★イベント案内&予定 (随時更新)★
カテゴリ: 未分類

【新着情報】
(全国の林業・木材業産地を飛び回ってます!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
facebook : http://www.facebook.com/daisuke.furukawa.58
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――――――――――
 講演・セミナー
――――――――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2016年度 国産材ビジネスセミナー  終了しました。
2017年度  7月下旬~8月上旬に 東京で予定しています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日時】平成29年 7月18日(月) 10:00~16:00 (予定)
【主催】岐阜県 森林文化アカデミー 
【対象】地域森林監理士の養成研修、アカデミー学生、一般
【場所】森林文化アカデミー
【内容】(仮)林業の顧客とはだれか?
    ~林業マーケティング&経営マネジメント 理論と実践~
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
第42回全国育樹祭1年前プレイベント 古川パネリストとして参加。
2017「国民参加の森林(もり)づくり」シンポジウム
~育樹から 木のある暮らし つないでく~

○ 開催期日 平成29年10月21日(土)13:30~16:30予定
○ 会  場 木材会館(東京都江東区新木場1-18-8)
       ※JR新木場駅 徒歩5分
○ 参加人数 約300名
○ 主  催 国土緑化推進機構、東京都、朝日新聞社、森林文化協会
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



――――――――――――――――――――――――――――――
2016年 国産材ビジネスセミナー@東京
――――――――――――――――――――――――――――――
↓↓↓詳細はこちら!!!
http://chiikino.jp/blog/?p=5674

第3回 2016年 11月19日(土) 
~女性目線を活かしたマーケティング&女性活躍のリアル~
  
第4回 2017年 1月21日(土)
~利益を生み出すビジネスモデルを 千円の柱を10万円で売る方法~

■ 国産材ビジネスセミナーの詳細ブログはこちら!
  http://chiikino.jp/?cat=20

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2016年 平成28年度 経営実践研究会(国産材ビジネススクール)@大阪 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

随時、会社のWEBページをご覧ください。
http://chiikino.jp/?page_id=187
――――――――――――――――――――――――――――――
【ラジオ】
――――――――――――――――――――――――――――――
全国FMキー局 ラジオアーカイブ (2014・6・28放送)
6月某日、全国FMキー局で放送されたラジオ「On the way journal 」。
約30分の番組ですが、是非お聞き頂ければ幸いです。
↓↓
http://www.jfn.jp/News/view/owj_w/14690

<第2話で古川が話した内容>
「『森ではたらく!』書籍、カホンプロジェクトについて」「原体験、町田の森と奈良県川上村の地域づくりインターン」「吉野林業」「1200年の森、世界遺産・高野山」「全国各地の林業を欧州のワインのように」「日本全国の多種多様な林業」「森林資源の持続可能性」「林業の安全性」「森林ビジネスの多様性と自立性」「映画WOOD JOBについて」「ソトモノの地域の入り方」「若手林業ビジネスサミットや林業女子」「若手へのメッセージ」「地域おこし協力隊」「経営とマーケティング」「都市と農村、理念と利益の両立」「情熱方程式」「足元の自然を大事する、鶴見川源流」「自分の大好きな森を探そう」 等について話しました。

――――――――――――――――――――――――――――――
【コラム】
――――――――――――――――――――――――――――――
 FSC認証「攻め」のマーケティング方法とは!?
 http://www.aiec-net.co.jp/archives/1028
 株式会社アミタ環境認証研究所のWEBページに掲載されました 
――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――
産経新聞 
http://www.sankei.com/west/news/140601/wst1406010066-n1.html
――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
編集 / 2017.10.21 / コメント: 6 / トラックバック: - / PageTop↑
【父の親友(71歳)と2人で飲む。 】
カテゴリ: 未分類
【父の親友(71歳)と2人で飲む。 】


映画「永遠のゼロ」で、
自分の祖父のことを徹底的に調べようとしたことと、
時代、事象は大きく違うが、
でも、この日、私の父の中高時代の同級生に
奈良の桜井で、初めて会って、話をたくさん聞いたことと、
どちらも何か遠い過去の事ではないように感じたものです。

「私のことを、お父さんだと思ってください」

そういうご挨拶でした。

昭和20年生まれの私の父。61歳で亡くなった父の、
青春時代といえば、
白黒の写真しか見たことがないのですが、
何故か、その父の親友と話をすると、
私が父から聞いたことない話がたくさん聞くことができ、
凄く父との親近感をまた感じた時間でした。

その新潟は長岡の父の親友が、
私の父が亡くなったことで、私のブログをよみ、連絡をくれたのが3年前。

「古川くんの親友のIといいます。
  葬儀に行けず、亡くなったのを知らなかった、
お墓を教えてくれますか?」

そこからでした。

今回、メールにて、桜井あたりで、
自転車旅行をしているので、会えればと連絡を受け、
私自身も初めてお会いしました。

「あぁ、古川くんと似てますね」

父の想い出話をたくさん、お互いにしましたが、
なぜか自分の父と同じ世代に自分を投影しつつ、
タイムスリップしたような感じを受けました。

同級生の「櫻井よしこ」さん、
と一緒の写真を見せてくださって、

「古川くんも生きてたら、この同窓会に参加してたろうな。」

と、つい最近の、長岡高校の同窓会の写真を
見せてくれて、色気のある話も色々と聞いたりもしました。

その方は、私の父と母の結婚式にも参列し、
その時の引き出物が、私の祖父が描いた小さな油絵で、
今も大切に飾ってあるとか、初めて聞いたり、

26歳くらいのときに、
同窓会をしたが、その時の長岡の夜で
あんな、こんなやんちゃをして古川くんは怪我をしたとか・・・。

なんか父と自分、やっぱり似てるなって思いながら、
私の話を聞いている、その親友は、
親友の息子である私のことをこういってくれました。

父から直接聞いた父の過去と
父の親友から聞いた父の過去が、
小説の描き方の作者が違うだけで、
自分のなかにすっとはいってきて、
逆に自分にとって、
その親友が知らない、家族としての、父、
古川伸一の話をたくさん伝えました。

すると、

「あなたは、やはり、古川(伸一)君の血だねぇ。」

そう、言ってくれたとき、涙が出そうになりました。

それを誇りに思い、
自分自身も、自分の子や孫がきっと、
私の親友たちとそうい、よき関係ができるよう・・・・。

誇りある生き方をしていきたい。
そうおもった。

父よ、ありがとう。
編集 / 2017.04.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【SNSとリアルの ズレ   】
カテゴリ: 未分類
【SNSとリアルの ズレ   】

学生時代に、
麻雀とサッカーをやっていてよかったと思うことがあります。

その仲間たちから、
それぞれに、あれやこれやとのつながりが出来、
いまになって、ビジネスの紹介があったりします。

サッカーしか知らなかった人で、
殆どしゃべったことない仲間なんですが、
Facebookでつながっている、投資会社の人で、

「古川さん、
 僕の、お客さんが、
 実は、林業関係の企業をしているんで、
 是非にと思って・・・」

とご紹介を頂きました。

よく、学生の時はしっかり遊べと。
旅をしろ、本を読め、人と会えというのは、
本当に間違っていなくて、結果的に、今の血肉となっています。

これは
リアルがあって、SNSによって広がったよい事例で、
ズレがなく、いい事例と思います。

ただ、SNSばかりになると、
なにかズレが多くなります。

人にはそれぞれのコミュニティがあって、
それが、被ることがないから、いいのですが、

サッカーならサッカー仲間
麻雀なら麻雀仲間
研究室なら研究室仲間

という世界で、自分のキャラクターも
そのコミュニティによって多様であるのに、
ついつい、Facebookコミュニティーだと、
その多面的な自分(多面的自己)について、
多くの別のコミュニティの人にも見られ、

あの人に仕事頼もうと思ったけど、
あいつのあげたFacebookをみると、俺はあれ(あいつの趣味)が好きじゃないんだ。
とかになりがち。

で、多くの人に見られるので、(友達申請のルールによりますが)
何か、中途半端な自分像をつくりあげねばならず、
(みんなに言い顔的な投稿をする)ということがあります。

たとえば、
憧れだった部活の先輩が、
Facebook上で、その先輩の先輩や、会社の上司からイジられたり、私は見たくない。

また、たとえば、すごく自分にとってかわいい後輩が、
それより年下の後輩に偉ぶっている風なのが見えたり、
って、なんか違うな!?って思ってしまう。

(まぁいいんですけどねw。)

私は
小学校の時、サッカー仲間には、
ピアノをやっているのが恥ずかしかったので、
絶対に言わなかった。

だから、自分を演じる人たちもいて、
あるときは、あるビジネスパートナーから

「俺は、●歳ってことになっているから、
  Facebookではビジネスに割り切っているんで、
コメントするときは、注意してくれっ」て、いちいちいわれたりw。

そういう面倒なところあるんですけど、

自分のキャラづくりも疲れるので、
これからどうしていきましょうかね、みなさん。

・リアルな顔(コミュニティごとの顔)
・SNSな顔(Facebookの顔、インスタの顔、さらに細分化)

ってわけてもまた疲れます。

仮想空間にもかかわらず、
またコミュニティを増やすだけですからね。

あくまでリアルコミュニティが中心で、
SNSは補助的な広がりのために、
しかも、ルールをよく知って、使わなければならないと思うのです。

学校で教わらないできた世代は、ちょっとSNSに使われないように。
個人データの取り扱いも気を付けていきたいものです。

みなさん、
それなりのルールはありますか?


<まとめ>
・リアルで、多様なコミュニティには、きっちり楽しく参加する。
・リアルで、自分が多様なキャラクターがあることを認める。
・リアル×SNSでの、ズレ(気持ち悪さ)が何かを、一度、自分なりに書きだす。
・SNSは、用途に分けて分野特化か、ちょっと演じるか、巣のままでさらけ出していくか、自分なりに考える。
・SNSでは、5~6のコミュニティのうち2~3と絞る。


結論、
組織(会社)=個人が、大きくブレナイのであれば、
いくつかの「自分像」を、集約した自分をつくり、その広がりを素直に作るのが今に合うのかと思います。

 →・人生の中に仕事があるのではなく、仕事の中に人生がある。

ですね。
編集 / 2017.01.17 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【2017年 新年始業 】
カテゴリ: 未分類
【2017年 新年始業 】

新年となり
「年」といわれてもピンとこなくて、
「年度」で動いている部分が多いので、
あと3ヶ月どう、きちんと結果を出せるかを
この1週間でいかにプランニングするかが大事のように思います。

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
ゆえに、夢なき物に成功なし。
-吉田松陰-

この言葉は、
いたるところにあって、
聞き飽きていたのですが、
ある方のFacebookで引用されていまして、
もう一度、自分事化したときに、いままた
しっくりときたものです。

夢も理想も計画も実行も
どこかが歯抜けになっていたとき、
ついつい自分が逃げていないだろうか。
自分の職業において、


・理想への将来性
・将来への共感性
・共感への実働性

というのでしょうか、
夢→妄想→構想→計画→調整と触媒機能(実効支援)

において「シェア」しあっていかねば、
自分の存在意義がないと思ったものです。

2017年は、
会社は6年目、時間価値を最大化していく組織へと飛躍し、
「結果(アウトプット)にこだわる」を重視し、
邁進していきたいと思います。
今年もよろしくお願い申し上げます。
編集 / 2017.01.05 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 誰かへの林業ツアー(旅案内)は、自分軸の再確認。】
カテゴリ: 未分類
【 誰かへの旅案内は、自分軸の再確認。】

村にずっと住んでいた住民は、
自分たちの地域を「こんな田舎、不便」だという。

しかし、移住者の多くは、
コンビニまで車で20分、
大阪まで車で90分、これは「近い、便利」という。

比較とは、相対的なモノ。

そして、過去何処で暮らしてきたかという「自分軸」に寄りますよね。

そんな中、日常だけに埋没すると、
色々な発見や気付きが失われてきて、軸がずれてきます。
自分軸が揺らいでくる。

都市と田舎に対して、重心をどう置くかということです。

暮らし、仕事、子育て、医療・・・

金曜、土曜と
川上村、高野山と案内をいたしました。

そのお客様の感想は様々でしたが、

いままで
私自身が、
川上村の欠点だと思っていたことが、
長所と解釈でき、それをどうプラスに活かすかを頂きました。

いままで
高野山の長所に慣れ過ぎてきたことの反省も頂き、
次のアクションへおしりを押されました。

わたしたちの案内は、
必ず地元の方(技術者、役場職員、最近では移住者)を
紹介し、より深い話がお互いにできるように努めていますが、
一番大事なのは、顧客への提案、顧客の具体的アクションのヒントの提供、
掛け算、加工した情報の提供です。
あくまでもこれが大事で、フィードバックがあってこそ、
視察、体験、ツアーの意味があります。

しかし、何よりも自分自身のカイゼンにもつながるんです。

1.忘れそうな知識、新しい知識
  (あれなんですか?次は、答えられないとはいかない)

2.客観的な気づきをいただく。
  (自分軸を見直せるようになる)

という2点です。

もちろん

1)林業ツアーの位置づけ 【戦略的4つの事業】
2)林業ツアーのタイプ 【コンセプト】教育啓蒙型/営業促進型・・・
3)林業ツアーの品質  【戦術】集客/企画/運営/接客/アフターフォロー
4)林業ツアーのコンテンツ  【戦闘】体験/食べ物/学習(クイズ)/お土産…

とあるのですが、
そのあたり詳しくはまた研究会やセミナー等で・・・。
編集 / 2016.09.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ