NEW ENTRIES
★イベント案内&予定 (随時更新)★
カテゴリ: 未分類

【新着情報】
(全国の林業・木材業産地を飛び回ってます!)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
facebook : http://www.facebook.com/daisuke.furukawa.58
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――――――――――
 講演・セミナー
――――――――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
第42回全国育樹祭1年前プレイベント 古川パネリストとして参加。
2017「国民参加の森林(もり)づくり」シンポジウム
~育樹から 木のある暮らし つないでく~

○ 開催期日 平成29年10月21日(土)13:30~16:30予定
○ 会  場 木材会館(東京都江東区新木場1-18-8)
       ※JR新木場駅 徒歩5分
○ 参加人数 約300名
○ 主  催 国土緑化推進機構、東京都、朝日新聞社、森林文化協会
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ご案内はこちら↓
https://chiikino.jp/blog/?p=8514
 

――――――――――――――――――――――――――――――
2017年 国産材ビジネスセミナー@東京
――――――――――――――――――――――――――――――
開催未定


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2017年 平成28年度 経営実践研究会(国産材ビジネススクール)@大阪 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

随時、会社のWEBページをご覧ください。
http://chiikino.jp/?page_id=187
――――――――――――――――――――――――――――――
【ラジオ】
――――――――――――――――――――――――――――――
全国FMキー局 ラジオアーカイブ (2014・6・28放送)
6月某日、全国FMキー局で放送されたラジオ「On the way journal 」。
約30分の番組ですが、是非お聞き頂ければ幸いです。
↓↓
http://www.jfn.jp/News/view/owj_w/14690

<第2話で古川が話した内容>
「『森ではたらく!』書籍、カホンプロジェクトについて」「原体験、町田の森と奈良県川上村の地域づくりインターン」「吉野林業」「1200年の森、世界遺産・高野山」「全国各地の林業を欧州のワインのように」「日本全国の多種多様な林業」「森林資源の持続可能性」「林業の安全性」「森林ビジネスの多様性と自立性」「映画WOOD JOBについて」「ソトモノの地域の入り方」「若手林業ビジネスサミットや林業女子」「若手へのメッセージ」「地域おこし協力隊」「経営とマーケティング」「都市と農村、理念と利益の両立」「情熱方程式」「足元の自然を大事する、鶴見川源流」「自分の大好きな森を探そう」 等について話しました。

――――――――――――――――――――――――――――――
【コラム】
――――――――――――――――――――――――――――――
 FSC認証「攻め」のマーケティング方法とは!?
 http://www.aiec-net.co.jp/archives/1028
 株式会社アミタ環境認証研究所のWEBページに掲載されました 
――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――
産経新聞 
http://www.sankei.com/west/news/140601/wst1406010066-n1.html
――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
編集 / 2017.10.21 / コメント: 6 / トラックバック: - / PageTop↑
【プライシングと経営の持続的発展。 】
カテゴリ: マーケティング/営業
【プライシングと経営の持続的発展。 】

価格の決め方。
プライシングって難しいですよね。

多くの方が悩んでいますが、この4つ

・競合価格比較法
・原価積増法
・感情価格決定法
・入札(競り/オークション)

です。

上記3つを勘案しながら、
価格体を決まていくというのが一般的で、
マーケット、競合をみながら、自社の利益(強み)をということです。

また、競りあがっていく商材であると分かる場合に、
競りをしていきますが、
競りはゲーム性が楽しく、辞められない人は抜けられないのですが、
安定した収益を目指す場合、売り方、価格を変えねばなりません。

大事なのは、

1)ご自身の商材・商品を誰に買って欲しいのか。
2)その商材(モノ・サービス)をつかうと、
どのようにお客様がハッピーになるのか。
3)さらに、いつまで、ハッピーでいれるか。

その愛や自信、時間軸がない限り、商売をしてはならないのでしょう。

商売というと、
いっきに商い(飽きない)とはよくいったもので、
それは

商品(満足)=価値/価格 + α(サムシング)


を提供しつづけていくことです。
期待値を超える、超え続けるというところになります。

顧客は、飽きますから。

そして経営側になれば、
持続可能な経営をするために、
最適価格とは、最高価格で買ってくれるお客様であると、
京セラ会長の稲盛氏の盛和塾でよくはなされますが、

大事なのは、
1)数(量)より売上
2)売上より粗利
3)粗利より、粗利×回転数
4)粗利×回転数より、粗利×回転数/精算時間(人数) となります。

ってそこのところよりも、

1 長所(強み)を磨き上げる
2 力相応一番主義
3 「売りモノ」と「売りカタ」の両輪とその現実を知る
4 時流に合わせた売り方を
5 夢を語り、目標を数年後に置く


いきなり、高品質なものを高単価でいくというより、 
高品質の定義は、お客様が決めることであり、
そのお客様と作り手の「対話」「感謝」「コミュニティ」を、
ファン層につたえていく、

1)顧客接点の創造
2)カスタマージャーニーの帆走

お客さんが、どう知って、どう興味をもって、
どうで出会って、どう購買につながり、どのようにシェア(情報発信)して、
顧客と作り手が一体化できていくか。

そこに「価値」がプラスになり、
また、価格設計を見直していけばいいと思います。


素直、勉強好き、プラス発想
長所伸展、力相応一番、時流適応

やはり基本です。


今日は、
「市場は1万円だけど、自信がないから、3000円で売りたい」という人と
「市場は1万円だけど、モデル老舗企業が10万円だから、10万円で売りたい」という人と

両方、出会いましたが、、
どのように説明していったかの一部をまとめてみました。
編集 / 2017.09.29 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【チームの為に、個々人の役割と。 】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【チームの為に、個々人の役割と。 】

ある自転車選手からの学びです。

自転車ロードレース競技って個人の戦いかと思っていたら、
エースとアシストというのがいるんですね。

基本、エースは1人だけです。
その人を優勝させるために、
エースの為にアシストは自己犠牲になる。


アシストたちがチーム内にたくさんある程度の高順位で終わろうが関係ない。
そのチームに2位、3位がいても、
1人、エースが優勝するほうがチームとして勝ち(価値)となる。

後ろの方での争いで、
他チームのエースを消耗させる役割をしたり、
エースの自転車が壊れたら、
アシストが自分でリタイアしてでも、自転車を貸すとか。

おもしろいのが、
あるエースより、あるアシストのほうが
年収が高い選手がいるっていうことに驚きました。

知らないから驚いただけですが、
サッカーに例えれば、ゴールゲッターだけじゃないってことですよね。

自転車も、
そこに監督、コーチ、スポンサーといて、
マイナーでありながら、自立プロは少ない。
次を考えている。

その選手は、スマホからパっと、
その競技を説明できるpdfをいくつか所有していて、
いつでも、だれにでも、説明できるようにされている。

それがすごい。

彼は、ネクストステージへの、旅を始めています。
いい学びをありがとうございました。
編集 / 2017.09.22 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【 ある→ない から、ある→もっとある、からの次の幸せ。   】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【 ある→ない から、ある→もっとある、からの次の幸せ。   】


幸せって何っていうこと良く話したりしますが、

http://daisukefurukawa.blog18.fc2.com/blog-entry-1143.html
それは、私の書いたブログを読んでくださいませ。


で、今日は違う視点です。

ようするに、

ない→ある が幸せを感じる時で、
ある→もっとある となったら、その先はあまり幸せを感じない。

人間ってよくできているもので、
常に、進化と真価を求めるDNAがあるんでしょう。

で、
ある→もっとある、 つまらぬ人生

たとえば、
都会が好き→都会にないもの→田舎がいい!
もっと色々な田舎がいい!の先にある、幸せってなんだろう。

そういう経験をすると、
30代とか40代になると、
大好きな人が亡くなったり、
大好きなことができなかったり、
何かを急に失ったりすることがあります。

ひとはどう次を目指していくんだろう。

ソルティードックってどんな犬?
スクリュードライバーってどんなドライバーっていってた時が懐かしく、
ほとんどすべてのお酒を飲んでしまったら次は何があるの?
あれこれと手を出して、
そして、ふと、体を壊した人がいて、何も飲めなくなって・・・。

たとえば、
あなたは、
そのピザのワンピース自体がなくなったことが悲しいのですか?
それとも、
そのピザのワンピースがなくなったという事が悲しいのですか?

多くのこひとは、前者でなく、後者です。
そう教わったことを思い出し、夜中、少し考察してみたんです


Aが好きなのか、嫌いなのか
Aを手放すべきなのか?こだわるべきなのか?

さぁ、どうする。

2つの事を考えてみます。

1つは、
Aを分解した、a、b、c、dのうち、bだけが好きなのか考える。

2つは、
はたまた、
Aという事象がもつ抽象事象Xが好きなのか、
であれば、B、C、Dでもよいのではないか。
(ピザの例ですね)

わかりますか?

よって、
どちらで考えても、
A自体に執着する必要がないということです。

(あくまでも20代とは違います。
 20代は何かに執着し、突破すればいい。)


1つ目の考えは、
Aの一部(経営であれば、商品力、販促力、財務力、組織力などに分解)
Aの一部(恋愛であれば、性格、容姿、知識、将来などに分解)
とすると、一部だけ享受できればと、割り切れる。

2つ目の考えは、
逆に
Aというものは、
ある抽象的な事象に一度昇華して、
それを持っている具体的なBとCで代替されれば、
交換可能で、満たされるということ。

たとえば、それが、
Aにとっては、ある店舗開拓だけにこだわったが、だいじなのは新規開拓という事象Xだと。
Aにとっては、その人に固執するのでなく、その人が持っている性格を抽象化すれば、
       対象は、「人」ではなく「時間」にあったりする。


抽象化(包括化)と具体化(分解化)

今どの立ち位置でみているんでしょうか。

すべてを包括して、余裕のある人生をおくるには、
多少の経験と達観が必要でありながら、
時には分解していくことで、楽になることもありそうです。

鳥の目、虫の目。


そによって、その「事実(事象、会社、人物)」に執着せず、
プラス発想で、手放しができ、人生においても、経営においても、
ゆるがない自分づくりができるという話です。

それでもAが好き、
といえれば、それもまた人生。
「林業」だけにこだわってみてもまた人生。
「○○村」だけにこだわってみてもまた人生。

そこまでいえるかどうか、
また、もう少しいつかまとめてみたいですが、

人生の時間の選択と
経営の仕事の選択とを考えて、

以下の友人のブログからの学びも含めて、
ギョーカイの洗濯たるや、いかにかと、ご指導ご鞭撻、よろしくお願いします。
編集 / 2017.09.11 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【豊田市 地域産材の誇りとは?】
カテゴリ: 森林・林業・製材・材木・住宅
【豊田市 】


地域材利用のセミナー、
なんども同じテーマで話をさせて頂いてますが、
この日は、愛知県産材認証と、豊田市産材とがあって、
そもそも「国産材でええやん」っていう人達が多い中で、

敢えて聞いてみました。



「愛知県民という誇りがあるひと?」
「豊田市民という誇りがあるひと?」
「日本国民という誇りがあるひと?」


挙手、愛知県民であるホコリって一番少なかったです。
一番多かったのは、日本国民でした。。

同じように、
岩手県、岩泉町、日本
奈良県、川上村、日本
和歌山県、高野町、日本

とどうなるでしょうね、

特に、都道府県っていうのは、
高校受験区とか、甲子園くらいしか意識してなくて、
ケンミンショーくらいでしか、その差を感じない。
同じ県内でも文化が違うところが多く、
松江と津和野なんて、島根県でも全然違いますが、

何が言いたいのかと言いますと、
ブランドとは何かということです。

すなわち、
地域材というのならば、
地域産品というのならば、
その地域に愛着や誇りがあって、
作り手は生み出していかなければならないし、
買い手はその愛着に共感していかねばならない。

帰属している自治体に愛と誇りがあるか。

確かに独自の政策があるものですが、
農林水産物って、都道府県や市町村がつくる物ではなく、
その地域、集落、いやあのひと、あの会社、あのメーカー・・・。

昨日、愛知県職員、岐阜県職員さんが、
口揃えていっていたのは、

「商品開発、営業支援、かつてはこれは仕事じゃなかった」
「自分たちがどこまで民間に近い仕事をしたらいいかわからない」
「いままでは、山側だけだったが、どんどん支援対象が川下になり、
 いまは、家具づくりですら行政が何をできるか考えている」

とおしゃっていました。

全国で5万人いる林業従事者。
都道府県の林務職って愛知県だけで200人もいるようで、
全国で5000人くらいいるでしょうかね。

10人の林業マンに一人の県の職員って
やっぱり異常かもしれません。

で、豊田市で何が始まっていくかということころですが、
今回は極めてビジネスライクなワークショップで、
ちょっとしたエコグループからは、アンケートで厳しい意見がありました。

それでいいんです、
代表が、ビジョンを話し、
リアルビジネスにつながっていく場ができていく。

豊田市の西垣林業の製材工場は、
来年7月くらいから稼働です。

最後に逸話。

ある山林所有者の声、


「自分は、以前、
ずっとコンクリート業界にずっといて、
そのあとに、林業界に入ってきましたが、
コンクリートは誰にも愛されていない。
いい素材、いい研究、いいコスト、
おそらくコンクリートの代替品がでてきたら、
コンクリ―トには、戻らないでしょう。
林業や木材の場合は、代替品の脅威がたくさんでても、
ずっと誰かに愛されているし、誇りがある気がします。」


昨日の出会い、凄く印象的なことばでした。

編集 / 2017.09.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【リスニングとヒアリング。  】
カテゴリ: マーケティング/営業
【リスニングとヒアリング。  】

リスニングとヒアリング。
英会話の授業でよくつかいますが、
違いはご存知ですか。

listen:自ら意志を持って、「聴く」
hear:本人の意思とは無関係に、「聞こえる」

で、
ビジネスで、顧客ヒアリングとかいいます。

で、これって本当は、和製英語で、
hearing は通じない英語です。

正しくは、自ら意思を持って聴くから、
顧客ヒアリングって(Listening )で、

Listening to the customer
is a required skill for a position in sales.

なんです。

ただ、顧客ヒアリングっていい言葉だな。

正しいかも。

お客様の本心が、自然に聞こえてくるというか、
そういう自然の、森林のなかで、聞こえてくるというか、
そういうのがヒアリングであるとすれば、

・自然の声
・ひきだすサポート

ってすごく大事だなぁ。

確かにお酒の場だと色々な声が聞こえてきます。
そういう場も大切ですが、
そうじゃない場で、森の中で歩きながら、
自然の声、山主の声、施業者の声、きこえてくる。

それを聞き取ることができなければ、
僕の仕事はダメなんだな~。


「こたえは きっと、森にある。」

https://chiikino.jp/

弊社のWEBページ、左上にも、
コーポレートメッセージとして、これをつけました。

あ、そこに立ち返らなければならない、
そう学ばさせていただく一日でした。


編集 / 2017.09.08 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【地域おこし協力隊 3つの軸   】
カテゴリ: 行政(自治体/地域/開発)
【地域おこし協力隊 3つの軸   】

地域おこし協力隊に3つの軸があります。


A)ビジネス経験軸
1ある程度、ビジネス経験をして、協力隊になったもの。
2技術(農林漁業工芸)をして、協力隊になったもの。
3学生をしてすぐに、協力隊になったもの。

B)地域軸
1Iターン者
2Uターン者
3孫ターン者

といるわけですが、

それぞれにどういう特徴があるかが、大事です。
そして、どういう3年をすごして、どういうゴールを目指すか。

C)卒業軸
1独立起業
2民間就職
3公務員、準公務員

このくらいでしょうか。
これを行政側しっかりマネジメントしているか。
上から目線でなく、あくまでずっと食いっぱぐれない行政職員が、
リスクを背負っている彼らをどうサポートするか。

正直、学生をしてすぐに協力隊になったものは、
川上村でもそうですが、2名、卒業後は、社会人になりました。

地域に溶け込む信頼は大事ですが、
ビジネスとして得られる信用とはまた別で、
両方どうつくるかが、その村自体にないのであれば、

1.募集
2.3年間のプロセス
3.卒業後ゴール

一貫して責任を持って誰かが見ていかねばと思う次第で、
曖昧なまま過ごすことこそ、大切な人生をかけて来た人達に、
不幸な時間をつくりかねない。

地域の自然、地域の人達が大事、
持続可能な資源利用が大事

もう充分ですから、
しっかりビジネスしましょう。
それを支援しましょう。
編集 / 2017.09.04 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
【人生の棚卸、今月も棚卸?   】
カテゴリ: マネジメント/自己成長
【人生の棚卸、今月も棚卸?   】

40代になると、人生を棚卸しましょう。

とかいいますが、

私は、いま、社会人になってから約10年ちょっとの、
この10年の棚卸をしています。文書化しています。

さて、棚卸というのは何のためにするか。

「棚卸し」は、誰もが聞いたことがあるかと思いますが、
具体的に何を行うのかというと、一言で言えば、
「在庫管理」ですよね。

商品の在庫を数えて、
売上に対応する商品原価を把握するのが、棚卸しです。

在庫の状況によって利益が変わるということが、どれだけ大事か。
それを月次でみていくことで、
目指したいビジョンにむけた計画的な経営ができるわけです。

ということで、
では、人生の棚卸?
仕事の棚卸?とは、なんでしょう。

色々な仕事をしてきたはずです。

仕事在庫=知識+技術+人脈+顧客+社員・・・・

人生在庫=家族+友人+地元愛・・・・


として考えて、


1)現在の「在庫」がどのくらいあるのか拾い上げる

2)そもそもその「在庫」に価値があるか、ないか。
 A現在も、将来も価値無いものは破棄し、
 B将来に価値のある「在庫」は、少し加工し発展させ、
 C将来にいつか価値あるものは、ただ残しておく。

3)それらを、見える化しておく。
  
 
激しい時代変化のなかで、
自分が生き残るためには、
過去を振り返り、現在価値を見て、将来どこに選択と集中をすべきか
のための人生の棚卸でもあります。

限られた時間しかないですが、
この棚卸、在庫管理のクセづけ、定点観測。

貸借対照表は何のためにあるか。
そう、それは将来の飯の糧ですので、
それを活かして何を使用かと考えることでもあります。
然るに在庫も置いておくだけでは何も生まないですよね。
それが収支計算をベースにおく損益計算書との違いです。

で、まずは自分からですね。
書き出していくと、得意分野、不得意分やがよくわかってきました。

いまやること、近い将来やること、遠い将来やること
いま会うべくひと、近い将来会うべくひと、遠い将来会う人

さて9月が始まります。

毎月の月次プラン表などもそういう意味ですね。
では、今月もよろしくお願いします。
編集 / 2017.09.01 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑
twitter 古川大輔
プロフィール

古川大輔

Author:古川大輔
地域ブランド創造を切り口に、地域再生、森林再生に携わる古川大輔が現場感あふれる日々をブログにアップ。コンサルタント視点のコラムもあり、地域経営、会社経営、人生経営のヒントにもご覧ください。 ~地域・地方にこそ美しい日本の宝あり~

⇒【連絡先】
株式会社 古川ちいきの総合研究所 
E-mail:furukawa@chiikino.jp

ご感想ご意見などは、ブログ内の返信ではなく、
こちらEメールにてよろしくお願い申し上げます。

ブログ内検索
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ