場は1万円だけど、自信がないから、3000円で売りたい」という人と
「市場は1万円だけど、モデル老舗企業が10万円だから、10万円で売りたい」という人と

両方、出会いましたが、、
どのように説明していったかの一部をまとめてみました。
スポンサーサイト
編集 / 2017.09.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【リスニングとヒアリング。  】
カテゴリ: マーケティング/営業
【リスニングとヒアリング。  】

リスニングとヒアリング。
英会話の授業でよくつかいますが、
違いはご存知ですか。

listen:自ら意志を持って、「聴く」
hear:本人の意思とは無関係に、「聞こえる」

で、
ビジネスで、顧客ヒアリングとかいいます。

で、これって本当は、和製英語で、
hearing は通じない英語です。

正しくは、自ら意思を持って聴くから、
顧客ヒアリングって(Listening )で、

Listening to the customer
is a required skill for a position in sales.

なんです。

ただ、顧客ヒアリングっていい言葉だな。

正しいかも。

お客様の本心が、自然に聞こえてくるというか、
そういう自然の、森林のなかで、聞こえてくるというか、
そういうのがヒアリングであるとすれば、

・自然の声
・ひきだすサポート

ってすごく大事だなぁ。

確かにお酒の場だと色々な声が聞こえてきます。
そういう場も大切ですが、
そうじゃない場で、森の中で歩きながら、
自然の声、山主の声、施業者の声、きこえてくる。

それを聞き取ることができなければ、
僕の仕事はダメなんだな~。


「こたえは きっと、森にある。」

https://chiikino.jp/

弊社のWEBページ、左上にも、
コーポレートメッセージとして、これをつけました。

あ、そこに立ち返らなければならない、
そう学ばさせていただく一日でした。


編集 / 2017.09.08 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【靴とシャツ。 地方メーカー  】
カテゴリ: マーケティング/営業
【靴とシャツ。 地方メーカー  】


2つの地方メーカー、
いや国産ブランドメーカーを紹介したいと思います。


ひとつは、わたしも一足、持っていて、
履き心地抜群で、お気に入りの靴メーカー。

国産ハンドメイドスニーカー スピングル(広島県府中市)
http://www.spingle.jp/

厳しいアパレル業界において、国産ハンドメイドスニーカー
ブランド「Spingle MOVE」の勢いが止まらない。広島県府中
市の工場は生産ラインが追いつかないほど。その秘密を探る。

その人気は、こちらサイトに任せよう。
https://matome.naver.jp/odai/2134587248273710201


そして、もうひとつ。
これは財務パートナーから教えて頂きましたが、
親会社だったトミヤアパレルの経営破綻から3年。
独立して再出発した高級シャツメーカー、
HITOYOSHI(熊本県人吉市、吉国武社長)の経営
https://hitoyoshicorp.com/

こちらの人気は、ほぼ日刊イトイ に任せよう。
http://www.1101.com/white_shirt/2016-09-02.html


どちらも、
一度、履いたら、
一度、着たら、
リピーター化、口コミ化が間違いないといいます。


大量商品大量生産の
ナショナルブランドではなく、
あなたが見つけてきた地方の希少なホンモノに
出逢う


・技術力
・デザイン力
・物語/共感


自らが大々的に広報や宣伝をすることなく、
徹底的な商品力で、無名な地方から、世界へとゆく。

ラストワンマイルという、
最後の最後の物流の接点がテーマとなると言われる中で、
知ってもらえすれば勝てるという時代でもあります。

資本力だけでなく、
真剣なモノづくりが報われる時代だということでもありましょう。

皆さんも好きな
地方のあのメーカーありますか。
編集 / 2017.07.20 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【戦う自由人のための起業論
カテゴリ: マーケティング/営業
【戦う自由人のための起業論   】

知人に勧められ、
「ビジネスフォーパンクス(日経BP)」を読みました。
内容は、

2007年、
300万円で始めたイギリスのクラフトビールの会社が、
8年足らずで売上70億円を超えた。
熱狂的なファンを世界中でどうやって獲得したのか?
ブリュードッグの奇跡のマーケティング創業者本人が語る!


というもので、
2~3時間くらいでさっと読めるものです。

まさに、
起業をする人達、
新しく事業をする人達への熱きメッセージ本です。



第一章
「戦う自由人のための 起業論」

圧倒的な確率で、起業は失敗に終わる。
スタートアップの8割が立ち上げから1年半で潰れる。
1000社中800社、10社8社、5社中4社が、
打ち上げ失敗で爆発する計算だ。
仮に、最初の1年半をしぶとく乗り切ったとしよう。
それでも、会社が長期的な軌道に乗る可能性は、
せいぜい20分の1だ。

さぁ、目を覚まそう。

たった5%の可能性に賭けるのだから、
最初から集中し、甘えを捨てて、本気で、徹底的に
打ち込まなければならない。

ただし
起業は、過酷で容赦ない体験だが、
面白さも、満足感もある。
この章の目的は、土台をつくり、基礎を築くこと



というスタートであります。

あっという間に、読み終えてしまうのは、
文章の熱さ、言葉の重みによるものでした。

クラフトビールという世界観をつくった
ブリュードッグ創業者の経験が詰まっています。


大事なのは、
(私のピックアップからすると)

使命、現場、商品、仲間、財務、現金

「そう、はじめるのは、ビジネスではない。
             革命戦争だ! 」


まさに、
事業計画より財務知識が重要という
事も書いてありますが、
教科書通りのマーケティング概論はいらない。
ということですね。

勧めてくれた知人に感謝です。

編集 / 2017.07.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【「肉」中島南方から 技術と一体感  】
カテゴリ: マーケティング/営業
【「肉」中島南方から 技術と一体感  】

29日は肉の日。
大阪は、西中島南方という場所に、弊社オフィスがあるのですが、
「肉中島南方」というイベントを期間限定でやっています。

今年で2回目。
昨年は29店舗でしたが、今回は42店舗。

西中島にある参加飲食店が、
今回は、淡路島産新玉ねぎを題材に、
店舗ごとのオリジナルメニューを一品つくり、
それをパンフレットに載せ、WEBに載せ、メディアに載せる。

全体で一つになって、
西中島南方への総客数を増やすというのが目的です。

42店舗のうち1店舗
燻製バールのお見せによく行っているのですが、
マスターから、お話を聞きました。

1.共通テーマで仲間づくり
2.共通商材でオリジナル製品を
3.共通パンフ、WEBで集客、
4.牽引者は2~3名(42店舗のうち)が
  メディアとのコネがある

等おしえていただきましたが、

結局、これによって明らかに新規で自店舗に来た人が
多いか、少ないかが継続のポイントだろうと
おっしゃっていました。

地域のお付き合いではなく、
ビジネスをするとは何か。
継続とは何か。

私としては、
最終的に自社の
新しい技術開発、商品開発につながれば価値ありかと。

本日は、岐阜県郡上市にて、
ご紹介とコーディネートをすることになった
とある林業者の技術の講習会がありました。

「技術」とは何か

1)心技体、一体のものであり、教育的指導ができているか
2)経営戦略として、位置づけができているか
3)その技術を、売上/コストにどう反映されるか明確になっているか

この3つがポイントのように感じました。

で、点が線に、線が面になろうとするとき、
絶対に負けない技術サービスと
一体感をもちながら教育啓蒙し、広げる世界との両輪を
今日は2点の事例で紹介してみました。


みなさまの
・真似されたくない技術サービス
 (自社の強みとは何か)
・広げていきたい技術サービス
 (一体感と継続とは何か)

皆様のテーマはいかがですか。
では、本日もよろしくお願いします。
編集 / 2017.05.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ