NEW ENTRIES
★イベント案内&予定 (随時更新)★
カテゴリ: 未分類

【新着情報】
(全国の林業・木材業産地を飛び回ってます!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
facebook : http://www.facebook.com/daisuke.furukawa.58
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――――――――――
 講演・セミナー
――――――――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2016年度 国産材ビジネスセミナー  終了しました。
2017年度  7月下旬~8月上旬に 東京で予定しています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日時】平成29年 7月18日(月) 10:00~16:00 (予定)
【主催】岐阜県 森林文化アカデミー 
【対象】地域森林監理士の養成研修、アカデミー学生、一般
【場所】森林文化アカデミー
【内容】(仮)林業の顧客とはだれか?
    ~林業マーケティング&経営マネジメント 理論と実践~
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
第42回全国育樹祭1年前プレイベント 古川パネリストとして参加。
2017「国民参加の森林(もり)づくり」シンポジウム
~育樹から 木のある暮らし つないでく~

○ 開催期日 平成29年10月21日(土)13:30~16:30予定
○ 会  場 木材会館(東京都江東区新木場1-18-8)
       ※JR新木場駅 徒歩5分
○ 参加人数 約300名
○ 主  催 国土緑化推進機構、東京都、朝日新聞社、森林文化協会
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



――――――――――――――――――――――――――――――
2016年 国産材ビジネスセミナー@東京
――――――――――――――――――――――――――――――
↓↓↓詳細はこちら!!!
http://chiikino.jp/blog/?p=5674

第3回 2016年 11月19日(土) 
~女性目線を活かしたマーケティング&女性活躍のリアル~
  
第4回 2017年 1月21日(土)
~利益を生み出すビジネスモデルを 千円の柱を10万円で売る方法~

■ 国産材ビジネスセミナーの詳細ブログはこちら!
  http://chiikino.jp/?cat=20

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2016年 平成28年度 経営実践研究会(国産材ビジネススクール)@大阪 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

随時、会社のWEBページをご覧ください。
http://chiikino.jp/?page_id=187
――――――――――――――――――――――――――――――
【ラジオ】
――――――――――――――――――――――――――――――
全国FMキー局 ラジオアーカイブ (2014・6・28放送)
6月某日、全国FMキー局で放送されたラジオ「On the way journal 」。
約30分の番組ですが、是非お聞き頂ければ幸いです。
↓↓
http://www.jfn.jp/News/view/owj_w/14690

<第2話で古川が話した内容>
「『森ではたらく!』書籍、カホンプロジェクトについて」「原体験、町田の森と奈良県川上村の地域づくりインターン」「吉野林業」「1200年の森、世界遺産・高野山」「全国各地の林業を欧州のワインのように」「日本全国の多種多様な林業」「森林資源の持続可能性」「林業の安全性」「森林ビジネスの多様性と自立性」「映画WOOD JOBについて」「ソトモノの地域の入り方」「若手林業ビジネスサミットや林業女子」「若手へのメッセージ」「地域おこし協力隊」「経営とマーケティング」「都市と農村、理念と利益の両立」「情熱方程式」「足元の自然を大事する、鶴見川源流」「自分の大好きな森を探そう」 等について話しました。

――――――――――――――――――――――――――――――
【コラム】
――――――――――――――――――――――――――――――
 FSC認証「攻め」のマーケティング方法とは!?
 http://www.aiec-net.co.jp/archives/1028
 株式会社アミタ環境認証研究所のWEBページに掲載されました 
――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――
産経新聞 
http://www.sankei.com/west/news/140601/wst1406010066-n1.html
――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
編集 / 2017.10.21 / コメント: 6 / トラックバック: - / PageTop↑
【まちのビジョン、自治の在り方、見られている。 】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【まちのビジョン、自治の在り方、見られている。 】

岐阜県は郡上市で、
築150年くらいのリノベーション旅館に宿泊しました。

http://www.nakashimaya.net/html/
WEBページもシンプルおしゃれでいいですね!

特殊なのは、
周辺に飲食店が多いこともあってか、
夕食はやっておらず、

「布団と朝ごはん」

という御シレなライティング看板が印象的。
サービスをぎゅっと絞っていました。

女将さんの曾祖父が建築家だったという話もききましたが、
何よりもまちづくりの事、
人の流れをどうつくるか、を考えていらっしゃるところでした。

話変わりますが、
人の流れと言えば、
京都市北区の北山・中川地区。

本日は、孫ターンをされ、
山のめん処 の店主(女性)とお会いしました。
ご自身のおばあちゃんの家をリフォームされた
古民家の美しい空間です。

【日祝限定】風景もごちそう!
古民家で頂くヘルシーつけ麺「山の麺処」@北区中川北山町
http://kyotopi.jp/articles/wGrGU

こちら参照いただければということですが、
こちら、北海道や千葉からも人が来られています。

(ぜひ行ってみてくださいね)

この方も、
町づくりにおいて、人の流れをどうつくるか、
常に新しいことを考えられており、
今日、2年ぶりにおあいさせていただき、
まちづくりのあれこれの情報交換をいたしました。

で、もともとなぜ、この麺処を始めたのか。

・おばあちゃんちで、子供の頃(夏休みなど)の印象がよかった
・建物がもったいないと思っていた
・町の水、空気が好きだった。

それでも、
市内に住みながら、
いなかに麺処をやろうと思った
タイミングに、
まちづくりの機運が高まっていた時だったため、
自分もやりたいことができたとおっしゃっておりました。


その隣の集落の小野郷地区においても
あるご夫婦がIターンとして移住されました。

大きなガレージが欲しいという理由でしたが、
どちらも共通していたのは、

「まちづくりビジョン」の冊子を読んだ。

http://kitayama3.jp/

ということです。


移住定住を考えていらっしゃる方々は、
ある特定の場所で決めるわけではなく、
色々な条件(例えば、街からの距離、自然条件、物件条件)
等だけで考えています。

だから、○○村に住みたい!と具体的に言う人は少ない。

そして、そういった条件から入り、プラス、
まちのビジョンや自治の在り方をしっかり見てこられる人が多い。

行政サービスとは何か。

弊社が、お手伝いさせて頂いた
まちづくビジョン(京都北山三学区)

http://kitayama3.jp/

こちらのブログも現在しっかり引き継がれ、
私たちがいなくても、更新され、移住定住者が増え、
交流人口も増えています。

まだまだ課題はあると、
本日おっしゃっておりましたが、

川上村に移住したひとも
「川上宣言、源流の村づくり」というビジョンをみて、
ここに来たいと思ったという方も多いのです。


まとめ

・○○という場所選ぶのではなく、条件で動く。
・ビジョンや自治の在り方も見られる。
・行政サービスとして
 PDCAの大切さも見られている。(ビジョンと実際)

この日にお世話になった、
岐阜県郡上市の林業会社も然りでした。

「林業経営は地域づくり」
どうやって交流人口、参加人口を増やしていくか。
古き歴史に、新しい技術をどう
本質は一緒のような気がします。

編集 / 2017.05.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【「肉」中島南方から 技術と一体感  】
カテゴリ: マーケティング/営業
【「肉」中島南方から 技術と一体感  】

29日は肉の日。
大阪は、西中島南方という場所に、弊社オフィスがあるのですが、
「肉中島南方」というイベントを期間限定でやっています。

今年で2回目。
昨年は29店舗でしたが、今回は42店舗。

西中島にある参加飲食店が、
今回は、淡路島産新玉ねぎを題材に、
店舗ごとのオリジナルメニューを一品つくり、
それをパンフレットに載せ、WEBに載せ、メディアに載せる。

全体で一つになって、
西中島南方への総客数を増やすというのが目的です。

42店舗のうち1店舗
燻製バールのお見せによく行っているのですが、
マスターから、お話を聞きました。

1.共通テーマで仲間づくり
2.共通商材でオリジナル製品を
3.共通パンフ、WEBで集客、
4.牽引者は2~3名(42店舗のうち)が
  メディアとのコネがある

等おしえていただきましたが、

結局、これによって明らかに新規で自店舗に来た人が
多いか、少ないかが継続のポイントだろうと
おっしゃっていました。

地域のお付き合いではなく、
ビジネスをするとは何か。
継続とは何か。

私としては、
最終的に自社の
新しい技術開発、商品開発につながれば価値ありかと。

本日は、岐阜県郡上市にて、
ご紹介とコーディネートをすることになった
とある林業者の技術の講習会がありました。

「技術」とは何か

1)心技体、一体のものであり、教育的指導ができているか
2)経営戦略として、位置づけができているか
3)その技術を、売上/コストにどう反映されるか明確になっているか

この3つがポイントのように感じました。

で、点が線に、線が面になろうとするとき、
絶対に負けない技術サービスと
一体感をもちながら教育啓蒙し、広げる世界との両輪を
今日は2点の事例で紹介してみました。


みなさまの
・真似されたくない技術サービス
 (自社の強みとは何か)
・広げていきたい技術サービス
 (一体感と継続とは何か)

皆様のテーマはいかがですか。
では、本日もよろしくお願いします。
編集 / 2017.05.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【ダイエットと経営(4か月で15キロやせた経験から ) 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【ダイエットと経営(4か月で15キロやせた経験から ) 】


今日は
昨日会った方との話の中で、
ダイエットの話を書く流れになったので、
ダイエットと経営と、題して、少し書いてみます。

実は、わたし、
数週間で5キロ痩せ、
2か月で10キロ痩せ、
4か月で15キロ程まで落としました。

何をしたかと言うと、

・毎日飲んでいたお酒を週4日に減らす
・夜の炭水化物は減らす
(特に飲み会の時は、炭水化物を取らない)
・体幹トレーニング(至ってシンプルなもの3つだけ)

をやったのみです。

しかし、これは、あくまで戦闘論。
これだと、何処のダイエット本にも
書いてあるし~ってなるでしょうね。

では、ここからがオリジナル。

振り返れば、
ちょうど1月の年始のこと
社員に、2017年、今年は何をするかと、仕事の事はもちろん、
痩せる!ということをペーパーで宣言。

みんなから確かに読みましたというサインを書いてもらったのです。
自宅の壁に貼ってましたw。

で、最初の2日間だけ、
ほぼ何も食べないというのをやりました。
ここだけは頑張りが必要ですね。

で、体重計に乗るんですが、明らかに2キロとか減ります。
このわずかでも「減った」という事実が自信になります。

いわゆる即時業績アップといっしょで、
小さな結果を出すことから始まります。

次に大事なのは、定点観測で、
とにかく毎日同じ時間に体重計に乗ることです。
朝のトイレ行った後が一番(減ってるので)いいですよw。

で、カレンダーに書きます。
500g単位で意識しますからね、

経営や原価管理等と一緒で日次管理が重要です。
気付いたらコスト増えてた~、ってならぬようにと。
それで、結果が積み上がっていくと、
変化が明らかに出て来るので、
廻りから変化に対して声をかけてくれ、
よりゲーム感覚が面白くなります。


とはいえ一番は、もともとの動機付けです。ヴィジョンです。
健康第一とはいえ、何のために自分づくりをするのか。
敢えて、個々では書きませんが、明確な
3つの目的(家族、会社、自分自身)がありました。

ビジョンや目的には、情熱方程式も、背景にあります。
このままじゃぁヤバイということと、
こうなりたい、こうありたいっていうのですけれど。


さて、まとめてみます。


1.目的、ビジョンを明確認。

2.宣言し、見られる状況におく。

3.小さな結果をすぐ出す

4.定点観測をしマネジメントする

5.廻りが、変化に気づき、追い込みが勝手に
  ストイックになっていく好循環へ


みたいなことでしょうか。
お役に立てましたか?

リバウンド?

維持しようって思うからそうなるのでしょう。
それって次の目的ビジョンがないからでしょう。

売上も維持しようとなったら、ダメで、
変化と成長をしようとしていくことが肝要です。

ですので、
当初の目的を変えて、
そろそろ次のビジョン目的をつくっていき、
ビジョン→戦略→戦術→戦闘を再構築しないと。

いま、体が軽いです。
(経営の)筋力をしっかりつけたいと思います。


ついでに、損益計算書が女性に例えられる
って話もあるんですが、その話はまた別に。
編集 / 2017.05.28 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【まちだメロン(ふるさと納税)地域の産品って? 】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【まちだメロン(ふるさと納税)地域の産品って? 】

ふるさと納税。

https://furunavi.jp/
このふるさと納税、返礼品のページをみれば、
どこの百貨店の通販サイトかと思うほど。

それが、
自治体の負担になっていると賛否両論あるなかで、
今年(昨年)初めて、
仕事でお世話になっている自治体と
自分の故郷でもある町田市とに、納税しました。

で、町田市

私のドコモの携帯に
「相模原」と表示されて電話がかかって来たのが先週。

相模原?どこや?と思ったら、


「町田市役所です!」

っという声でして・・・

「ようやく返礼品のメロンが出来ましたで、お届けします!」

ということで、

「まちだシルクメロン」が届きました。

http://www.machida-melon.jp/

はっきりいいまして、まちだは、
メロンの産地でもなんでもありません。

・新しい独自の水耕栽培であるということ。
・新たなデザインを投入したこと
・加工品(スイーツ)展開をしていること
・町田市の物語を丁寧に伝えていること(メロンとはある意味無関係でも)
・サポーターズリンクがある
 http://www.machida-melon.jp/suporters_link/

Facebookでは、
「5月18日に羽鳥慎一さんの取材がありました。
テレビ朝日の朝8時から放映される番組です。
放送予定は5月30日。ぜひご覧ください。」

とのことで、プレスリリースなども上手ですね。

自治体×地域産品のヒントに。

小さな雇用をひとつひとつ、

○○の村、
○○の町、

そんなメッセージがない町田ですら、
メロンと無関係な場所で、
メロンをつくってしまったというなかで、
理念がある地域では、それに基づき、
商工事業者が発奮し、商売し、一点突破していかれたんですね。

ちなみに、美味しかったです!

岩泉町 
台風なんかに負けるか!?
岩泉の森 復興プロジェクト!
広葉樹ちゃぶ台もよろしくお願いします。
https://iwaizumi-forest.jp/
編集 / 2017.05.24 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【東京で、保険セミナーで、かわかみの水。  】
カテゴリ: 地域ビジネス(地域資源、観光、農業)
【東京で、保険セミナーで、かわかみの水。  】


私の友人の会社ですが、
「保険業界を教育セミナーで改革する」
というミッションのもと、
保険ゼミナールというセミナーを開催しています。

そんな記念すべき第一回の
そんなところで、
かわかみの水(紀の川/吉野川 源流水)
を使ってくれまして、そこでこんなFacebook
投稿がされました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
第一講座、
金沢景敏氏による
【自分自身との向き合い方~保険屋になったから分かったこと~】

堂々としたオーラと力強いメッセージが皆さんを惹きつけています。

さて、お話は変わりまして、
本日皆様にご用意させて頂きました
こちらのお水。

超プロ=イタンジを目指す皆様に、少しでも”想いのあるお水を”
ということで、奈良県は川上村からお取り寄せいたしました。

川上村は500年以上昔、室町時代から続く吉野林業の中心地にある
歴史ある場所です。

吉野杉と言えば、世界に誇れる日本を代表する国産材。

連綿と受け継がれる、想いが紡ぐ圧倒的な質。ブランド。
その想いをご参加いただいた皆様に少しでも共有できれば…
と考えております。
ご参加された皆様、登壇者のお二方、
そして保険ゼミナールも末永く輝かしく活躍できるように。
http://www.vill.kawakami.nara.jp/source/#4th
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

とこのように、村のホームページのリンク付きで
紹介していただきました。
ありがとうございます!

本日は、そんな川上村で、
とある数字の見える化をしていました。

最近、思うのですが、
経営を数字でしっかりオペレーションしていくに、
以下の3者が必ず必要で、

1.本当に経理の伝票一枚レベルで数字が分かっている人
2.現場の現場で動いていて感じてわかっている人
3. 経営を俯瞰して何が大事な数字かわかっている人

ひとりでこの3つが分かっていることが
もちろん理想かと思いますが、
この3者「簿記の人」「現場の人」「経営の人」を
お互いに理解し合えること。

そして、私のようなものは、
共通言語でそれを理解できるようなサポートが出来たらと、
私は思うのです。

一滴の水を大事にするよう
一円の利益を大事にしていく。

森ではたらく人がいるからこそ、
かわかみの水も続いていくといえるよう、
私は私のちょっとした役割をきっちりやらねばと、思った一日。

過去にわかる限りの情報で、
あとは将来ビジョンにむけて、どういう一歩を作るか。
3者と話して見えることがたくさんです。
編集 / 2017.05.18 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【地域マネジメント、とかじゃなく、この人の利益をまず。  】
カテゴリ: 理念と利益
【地域マネジメント、とかじゃなく、この人の利益をまず。  】


私はm
新しい地域マネジメント組織の立上げに
多数関わってきましたが、
一番大事なのは

①その「方向性(ビジョン)」の言語化と
②その「各社」の役割の明確化

にあります。
みんなやろうは、誰もやらないというなかで、
今日、あきらかに、ローカルグループ(任意団体)の
2社による連携骨子をまとめました。


地域環境づくり
地域経済づくり、というよりも
あきらかに人的資源が少ない地域においては、
地域人物づくり、が一番に大事となります。


妄想→構想→計画→実働

①妄想・・・冊子に「手書き感ある絵」をかく
②構想・・・フレームに落とし込んでモジュール化(ルール化)
③計画・・・数値目標をSMARTの法則で
④実働・・・動きながら、調整/改善を繰り返す

ということ。
今日は、みんなでやろうという部分と、
1社(2社)でやろうという部分との
合意形成の不要な合意のとりつけというところから、
私も含めたリスクリターン(果実)とは何かの
スタート(キックオフ)でした。

やはり、キーは「ひと」ですね。
この人の利益を、
この人からの利益をというところでしょうか。
最近、岐阜県にあるある木工技術の学校の事業骨子を教えて頂きました、
その卒業生たちは、

1技術を活かして、
2どこかの地域に入り、
3その地域資源を加工し、
4起業するのみでなく、産業として興して、
5人も雇用し、Iターンしてくる

そんな流れができたらいいですよね。

今日もよろしくお願いします!
編集 / 2017.05.15 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【経営はサイエンス!?  】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【経営はサイエンス!?  】

色々なことに動いてみて、
それが有機的につながってることがわかり、
ゆえに計画的に動けるように、見える化ができてくる。
そういうシーンがこの日、3回ほどありました。

元、船井総研の同僚でもあり、
いま温浴施設×地域ビジネスで、大活躍している
経営者のFacebook(全公開)より、学びがありました。

「仕事柄元気がない店舗や会社を復活させることを生業にして
 いるなかでここ数日たくさんの気づきがいっぱい。

多くの場合、外部要因のせいにしがちだが、
実は内部要因が原因の場合がほとんどだと思う。

マーケティングや営業戦略がブレブレだったり、
またハードがよくてもソフトのレベルが追いついていなかったり、
はたまた意思決定システムが機能していなく、
組織のベクトルが一方向をむいていなかったりという具合。

私もまだまだ経験不足だが実際に5つの店舗の立て直しをするなかで
組織がブレークスルーする瞬間というものは、必ず通っている気がする。
経営ってやっぱりサイエンスなんだたなってつくづく感じる日々です。
もっともっと、うちのメンバーに経営やマーケティング
を伝えていきたいって改めて感じます。」
山崎寿樹さん (Facebookから引用)

また別件、
食品スーパーのコンサルをしていた
船井総研の先輩から教わったことで、

「経営で喜ぶのは、
たまたま売上(利益)が上がったからでなく、
計画以上に行ったときに喜ぶ。
悲しむのは、
売上(利益)が下がったからではなく
計画以下になったから悲しむ、
そして改善する。」

「いま地域大会なのか、全国大会なのか
自分のポジションにあわせて、目標を創り、
仮想的と自分の目標と戦う事である。」

それでも、
サイエンスっぽくないところで
大事なところに、

「科学的経営の前に大事なのは、
 素直さ、プラス発想、そして勉強好きかどうか。
 素直に動かなければ何を学んでも意味がない。」


改めて色々と船井総研で学んだものがあります。

本日、エコツアー、林業視察案内、
等に関するアドバイスをしましたが、
2~3年動いたかからこそいえることですが、

1)ビジョンに立ち返ること
2)数字に執着すること
3)ビジョンと数字を結ぶ「マーケティング導線」をつくり
  2~3のプロセスに分解し、ゲーム感覚で毎月、楽しむこと。

をアドバイスしましたが、
いかがでしょうか。

まずは、1~2年、詳細な計画など立てず、
いったん動いたからこそ見える仮説があり、
だからこその計画、そういうフェーズにきていますね。

ローカル(地域)ビジネスってなんだろう。
まだまだ見えるカタチなんてありませんが、
地域の歴史から学び、
暮らしや自治の再編成まで考えて、
また一つ一つ計画と実行を繰り返していきたいと思います。
編集 / 2017.05.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ